AndroidおよびiOSへのデプロイ (AR Foundation) [試験段階] — MRTK2

必要なパッケージをインストールする

  1. GitHub または Unity Package Manager から Microsoft.MixedReality.Toolkit.Unity.Foundation パッケージをダウンロードしてインポートします。

  2. Unity Package Manager (UPM) で、次のパッケージをインストールします。

    Unity 2018.4.x

    Android iOS コメント
    AR Foundation
    バージョン: 1.5.0 - プレビュー 6
    AR Foundation
    バージョン: 1.5.0 - プレビュー 6
    Unity 2018.4 では、このパッケージはプレビューとして含まれています。 パッケージを表示する方法: Window>Package Manager>Advanced>Show Preview Packages
    ARCore XR プラグイン
    バージョン: 2.1.2
    ARKit XR プラグイン
    バージョン: 2.1.2

    Unity 2019.4.x

    Android iOS
    AR Foundation
    バージョン: 2.1.8
    AR Foundation
    バージョン: 2.1.8
    ARCore XR プラグイン
    バージョン: 2.1.11
    ARKit XR プラグイン
    バージョン: 2.1.9

    Unity 2020.3.x

    Android iOS
    AR Foundation
    バージョン: 3.1.3
    AR Foundation
    バージョン: 4.0.12
    ARCore XR プラグイン
    バージョン: 3.1.4
    ARKit XR プラグイン
    バージョン: 4.1.7
  3. メニュー項目 [Mixed Reality] > [ツールキット] > [ユーティリティ] > [UnityAR] > [スクリプト定義の更新] を呼び出して、MRTK UnityAR スクリプトの定義を更新します。

    Update Scripting Defines

MixedRealityToolKit シーンをプロジェクトに追加する

  1. Mixed Reality - Toolkit ->> シーンに追加を選択して構成する

    Mixed Reality -> Toolkit -> Add to scene and configure menu option

Unity AR カメラ設定プロバイダーの有効化

次の手順は、MixedRealityToolkit オブジェクトの使用を前提としています。 他のサービス レジストラーに必要なステップは異なる場合があります。

  1. シーン階層の MixedRealityToolkit オブジェクトを選択します。

    MRTK Configured Scene Hierarchy

  2. [コピーとカスタマイズ] を選択して MRTK プロファイルを複製し、カスタム構成を有効にします。

    Clone MRTK Profile

  3. カメラ プロファイルの横にある [複製] を選択します。

    Clone MRTK Camera Profile

  4. [インスペクター] パネルでカメラ システムのセクションに移動し、[カメラ設定プロバイダー] セクションを展開します。

    Expand settings providers

  5. [カメラ設定プロバイダーの追加] をクリックし、新しく追加された [新しいカメラ設定] エントリを展開します。

    Expand new settings provider

  6. Unity AR カメラ設定プロバイダーを選択します。

    Select Unity AR settings provider

    Unity AR カメラ設定プロバイダーの詳しい構成については、Unity AR カメラ設定プロバイダーに関する記事を参照してください。

Note

このインストールでは、(アプリケーションの起動時に) AR Foundation コンポーネントがシーンに存在するかどうかをチェックします。 存在しない場合、ARCore と ARKit で動作するように自動的に追加されます。 特定の動作を設定する必要がある場合は、必要なコンポーネントを自分で追加する必要があります。 AR Foundation コンポーネントとインストールの詳細については、このドキュメントを参照してください。

Android および iOS デバイス向けのシーンのビルド

  1. Unity AR カメラ設定プロバイダーをシーンに追加してあることを確認します。

  2. Unity のビルド設定で、プラットフォームを Android または iOS に切り替えます。

  3. 関連付けられた XR プラグイン管理プロバイダーが有効であることを確認します。

    iOS XR プラグイン管理: XR Plug-in Management iOS

  4. シーンをビルドして実行します。

関連項目