HoloLens の Unity アプリを使用して Windows 名前空間の使用Using the Windows namespace with Unity apps for HoloLens

このページでは、HoloLens の Unity プロジェクトでの WinRT Api を使用する方法について説明します。This page describes how to make use of WinRT APIs in your Unity project for HoloLens.

条件付きで WinRT API 呼び出しが含まれますConditionally include WinRT API calls

WinRT Api は、Windows 8、Windows 8.1、またはユニバーサル Windows プラットフォームを対象とする Unity プロジェクトのビルドでのみ使用されます。WinRT Api を対象とする Unity のスクリプトで記述するコードは、それらのビルドの条件付きで含める必要があります。WinRT APIs will only be used in Unity project builds that target Windows 8, Windows 8.1, or the Universal Windows Platform; any code that you write in Unity scripts that targets WinRT APIs must be conditionally included for only those builds. これは NETFX_CORE または WINDOWS_UWP プリプロセッサ定義を使用します。This is done using the NETFX_CORE or WINDOWS_UWP preprocessor definitions. このルールは、他のコードと同様に、ステートメントを使用してに適用されます。This rule applies to using statements, as well as other code.

次のコード スニペットは、Unity マニュアル ページをからユニバーサル Windows プラットフォーム。内の WinRT APIC#スクリプトします。The following code snippet is from the Unity manual page for Universal Windows Platform: WinRT API in C# scripts. この例で、広告 ID が返されます、Windows 8.0 または高いターゲットでのみビルド。In this example, an advertising ID is returned, but only on Windows 8.0 or higher target builds:

using UnityEngine;
public class WinRTAPI : MonoBehaviour {
    void Update() {
        auto adId = GetAdvertisingId();
        // ...
    }

    string GetAdvertisingId() {
        #if NETFX_CORE
            return Windows.System.UserProfile.AdvertisingManager.AdvertisingId;
        #else
            return "";
        #endif
    }
}

Unity のスクリプトを編集C#プロジェクトEdit your scripts in a Unity C# project

Unity エディターでスクリプトをダブルクリックするは既定で起動し、プロジェクトのエディターでスクリプト。When you double-click a script in the Unity editor, it will by default launch your script in an editor project. WinRT Api は、2 つの理由が正常に表示されます。NETFX_CORE がこの環境で定義されていないと、プロジェクトは、Windows ランタイムを参照していません。The WinRT APIs will appear to be unknown for two reasons: NETFX_CORE is not defined in this environment, and the project does not reference the Windows Runtime. 使用する場合、およびエクスポートを推奨します設定が組み込まれて、代わりにそのプロジェクト内のスクリプトを編集、NETFX_CORE を定義しインプレース; この構成では、Windows ランタイムへの参照を含めることも、、WinRT Api になりますし、。IntelliSense で使用できます。If you use the recommended export and built settings, and edit the scripts in that project instead, it will define NETFX_CORE and also include a reference to the Windows Runtime; with this configuration in place, WinRT APIs will be available for IntelliSense.

なお、UnityC#プロジェクトを使用してリモート デバッグの Visual Studio で f5 キーを使用してスクリプトをデバッグすることもできます。Note that your Unity C# project can also be used to debug through your scripts using F5 remote debugging in Visual Studio. IntelliSense が初めて、Unity を開く操作が表示されない場合C#プロジェクト、プロジェクトを閉じて、再び開くにします。If you do not see IntelliSense working the first time that you open your Unity C# project, close the project and re-open it. IntelliSense では、作業を開始する必要があります。IntelliSense should start working.

関連項目See also