エクスペリエンス設定

アプリの UI を作成する際の課題の 1 つはMixed Realityエクスペリエンス全体に合わせて調整する方法です。 MRTK を使用すると、シーンの と を設定できます。ターゲット スケールに対して適切に動作するには、次 Target Experience Scale Content Offset のように構成します。

  • Mixed Reality シーン コンテンツ

  • 境界システム

    MRTK 設定プロファイルでのエクスペリエンスの確認

ターゲット エクスペリエンススケール

[ ターゲット エクスペリエンス スケール] では、エクスペリエンスを設計する環境を指定します。 次の値を受け取ることができます。

  • OrientationOnly - ヘッドセットの向きのみを利用し、重力を調整するエクスペリエンス。 座標系の原点は、ヘッド レベルです。
  • Seated - シート付き使用用に設計されたエクスペリエンス。 座標系の原点は、フロア レベルです。
  • "立 っている" - 固定的な立ち上がり用に設計されたエクスペリエンス。 座標系の原点は、フロア レベルです。
  • Room - 部屋全体の移動をサポートするように設計されたエクスペリエンス。 座標系の原点は、フロア レベルです。
  • ワールド - 物理的な世界を利用して移動するように設計されたエクスペリエンス。 座標系の原点は、ヘッド レベルです。

コンテンツ オフセット

このパラメーターは、[配置の種類] が [エクスペリエンス スケールに合わせてMixed Realityシーン コンテンツをオフセットする床の上の高 さを指定します。