音声

メニューの近く

Windows Speech Input などの音声入力プロバイダーでは、コントローラーを作成するのではなく、認識時に音声入力イベントを発生するキーワードを定義できます。 入力 システム プロファイルの 音声コマンド プロファイルは 、認識するようにキーワードを構成する場所です。 コマンドごとに、次の処理を実行することもできます。

  • マップする 入力アクション を選択します。 この方法では、たとえば、キーワード Select を使用して、両方を同じアクションにマッピングすることで、マウスの左クリックと同じ効果を得られます。
  • キーを押 すと同 じ音声イベントを生成するキー コードを指定します。
  • アプリ リソース からローカライズ されたキーワードを取得するために UWP アプリで使用されるローカライズ キーを追加します。
Speech Commands profile

音声入力の処理

スクリプト Speech Input Handler を GameObject に追加して 、UnityEventsを使用して音声コマンドを処理できます。 Speech Commands Profile から定義されたキーワードの一覧が自動的 に表示されます

Speech Input handler

省略可能な SpeechConfirmationTooltip.prefab を 割り当て、認識時にアニメーション化された確認ツールヒント ラベルを表示します。

Sppech input handler 2

または、開発者は、カスタム スクリプト コンポーネントに インターフェイスを実装して、音声 IMixedRealitySpeechHandler 入力 イベント を処理することもできます

シーンの例

SpeechInputExample シーンは MRTK/Examples/Demos/Input/Scenes/Speech 、音声の使い方を示しています。 を実装することで、独自のスクリプトで音声コマンド イベントを直接リッスンすることもできます (イベント ハンドラー IMixedRealitySpeechHandler の表 を参照してください)。

Speech Example scene