依存関係ウィンドウ

Unity では、多くの場合、使用されているアセットと、それらを参照しているものに関する情報を収集することは困難です。 [Find References in Scene](シーン内の参照を検索) オプションは、現在のシーンのみに関心がある場合には非常に便利ですが、Unity プロジェクト全体についてはどうでしょうか。 ここで、依存関係ウィンドウ (Assets/MRTK/Tools/DependencyWindow) が役立ちます。

依存関係ウィンドウには、資産がどのように相互に参照および依存しているかが表示されます。 依存関係は、プロジェクト YAML ファイル内の guid を解析することによって計算されます (スクリプト間の依存関係は考慮されないことに注意してください)。

使用

ウィンドウを開くには、[Mixed Reality]>[ツールキット]>[ユーティリティ]>[Dependency Window](依存関係ウィンドウ) を選択します。これにより、ウィンドウが開き、プロジェクトの依存関係グラフの作成が自動的に開始されます。 依存関係グラフが作成されたら、[プロジェクト] タブで資産を選択して、その依存関係を調べることができます。

Dependency window

ウィンドウには、現在選択されている資産が依存している資産の一覧と、それに依存している資産の階層リストが表示されます。 現在選択されている資産に依存するものがない場合は、プロジェクトからその資産を削除することを検討できます (一部の資産は、Shader.Find() などの API を介してプログラムで読み込まれ、依存関係トラッカーによって捕捉されない場合があることに注意してください)。

このウィンドウには、他の資産で参照されておらず、削除の対象として検討できる可能性があるすべての資産の一覧のみを表示することもできます。

Dependency window showing unreferenced assets

Note

依存関係ウィンドウの使用中に資産が変更、追加、または削除された場合は、依存関係グラフを更新して "最新の" 結果を取得することをお勧めします。