メニューの近く

メニューの近く

Near Menu は、ボタンまたはその他の UI コンポーネントのコレクションを提供する UX コントロールです。 ユーザーの本文の周囲にフローティングし、いつでも簡単にアクセスできます。 ユーザーは疎結合されているため、ターゲットコンテンツとのユーザー操作には影響しません。 ユーザーは、[Pin] ボタンを使用して、メニューのロック/ロック解除を行うことができます。 メニューをつかんで、特定の位置に配置することができます。

相互作用動作

  • [タグ付け]: メニューが表示され、近くの相互作用のためにユーザーから 30 ~ 60 cm の範囲内に維持されます。
  • Pin: [pin] ボタンを使用して、メニューを世界中にロックしてリリースすることができます。
  • グラブと移動: メニューは常に grabbable で、移動が可能です。 以前の状態にかかわらず、メニューは、グラブおよびリリース時にピン留め (ワールドロック) されます。 Grabbable 領域の視覚的な手掛かりがあります。 これらは、近接して公開されます。
Near Menu grab

Prefabs

Near Menu prefabs は、MRTK のさまざまなコンポーネントを使用して、ほぼ相互作用のためのメニューを構築する方法を示すことを目的としています。

  • NearMenu2x4
  • NearMenu3x1
  • NearMenu3x2
  • NearMenu3x3
  • NearMenu4x1
  • NearMenu4x2

シーンの例

近くのメニュー prefabs の例については、シーンをご覧 NearMenuExamples ください。

Near Menu Example

構造

Near Menu prefabs は、次の MRTK コンポーネントで作成されます。

Near メニューの事前 Fab

カスタマイズする方法

1. [追加/削除] ボタン

[ ButtonCollection オブジェクト]、[ボタンの追加と削除] の下にあります。
Near Menu Custome 0

2. Grid オブジェクトコレクションを更新します。

Update Collectionオブジェクトのインスペクターで [] ボタンをクリックし ButtonCollection ます。 これにより、グリッドレイアウトが更新されます。
Near Menu Custome 1

行の数は、 Rows Grid オブジェクトコレクションのプロパティを使用して構成できます。
Near Menu Custome 2

3. バックプレートのサイズを調整する

オブジェクトののサイズを調整し Quad Backplate ます。 バックプレートの幅と高さはにする必要があり 0.032 * [Number of the buttons + 1] ます。 たとえば、3つの x 2 ボタンがある場合、backplate の幅はで、 0.032 * 4 高さは 0.032 * 3 です。 この式は、Unity のフィールドに直接入れることができます。
Near Menu Custome 3

  • HoloLens 2 ボタンの既定のサイズは 3.2 x 3.2 cm (0.032 m) です。

こちらもご覧ください