音声

Near Menu

Windows Speech Input のような音声入力プロバイダーは、コントローラーを作成しませんが、代わりにキーワードを定義できるようにします。このキーワードが認識されたときに、音声入力イベントが発生します。 "入力システム プロファイル" の音声コマンド プロファイルでは、認識するキーワードを構成します。 各コマンドについて、次のこともできます。

  • マップ対象の入力アクションを選択します。 このようにすると、たとえばキーワード Select を使用して、マウスの左クリックと同じ効果が得られます。そのためには、両方を同じアクションにマッピングします。
  • キー コードを指定します。このキーが押されたときに、同じ音声イベントが生成されます。
  • ローカライズ キーを追加します。ローカライズされたキーワードをアプリ リソースから取得するために、このキーが UWP アプリで使用されます。
Speech Commands profile

音声入力の処理

UnityEvents を使用して音声コマンドを処理するために、Speech Input Handler スクリプトを GameObject に追加できます。 音声コマンド プロファイルに定義されているキーワードの一覧が、自動的に表示されます。

Speech Input handler

認識時にアニメーション化された確認ツールヒント ラベルを表示するには、オプションの SpeechConfirmationTooltip.prefab を割り当てます。

Sppech input handler 2

また、開発者はカスタム スクリプト コンポーネントで IMixedRealitySpeechHandler インターフェイスを実装して、音声入力イベントを処理することもできます。

シーンの例

MRTK/Examples/Demos/Input/Scenes/SpeechSpeechInputExample シーンは、音声の使用方法を示しています。 独自のスクリプトで IMixedRealitySpeechHandler を実装して、音声コマンド イベントを直接聞くこともできます (イベント ハンドラーの表を参照してください)。

Speech Example scene