Unity パッケージ マネージャーの使用

バージョン2.5.0 以降では、 mixed reality 機能ツールを使用して、Microsoft mixed reality Toolkit unity パッケージマネージャー (UPM) と統合されており、unity 2019.4 以降を使用しています。

Mixed Reality Feature Tool の使用

Mixed Reality 機能ツールへようこそ 」で説明されているように、 このリンクを使用してツールをダウンロードできます。

重要

プロジェクトのマニフェストにセクションにエントリがある場合は、 Microsoft Mixed Reality scopedRegistries 削除することをお勧めします。

構成済みのスコープを持つレジストリを削除するには、をにしてください Edit > Project Settings > Package Manager

スコープを持つレジストリの削除

MRTK パッケージは、 Mixed Reality Toolkit 機能を検出するときに見出しの下に表示されます。

機能の検出

機能を選択する際には、必要な依存関係を考慮する必要はありません。ツールによって自動的にダウンロードされ、プロジェクトに統合されます。

必要な依存関係

Unity パッケージマネージャーを使用した Mixed Reality 機能の管理

パッケージマニフェストに Mixed Reality Toolkit パッケージが追加されると、Unity パッケージマネージャーユーザーインターフェイスを使用してパッケージを管理できます。

MRTK Foundation UPM パッケージ

注意

Mixed Reality Toolkit パッケージが Unity パッケージマネージャーを使用して削除された場合は、前に説明した手順を使用して、そのパッケージを再追加する必要があります。

Mixed Reality Toolkit 例の使用

アセットパッケージ (unitypackage) ファイルを使用する場合とは異なり、 com.microsoft.mixedreality.toolkit.examples com.microsoft.mixedreality.toolkit.handphysicsservice 例のシーンとアセットを自動的にインポートしません。

1つ以上の例を利用するには、次の手順を実行します。

  1. Unity エディターで、に移動します。 Window > Package Manager
  2. パッケージの一覧で、を選択します。 Mixed Reality Toolkit Examples
  3. 一覧で目的のサンプルを見つけます。 Samples
  4. [Import into Project] をクリックします。

サンプルのインポート

サンプルパッケージが更新されると、Unity にはインポートされたサンプルを更新するオプションが用意されています。

注意

インポートしたサンプルを更新すると、そのサンプルと関連付けられている資産に加えられたすべての変更が上書きされます。

参照