シーンの種類 — MRTK2

シーンは 3 つの種類に分かれており、種類ごとに異なる関数があります。

Scene system in the hierarchy

コンテンツのシーン

これらは、ユーザーが扱い慣れているシーンです。 ここには任意の種類のコンテンツを格納でき、また任意の組み合わせで読み込んだり、アンロードしたりできます。

コンテンツのシーンは、既定で有効になっています。 プロファイルの Content Scenes 配列に含まれているシーンはすべて、サービスで読み込んだり、アンロードしたりできます。


マネージャーのシーン

必要な MixedRealityToolkit インスタンスを含む 1 つのシーン。 このシーンは、起動時に最初に読み込まれ、アプリの有効期間中は読み込まれたままになります。 また、マネージャーのシーンでは、破棄できない他のオブジェクトをホストすることもできます。 これは、DontDestroyOnLoad の代わりに推奨されます。

この機能を有効にするには、プロファイルで Use Manager Scene をオンにし、シーン オブジェクトを Manager Scene フィールドにドラッグします。


照明シーン

照明情報と照明オブジェクトを格納する一連のシーン。 一度に 1 つだけ読み込むことができ、スムーズな照明の切り替えのために、それらの設定を読み込み中にブレンドできます。

Unity の照明設定 (環境光、スカイボックスなど) は、個々のシーンに関連付けられており、オーバーライド動作が単純ではないため、付加的な読み込みを使用しているときは管理が難しくなる場合があります。 実際に、これにより、実行時に取得されない照明条件でアセットが作成されると混乱が発生する場合があります。

Scene system lighting settings

シーン システムでは、照明シーンを使用して、どのようなシーンが読み込まれているか、またはアクティブであるかには関係なく、これらの設定の整合性が編集モードと再生モードの両方で保たれていることを確認します。

この機能を有効にするには、プロファイルで Use Lighting Scene をオンにし、Lighting Scenes 配列にデータを入力します。

キャッシュされた照明設定

プロファイルには、照明シーンに保持されている照明設定のキャッシュされたコピーが格納されます。 これらの設定が照明シーンで変更された場合は、照明が再生モードで期待どおりに表示されるようにキャッシュを更新する必要があります。 プロファイルで、キャッシュされた設定が古くなっていることが疑われるときは、警告が表示されます。 Update Cached Lighting Settings をクリックすると、各照明シーンが読み込まれ、それらの設定が抽出されてから、プロファイルに格納されます。

Scene system cached lighting settings

エディターの動作

照明シーンを使用する 1 つの利点は、編集中にコンテンツが正しく点灯されていることを認識できることです。 この目的のために、シーン サービスでは、照明シーンが常に読み込まれている状態を維持し、そのシーンの照明設定を現在のアクティブなシーンにコピーします。*

シーン システムのサービス インスペクターを開くことによって、どの照明シーンが読み込まれるかを変更できます。編集モードでは、照明シーン間を瞬時に切り替えることができます。 再生モードでは、切り替えをプレビューできます。

Scene system inspector

*注: 通常は、アクティブなシーンによってエディターでの照明設定が決定されます。ただし、アクティブなシーンは、新しく作成されたオブジェクトが既定で配置される場所でもあり、照明シーンは照明コンポーネントを含めることしか許可されないため、この機能を使用して照明設定を適用することは選択しません。代わりに、現在の照明シーンの設定がアクティブなシーンの設定に自動的にコピーされます。これにより、コンテンツ シーンの照明設定が上書きされることに注意してください。