診断システムの概要 - MRTK2

Mixed Realityツールキット診断システムは、アプリケーションの問題の分析を可能にするために、アプリケーション内で実行される診断ツールを提供します。

診断システムの最初のリリースには、アプリケーションを使用しながら性能問題を分析することを可能にするためのVisual Profilerが含まれます。

作業の開始

重要

診断システムは、製品開発サイクル全体を通して有効にされ、最終バージョンをビルドしてリリースする前の最後の変更として無効にされることを強くお勧めします。

診断システムの使用を開始するには、2つの主要なステップがあります。

  1. 診断システムの有効化
  2. 診断オプションの構成

診断を有効化する

診断システムは、MixedRealityToolkitオブジェクト(または別のサービスレジストラーコンポーネント)によって管理されます。

次の手順では、MixedRealityToolkitオブジェクトの使用を前提とします。 他のサービス レジストラーに必要なステップは異なる場合があります。

  1. シーン階層の MixedRealityToolkit オブジェクトを選択します。

    MRTK Configured Scene Hierarchy

  2. インスペクターパネルを診断システムセクションにナビゲートし、有効化をチェックします。

  3. 診断システムの実装を選択します。

    Select the Diagnostics System Implementation

Note

既定のプロフィールのユーザーDefaultMixedRealityToolkitConfigurationProfile(Assets/MRTK/SDK/Profiles)は、MixedRealityDiagnosticsSystemオブジェクトを使用するように診断システムを予め構成されます。

診断オプションの構成

診断システムは、構成プロフィールを使用して、表示されるコンポーネントを指定し、その設定を構成します。 利用可能なコンポーネントの設定に関する詳細については、診断システムの構成を参照してください。

重要

ビルドと配置のステップを必要とせずに、ユニティの再生モードを使用しながらアプリケーションを開発することもできますが、ターゲットハードウェアとプラットフォームで実行されているコンパイル済みのアプリケーションを使用して診断システムによる結果を評価することが重要です。

Visual Profilerなどの性能診断は、エディター内から実行するとき、実際のアプリケーション性能を正確に反映しない場合があります。

関連項目