MRTK2 でのコントローラーの検出

MRTK では、数多くのいろいろなコントローラーがサポートされています。 数多くのコントローラー (HTC Vive Knuckles や HTC Vive Wands など) は、MRTK でビルドされたアプリケーションを互換デバイスで起動すると、ネイティブで動作します。 他のコントローラー (Oculus Quest の多関節ハンドや HP Reverb G2 コントローラー など) は、MRTK によって認識される前に、追加のパッケージが必要になります。

このドキュメントでは、追加のパッケージのインストールが必要になるよくあるシナリオについて説明します。 ご使用のデバイスにデプロイする方法の説明については、Hololens/WMR または Oculus Quest のデプロイに関するページをご覧ください。 コントローラーの詳細については、機能ページを参照してください。 コントローラーの問題をデバッグするには、コントローラー マッピング ツールを参照してください

HP Reverb G2 コントローラー

MRTK を使用しているときに HP Reverb G2 コントローラーを検出して表示するには、次の手順に従って Microsoft.MixedReality.Input パッケージをインストールします。 このパッケージをインストールしたら、コントローラーが HP Reverb に表示されるようにするために、既定のプロファイルに他の変更を加える必要はありません。

コントローラーをエディターで表示するには、OpenXR プラグインを使用していることを確認する必要があります。

Oculus コントローラー

Oculus コントローラー モデルを視覚化するには、Oculus Quest デプロイの手順に従います。 コントローラーを使用しているときに仮想ハンドを表示したい場合は、XR SDK Oculus Device Manager の下で、[コントローラーの代わりにアバター ハンドをレンダリングする] がオンになっていることを確認してください。 それ以外の場合は、このオプションをオフにします。

OculusDeviceManagerVisualizationSettings