Visual Studio を使用した配置とデバッグUsing Visual Studio to deploy and debug

DirectX と Unity のどちらを使用して mixed reality アプリを開発する場合でも、Visual Studio を使用してデバッグと配置を行います。Whether you want to use DirectX or Unity to develop your mixed reality app, you will use Visual Studio for debugging and deploying. このセクションでは、次のことについて説明します。In this section, you will learn:

  • Visual Studio を使用して HoloLens または Windows Mixed Reality のイマーシブヘッドセットにアプリケーションを展開する方法について説明します。How to deploy applications to your HoloLens or Windows Mixed Reality immersive headset through Visual Studio.
  • Visual Studio に組み込まれている HoloLens エミュレーターを使用する方法。How to use the HoloLens emulator built in to Visual Studio.
  • Mixed reality アプリをデバッグする方法。How to debug mixed reality apps.

必須コンポーネントPrerequisites

  1. インストール手順については、「ツールのインストール」を参照してください。See Install the Tools for installation instructions.
  2. Visual Studio 2015 Update 1、Visual Studio 2017、または Visual Studio 2019 で、新しいユニバーサル Windows アプリプロジェクトを作成します。Create a new Universal Windows app project in Visual Studio 2015 Update 1, Visual Studio 2017, or Visual Studio 2019. C#、 C++、および JavaScript プロジェクトはすべてサポートされています。C#, C++, and JavaScript projects are all supported. (または、「 Unity でアプリを作成する」の手順に従ってください)。(Or follow the instructions to create an build an app in Unity.)

開発者モードを有効にするEnabling Developer Mode

まず、デバイスで開発者モードを有効にして、Visual Studio がそれに接続できるようにします。Start by enabling Developer Mode on your device so Visual Studio can connect to it.

HoloLensHoloLens

  1. HoloLens をオンにして、デバイスに配置します。Turn on your HoloLens and put on the device.
  2. ブルーム ジェスチャを実行して、メイン メニューを開きます。Perform the bloom gesture to launch the main menu.
  3. [設定] タイルを見つめ、エアタップジェスチャを実行します。Gaze at the Settings tile and perform the air-tap gesture. 2 回目のエア タップを実行して、アプリを環境内に配置します。Perform a second air tap to place the app in your environment. 配置すると、設定アプリが起動します。The Settings app will launch after you place it.
  4. [Update] (更新) メニュー項目を選択します。Select the Update menu item.
  5. [For developers] (開発者向け) メニュー項目を選択します。Select the For developers menu item.
  6. [Developer Mode] (開発者モード) を有効にします。Enable Developer Mode. これにより、 Visual Studio からHoloLens にアプリをデプロイできるようになります。This will allow you to deploy apps from Visual Studio to your HoloLens.
  7. 省略可能: 下へスクロールし、デバイスポータルも有効にします。Optional: Scroll down and also enable Device Portal. これにより、web ブラウザーから HoloLens のWindows デバイスポータルに接続することもできます。This will also allow you to connect to the Windows Device Portal on your HoloLens from a web browser.

Windows PCWindows PC

PC に接続されている Windows Mixed Reality ヘッドセットを使用している場合は、PC で開発者モードを有効にする必要があります。If you are working with a Windows Mixed Reality headset connected to your PC, you must enable Developer Mode on the PC.

  1. 設定に進むGo to Settings
  2. 更新プログラムとセキュリティを選択するSelect Update and Security
  3. 開発者向けの選択Select For developers
  4. 開発者モードを有効にし、選択した設定の免責事項を読み、[はい] をクリックして変更を確定します。Enable Developer Mode, read the disclaimer for the setting you chose, then click Yes to accept the change.

Wi-fi 経由でのアプリの展開 (第1世代)Deploying an app over Wi-Fi - HoloLens (1st gen)

  1. Visual Studioでのアプリの x86 ビルド構成の x86 ビルド構成の選択Select an x86 build configuration for your app x86 build configuration in Visual Studio
  2. Visual Studio の [配置ターゲット] ドロップダウンメニュー で [リモートコンピューター] を選択します。Select Remote Machine in the deployment target drop-down menu Remote machine deployment target in Visual Studio
  3. およびC++ JavaScript プロジェクトの場合は、プロジェクト > のプロパティ > 構成プロパティ の デバッグ > ます。For C++ and JavaScript projects, go to Project > Properties > Configuration Properties > Debugging. プロジェクトC#の場合、接続を構成するためのダイアログボックスが自動的にポップアップ表示されます。For C# projects, a dialog will automatically pop-up to configure your connection. a.a. [アドレスまたはコンピューター名] フィールドに、デバイスの IP アドレスを入力します。Enter the IP address of your device in the Address or Machine Name field. [設定 > Network & Internet > 詳細オプション] の下の HOLOLENS で ip アドレスを見つけます。または、Cortana "どのような ip アドレスがあるか" を質問することもできます。Find the IP address on your HoloLens under Settings > Network & Internet > Advanced Options, or you can ask Cortana "What is my IP address?" b.b. Visual Studio で認証モードを ユニバーサル (暗号化されていないプロトコル リモート接続 ダイアログに設定するSet Authentication Mode to Universal (Unencrypted protocol)Remote connection dialog in Visual Studio
  4. [デバッグ > デバッグの開始] を選択してアプリを配置し、デバッグを開始します。 Visual Studio でデバッグを開始しません。Select Debug > Start debugging to deploy your app and start debuggingStart Without Debugging in Visual Studio
  5. PC から HoloLens にアプリを初めて展開するときに、PIN の入力を求められます。The first time you deploy an app to your HoloLens from your PC, you will be prompted for a PIN. 下記の「デバイスのペアリング」の手順に従います。Follow the Pairing your device instructions below.

HoloLens IP アドレスが変更された場合は、 [プロジェクト > のプロパティ > 構成プロパティ] の順に移動して、ターゲットコンピューターの ip アドレスを変更でき > デバッグIf your HoloLens IP address changes, you can change the IP address of the target machine by going to Project > Properties > Configuration Properties > Debugging

USB HoloLens でのアプリの展開 (第1世代)Deploying an app over USB - HoloLens (1st gen)

  1. Visual Studioでのアプリの x86 ビルド構成の x86 ビルド構成の選択Select an x86 build configuration for your app x86 build configuration in Visual Studio
  2. Visual Studio の [配置ターゲット] ドロップダウンメニューで [デバイス]を選択します。Select Device in the deployment target drop-down menuDevice deployment in Visual Studio
  3. [デバッグ > デバッグの開始] を選択してアプリを配置し、デバッグを開始します。 Visual Studio でデバッグを開始しません。Select Debug > Start debugging to deploy your app and start debuggingStart Without Debugging in Visual Studio
  4. PC から HoloLens にアプリを初めて展開するときに、PIN の入力を求められます。The first time you deploy an app to your HoloLens from your PC, you will be prompted for a PIN. 下記の「デバイスのペアリング」の手順に従います。Follow the Pairing your device instructions below.

ローカル PC にアプリを展開する-イマーシブヘッドセットDeploying an app to your Local PC - immersive headset

PC またはMixed reality シミュレーターに接続する Windows Mixed reality イマーシブヘッドセットを使用する場合は、次の手順に従います。Follow these instructions when using a Windows Mixed Reality immersive headset that connects to your PC or the Mixed Reality simulator. このような場合は、単にローカル PC にアプリをデプロイして実行します。In these cases, simply deploy and run your app on the local PC.

  1. アプリのx86またはx64のビルド構成を選択しますSelect an x86 or x64 build configuration for your app
  2. 配置ターゲット ドロップダウンメニューで ローカルコンピューター を選択します。Select Local Machine in the deployment target drop-down menu
  3. [デバッグ] > を選択してデバッグを開始し、アプリをデプロイしてデバッグを開始します。Select Debug > Start debugging to deploy your app and start debugging

デバイスをペアリングする-HoloLens (第1世代)Pairing your device - HoloLens (1st gen)

Visual Studio から HoloLens に初めてアプリをデプロイするときに、PIN の入力を求められます。The first time you deploy an app from Visual Studio to your HoloLens, you will be prompted for a PIN. HoloLens で、設定アプリを起動して PIN を生成し、開発者向けの [Update > ] にアクセスして、 [ペアリング] をタップします。On the HoloLens, generate a PIN by launching the Settings app, go to Update > For Developers and tap on Pair. HoloLens に PIN が表示されます。Visual Studio でこの PIN を入力します。A PIN will be displayed on your HoloLens; type this PIN in Visual Studio. ペアリングが完了したら、HoloLens で [完了] をタップしてダイアログを閉じます。After pairing is complete, tap Done on your HoloLens to dismiss the dialog. この PC は HoloLens とペアリングされているので、アプリを自動的に展開できます。This PC is now paired with the HoloLens and you will be able to deploy apps automatically. HoloLens にアプリを展開するために使用されるすべての後続 PC に対して、これらの手順を繰り返します。Repeat these steps for every subsequent PC that is used to deploy apps to your HoloLens.

HoloLens とペアリングされているすべてのコンピューターの組み合わせを解除するには、設定 アプリを起動し、開発者向けの更新プログラム > にアクセスして、クリア をタップします。To un-pair your HoloLens from all computers it was paired with, launch the Settings app, go to Update > For Developers and tap on Clear.

HoloLens (第1世代) エミュレーターへのアプリのデプロイDeploying an app to the HoloLens (1st gen) Emulator

  1. HoloLens エミュレーターがインストールされ ていることを確認します。Make sure you have installed the HoloLens Emulator.
  2. アプリのx86ビルド構成を選択します。Select an x86 build configuration for your app. Visual Studio での x86 ビルド構成x86 build configuration in Visual Studio
  3. Visual Studio の [配置ターゲット] ドロップダウンメニューエミュレーターターゲットで [HoloLens Emulator] を選択します。Select HoloLens Emulator in the deployment target drop-down menuEmulator target in Visual Studio
  4. [デバッグ > デバッグの開始] を選択してアプリを配置し、デバッグを開始します。 Visual Studio でデバッグを開始しません。Select Debug > Start debugging to deploy your app and start debuggingStart Without Debugging in Visual Studio

グラフィックスデバッガーGraphics Debugger

Visual Studio グラフィックス診断ツールは、Holographic アプリを作成して最適化するときに非常に役立ちます。The Visual Studio Graphics Diagnostics tools are very helpful when writing and optimizing a Holographic app. 詳細については、 MSDN の「Visual Studio グラフィックス診断」を参照してください。See Visual Studio Graphics Diagnostics on MSDN for full details.

グラフィックスデバッガーを起動するにはTo Start the Graphics Debugger

  1. 上記の手順に従って、デバイスまたはエミュレーターをターゲットにします。Follow the instructions above to target a device or emulator
  2. デバッグ > のグラフィックス > 診断の開始Go to Debug > Graphics > Start Diagnostics
  3. HoloLens で初めてこれを行うと、"アクセスが拒否されました" というエラーが発生することがあります。The first time you do this with a HoloLens, you may get an "access denied" error. HoloLens を再起動して、更新されたアクセス許可が有効になるようにしてから、もう一度やり直してください。Reboot your HoloLens to allow updated permissions to take effect and try again.

ルミProfiling

Visual Studio プロファイリングツールを使用すると、アプリのパフォーマンスとリソースの使用を分析できます。The Visual Studio profiling tools allow you to analyze your app's performance and resource use. これには、CPU、メモリ、グラフィックス、およびネットワークの使用を最適化するためのツールが含まれます。This includes tools to optimize CPU, memory, graphics, and network use. 詳細については、 MSDN の「デバッグなしの診断ツールの実行」を参照してください。See Run diagnostic tools without debugging on MSDN for full details.

HoloLens でプロファイルツールを開始するにはTo Start the Profiling Tools with HoloLens

  1. 上記の手順に従って、デバイスまたはエミュレーターをターゲットにします。Follow the instructions above to target a device or emulator
  2. デバッグ > 開始診断ツールデバッグなしで開始...Go to Debug > Start Diagnostic Tools Without Debugging...
  3. 使用するツールを選択しますSelect the tools you want to use
  4. [開始] をクリックClick Start
  5. HoloLens で初めてこれを行うと、"アクセスが拒否されました" というエラーが発生することがあります。The first time you do this with a HoloLens, you may get an "access denied" error. HoloLens を再起動して、更新されたアクセス許可が有効になるようにしてから、もう一度やり直してください。Reboot your HoloLens to allow updated permissions to take effect and try again.

インストールされているアプリまたは実行中のアプリのデバッグDebugging an installed or running app

Visual Studio を使用して、Visual Studio プロジェクトから配置せずにインストールされたユニバーサル Windows アプリをデバッグすることができます。You can use Visual Studio to debug a Universal Windows app that's installed without deploying from a Visual Studio project. これは、インストールされているアプリケーションパッケージをデバッグする場合や、既に実行中のアプリをデバッグする場合に便利です。This is useful if you want to debug an installed app package, or if you want to debug an app that's already running.

  1. [デバッグ]-[その他のデバッグターゲット]-> [インストールされているアプリパッケージのデバッグ] を >Go to Debug -> Other Debug Targets -> Debug Installed App Package
  2. イマーシブヘッドセットの場合は、HoloLens またはローカルコンピューターリモートコンピューターターゲットを選択します。Select the Remote Machine target for HoloLens or Local Machine for immersive headsets.
  3. デバイスのIP アドレスを入力してくださいEnter your device’s IP address
  4. ユニバーサル認証モードを選択するChoose the Universal Authentication Mode
  5. このウィンドウには、実行中のアプリと非アクティブなアプリの両方が表示されます。The window shows both running and inactive apps. デバッグするものを選択します。Pick the one what you’d like to debug.
  6. デバッグするコードの種類を選択します (マネージ、ネイティブ、混合)Choose the type of code to debug (Managed, Native, Mixed)
  7. [アタッチまたは開始] をクリックClick Attach or Start

関連項目See also