ヒント

ツールヒントのメイン

ツールヒントは通常、オブジェクトの詳細な検査時にヒントや追加情報を伝えるために使用されます。 ツールヒントを使用すると、物理環境内のオブジェクトに注釈を付けることができます。

ツールヒントの使用方法

ツールヒントは、階層に直接追加し、オブジェクトを対象にすることができます。

この方法を使用するには、単に game オブジェクトを追加し、ツールヒント prefabs (Assets/MRTK/SDK/Features/UX/Prefabs/tooltip) の1つをシーン階層に追加します。 Prefab の [インスペクター] パネルで、スクリプトを展開し ToolTip ます。 ヒントの状態を選択し、ツールヒントを構成します。 ツールヒントのテキストをテキストフィールドに入力します。 スクリプトを展開 ToolTipConnector し、ツールヒントを持つオブジェクトを階層から、[ ターゲット] というラベルの付いたフィールドにドラッグします。 これにより、ツールヒントがオブジェクトにアタッチされます。 ツールヒントコネクタ

この使用法では、ツールヒントコンポーネントの tooltip state プロパティを変更することによって、常に表示されている、またはスクリプトで表示/非表示になっているツールヒントを前提としています。

ツールヒントを動的に生成する

ツールヒントは、実行時にオブジェクトに動的に追加することも、タップまたはフォーカス時に表示または非表示にするように事前設定することもできます。 単純に、 ToolTipSpawner 任意のゲームオブジェクトにスクリプトを追加します。 表示と非表示の遅延は、設定した期間の後にツールヒントが表示されないように、スクリプトインスペクターや有効期間内に設定できます。 ツールヒントには、spawner スクリプトの背景ビジュアルなどのスタイルプロパティもあります。 既定では、ツールヒントは spawner スクリプトを使用してオブジェクトに固定されます。 これは、設定オブジェクトをアンカーフィールドに割り当てることによって変更できます。

シーンの例

例のシーン (Assets/MRTK/example/デモ/UX/ツールヒント/シーン) では、さまざまなツールヒントの例を見つけることができます。

ツールヒントの例