ドッキング

ドッキング

このコントロールは、パレット、棚、およびナビゲーションバーを作成するために、事前に定義された位置からオブジェクトを移動できるようにします。

機能

  • 任意の数のドッキング位置とレイアウトをサポートしています (でも最適です GridObjectCollection )
  • ドッキングされたオブジェクトは、新しいオブジェクトのためのスペースを確保するために自動的に移動します。
  • オブジェクトは、ドッキングされた領域に合わせて拡大縮小された後、ドラッグアウト時に元の位置にサイズ変更されます。

Dock の概要

  • Dock コンポーネントで作成オブジェクトを作成し、いくつかの子オブジェクトを追加します。
  • Dockposition.bottom コンポーネントを各子に追加します。
  • ドッキング可能なコンポーネントをシーン内の任意の数のオブジェクトに追加して、ドッキングできるようにします。 ObjectManipulatorコンポーネントと Collider も必要です。
  • 省略可能: Dock に対してを使用し GridObjectCollection て、DockPositions を自動的にレイアウトします。

前提条件

  • ドッキング可能なすべてのオブジェクトには、またはを持つ collider が必要 ObjectManipulator ManipulationHandler です。
  • シーンの読み込み時にオブジェクトがドッキングされるようにするには、Dockposition.bottom のドッキングされたオブジェクトプロパティに割り当てます。

しくみ

ドッキング可能なコンポーネントは操作イベントに基づいて構築され、ドラッグしたオブジェクトを特定の位置にドッキングおよびドッキング解除できます。 配置は、ドラッグされたオブジェクトに対して最も近い、トリガーされた Dockposition.bottom によって決まります。そのため、両方のオブジェクトは、トリガーをアクティブ化するために Colliders を持っている必要があります。