イテレーションとデバッグ — MRTK3

アプリのコンパイルとデプロイにはかなりの時間がかかる可能性があるので、アプリケーションの開発時には、さまざまなインスタント イテレーション/プレビュー ソリューションをお勧めします。

  • エディター内入力シミュレーション
    • XR デバイスを添付せずにアプリを簡単にプレビューできます。 従来の WASD コントロールを使用して、ユーザーの頭、手、手のジェスチャをコントロールします。
  • おすすめ:Holographic リモート処理 (HoloLens 2で)
    • HoloLens 2 および関連プラットフォーム (ハンド トラッキングが組み込まれた他の OpenXR ターゲットなど) での開発では、イテレーション時間を短縮するためにホログラフィック リモート処理を使用することを強くお勧めします。 ハンド トラッキング、視線トラッキング、シーンの再構築などの高度な機能は、リモート処理を通じて利用でき、アプリがデバイスにデプロイされた場合と同じように動作します。
  • デスクトップのアクティブな OpenXR 実行時を使用したプレイ モード テスト
  • 試験段階: Oculus Link for Quest
    • ハンド インタラクションの一部の要素はまだ Quest 向けに開発中であり、結果が変わる可能性があります。
    • コントローラーの対話式操作は、Link を介した完全パリティである必要があります。

任意のターゲット デバイスにビルドをデプロイした場合は、マネージド デバッグを使用してそのビルドをデバイスで実行しながらデバッグできます。