拡張機能サービス作成ウィザード - MRTK2

シングルトンからサービスへの切り替えは、困難な場合があります。 このウィザードでは、開発者が新しい MonoBehaviour スクリプトを作成するのと同じ簡単な方法で新しいサービスを作成できるようにすることで、他のドキュメントとサンプル コードを補完できます。 サービスをゼロから作成する方法については、登録済みサービスのビルドに関するガイド (近日公開予定) を参照してください。

ウィザードの起動

メイン メニューからウィザードを起動します: MixedRealityToolkit/Utilities/Create Extension Service - このウィザードでは、サービス スクリプト、インターフェイス、プロファイル クラスを生成するプロセスを実行します。

サービス スクリプトの編集

既定では、新しいスクリプト アセットが MixedRealityToolkit.Generated/Extensions フォルダーに生成されます。 ウィザードが完了したら、ここに移動し、新しいサービス スクリプトを開きます。

生成されたサービス スクリプトには、新しい MonoBehaviour スクリプトに似たプロンプトがいくつか含まれています。 これにより、サービスを初期化および更新する場所が知らされます。

namespace Microsoft.MixedReality.Toolkit.Extensions
{
    [MixedRealityExtensionService(SupportedPlatforms.WindowsStandalone|SupportedPlatforms.MacStandalone|SupportedPlatforms.LinuxStandalone|SupportedPlatforms.WindowsUniversal)]
    public class NewService : BaseExtensionService, INewService, IMixedRealityExtensionService
    {
        private NewServiceProfile newServiceProfile;

        public NewService(IMixedRealityServiceRegistrar registrar,  string name,  uint priority,  BaseMixedRealityProfile profile) : base(registrar, name, priority, profile) 
        {
            newServiceProfile = (NewServiceProfile)profile;
        }

        public override void Initialize()
        {
            // Do service initialization here.
        }

        public override void Update()
        {
            // Do service updates here.
        }
    }
}

ウィザードでサービスを登録する場合は、このスクリプトを編集するだけで、サービスが自動的に更新されます。 それ以外の場合は、新しいサービスの登録については、こちらを参照してください。