UnityUI 要素 — MRTK3

UnityUI 要素は、ユーザーにとって直感的で読みやすい対話モデルを提供します。

Standard Shader hover lights

対話型要素

たとえば、ボタンとスライダーは、ユーザーに即時アクションをトリガーする方法を提供します。これらは、Mixed Reality の最も基本的なコンポーネントの 2 つです。 グラフィックス ツールには、既に多くのカスタマイズ オプションを使用できるボタンとスライダーのプレハブがあります。 Unity の再生モードでシーンに入ると、サンプルを操作できます。

interactive building blocks demo

上の例に含まれているのは、上から下の順に次のものです。

  • 標準スライダー プレハブ (バックプレートを含むグループ化された標準ボタンの例の下)

ボタンとスライダーのテンプレートについては Mixed Reality Toolkit でも重点的に取り上げています。 詳細については、次のページを参照してください。

マスク オプション

ユーザー インターフェイスを構築するときに、特定の領域をマスクしたり、ユーザー ガイダンスの可視性を制限したりする場合があります。 グラフィックス ツールには、これを実現するためのいくつかのオプションがあります。高速な四角形のマスク オプション、角を丸めるオプションのある、パフォーマンス上はより負荷の高いマスク、また、マスク オブジェクトとして使用する 3D メッシュを利用することもできます。

Masking Options Demo

3D メッシュの統合とアニメーション

この例では、いくつかの UI コンポーネントを組み合わせています。 位置や上で説明した角の丸みの量など、いくつかのプロパティもアニメーション化できます。 UI ビルドに 3D メッシュを統合することもできます。

Mesh and Materials Samples demo

注意

統合できるのは静的モデルのみです。FBX エクスポートとしてのアニメーションは現時点ではサポートされていません。