アーキテクチャの概要

MRTK の内容を全体的に紹介する記事として、このドキュメントに記載されているアーキテクチャ情報は、次のことを理解するのに役立ちます。

  • MRTK を構成する大きな要素とそれらの接続方法
  • バニラ Unity には存在しない可能性がある、MRTK で導入された概念
  • 大規模なシステム (入力など) のしくみ

このセクションは、タスクの実行方法を教えることではなく、そうしたタスクがどのように構成されているか、そしてその理由を説明することが目的です。

多数の対象ユーザー、1 つのツールキット

MRTK には 1 人の均質な対象ユーザーがいるわけではありません。 初めてのハッカソンから、企業向けに複雑な共有エクスペリエンスを構築する個人まで、さまざまなユース ケースをサポートするために作成されています。 いずれかに最適化されたコードや API もあるかもしれませんが (つまり、"ワン クリック構成" に最適化されているように見える MRTK もあります)、歴史的な理由や資源的な理由による場合もあることに注意する必要があります。 MRTK の進化に伴い、構築される機能はユース ケースの範囲に対応してスケーリングできるように設計する必要があります。

また、MRTK には、VR や AR のエクスペリエンスを適切にスケーリングするための要件もあります。 HoloLens 2 または HoloLens 1 に展開したときに動作が適切にフォールバックするアプリケーションは、簡単に構築できる必要があります。また、OpenVR と WMR (およびその他のプラットフォーム) を対象としたアプリケーションを簡単に構築できる必要があります。 チームは、特定のシステムやプラットフォームに特定のイテレーションを集中させることもありますが、長期的な目標は、Mixed Reality エクスペリエンスを構築する場所を問わず、幅広く対応することです。

内訳の概要

MRTK は、Mixed Reality (MR) エクスペリエンスをすぐに始めるためのツール コレクションであり、独自のランタイム、拡張方法、構成方法に関する意見があるアプリケーション フレームワークでもあります。

大まかに説明すると、MRTK は以下のように分けることができます。

Architecture Overview Diagram

MRTK には、MRTK の他の部分にほとんど依存しない寄せ集めのユーティリティ セットも含まれています (たとえば、ビルド ツール、ソルバー、オーディオ インフルエンサー、スムージング ユーティリティ、ライン レンダラーなどです)

アーキテクチャ ドキュメントの残りの部分では、フレームワークとランタイムから始まり、入力などのより興味深く複雑なシステムへと、ボトム アップ式に説明します。 アーキテクチャの概要については、目次を参照してください。