Microsoft Edge での WebVR と Windows Mixed Reality の使用Using WebVR in Microsoft Edge with Windows Mixed Reality

Windows Mixed reality イマーシブヘッドセットの WebVR コンテンツの作成Creating WebVR content for Windows Mixed reality immersive headsets

WebVR 1.1 は、Windows 10 の秋の作成者の更新プログラム以降、Microsoft Edge で利用できます。WebVR 1.1 is available in Microsoft Edge beginning with the Windows 10 Fall Creators Update. 開発者は、この API を使用して、web 上でイマーシブ VR エクスペリエンスを作成できるようになりました。Developers can now use this API to create immersive VR experiences on the web.

WebVR API は、HMD のデータをページに提供します。これを使用すると、ステレオ Webvr シーンを HMD に戻すことができます。The WebVR API provides HMD pose data to the page which can be used to render a stereo WebGL scene back to the HMD. API サポートの詳細については、 Microsoft Edge プラットフォームの状態に関するページを参照してください。Details on API support is available on the Microsoft Edge Platform Status page. WebVR API のセキュリティ領域は、Microsoft Edge 内で常に存在します。The WebVR API surface area is present at all times within Microsoft Edge. ただし、getVRDisplays () を呼び出すと、ヘッドセットが電源に接続されているか、シミュレーターが有効になっている場合にのみ、ヘッドセットが返されます。However, a call to getVRDisplays() will only return a headset if either a headset is plugged in or the simulator has been turned on.

Windows Mixed Reality イマーシブヘッドセットの WebVR コンテンツの表示Viewing WebVR content in Windows Mixed Reality immersive headsets

イマーシブヘッドセットの WebVR コンテンツにアクセスする手順については、「ユーザーズガイド」を参照してください。Instructions for accessing WebVR content in your immersive headset can be found in the Enthusiast's Guide.

関連項目See Also