スライダー — MRTK2

Slider example

スライダーは、トラック上のスライダーを動かすことで、値を継続的に変更できる UI コンポーネントです。現在、ピンチ スライダーは、スライダーを直接、または距離を置いてつかむことで動かすことができます。 スライダーは、モーション コントローラーや手、あるいはジェスチャー + 音声を使用して、AR や VR で機能します。

シーンの例

例については、MRTK/Examples/Demos/UX/Slider/Scenes/SliderExample シーンをご覧ください。

スライダーの使い方

Pinchslider プレハブをシーン階層にドラッグ アンド ドロップします。 独自のスライダーを変更または作成する場合は、次の操作を行います。

  • サム オブジェクトにコライダーがあることを確認する。 PinchSlider プレハブでは、コライダーは SliderThumb/Button_AnimationContainer/Slider_Button にあります
  • スライダーをつかんで近づけたい場合は、コライダーを含むオブジェクトにも [近距離操作 - グラブ可能] コンポーネントが含まれている必要があります。

また、次の階層を使用することをお勧めします

  • PinchSlider - sliderComponent が含まれている
    • TouchCollider - スライダーの選択できる領域全体を含むコライダー。 [位置に合わせる] 動作を有効にする。
    • SliderThumb - 移動可能なサムが含まれている
    • TrackVisuals - トラックと他のビジュアルが含まれている
    • OtherVisuals - その他のビジュアルが含まれている

スライダー イベント

スライダーは、次のイベントを公開します。

  • OnValueUpdated - スライダーの値が変更されるたびに呼び出される
  • OnInteractionStarted - ユーザーがスライダーをつかんだときに呼び出される
  • OnInteractionStarted - ユーザーがスライダーを離したときに呼び出される
  • OnHoverEntered - ユーザーの手/コントローラーが近くまたは遠くの相互作用を使用してスライダーにマウス カーソルを置くと呼び出される。
  • OnHoverExited - ユーザーの手/コントローラーがスライダーの近くにないときに呼び出される。

スライダー バインドと軸の構成

シーン内でハンドルを移動することで、スライダーの開始点と終了点を直接移動できます。

Sliders Config

[スライダー軸] フィールドを使用して、スライダーの軸 (ローカル空間) を指定することもできます

ハンドルを使用できない場合は、代わりに [スライダーの開始距離][スライダーの終了距離] フィールドでスライダーの開始点と終了点を指定することができます。 これらは、スライダーの開始/終了点をスライダーの中心からの距離としてローカル座標で指定します。 つまり、スライダーの開始距離と終了距離を必要に応じて設定すると、開始と終了距離を更新することなく、スライダーを小さくしたり大きくしたりすることができます。

インスペクターのプロパティ

サム ルート スライダーのサムが含まれている GameObject。

位置に合わせる このスライダーがスライダーの指定位置に合わせられるかどうか

タッチ可能 このスライダーがタッチ イベントを介して制御できるかどうか

サム コライダー スライダーのサムを制御するコライダー

タッチ可能なコライダー [位置に合わせる] が true の場合にタッチまたは選択できるスライダーの領域。

スライダーの値 スライダーの値。

スライダー ステップの分割を使用する スライダーを段階的に増分するかまたは、連続的に増分するかを制御する。

スライダー ステップの分割 スライダー ステップ分割の使用が有効になっている場合に、スライダーが分割される細分割数。

トラック ビジュアル スライダーに沿って表示される目的のトラック ビジュアルが含まれている GameObject。

目盛り スライダーに沿って表示される、目的の目盛りが含まれている GameObject。

サム ビジュアル スライダーに沿って表示される、目的のサム ビジュアルが含まれている GameObject。

スライダーの軸 スライダーが移動する軸。

スライダーの開始距離 スライダー トラックの開始位置を、スライダー軸に沿った中心からの距離で、ローカル空間単位で指定する。

スライダーの終了距離 スライダー トラックの終了位置を、スライダー軸に沿った中心からの距離で、ローカル空間単位で指定する。

ユーザーがエディターでスライダー軸の値を更新すると、[トラック ビジュアル] または [ビジュアルの目盛り] が指定されている場合は、変換が更新されます。 具体的には、ローカル位置がリセットされ、ローカル回転がスライダー軸の向きに合わせて設定されます。 スケールは変更されません。 目盛りにグリッド オブジェクト コレクション コンポーネントがある場合は、スライダー軸に合わせてレイアウトと CellWidth または CellHeight が更新されます。

スライダー構成の例

位置に合わせる連続スライダー Continuous Sliders

位置に合わせるステップ スライダー

Step Sliders

タッチ スライダー

Touch Sliders