Unity での Vuforia Engine の使用Using Vuforia Engine with Unity

Vuforia Engine は HoloLens に重要な機能を提供します。これは、環境内の特定のイメージとオブジェクトに AR エクスペリエンスを接続するための機能です。Vuforia Engine brings an important capability to HoloLens – the power to connect AR experiences to specific images and objects in the environment. この機能を使用して、工業企業向けの機械の上にガイド付きの手順を重ねたり、物理的な製品やゲームにデジタル機能やエクスペリエンスを追加したりすることができます。You can use this capability to overlay guided step-by-step instructions on top of machinery for the industrial enterprise or add digital features and experiences to a physical product or game.

AR エクスペリエンスを開発する際の柔軟性を高めるために、Vuforia Engine は幅広い機能とターゲットを提供しています。For greater flexibility when developing AR experiences, Vuforia Engine offers a broad range of features and targets. Vuforia モデルターゲットである最新の機能の1つは、商用と工業の両方の主要な機能です。One of our newest features, Vuforia Model Targets, is a key capability for both commercial and industrial uses. モデルターゲットを使用すると、アプリケーションはコンピューター、自動車、または toys などの物理オブジェクトを認識し、CAD モデルまたはデジタル3D モデルに基づいて追跡できます。Model Targets allow applications to recognize physical objects like machines, automobiles or toys and track them based on a CAD or digital 3D model. 工業用途では、この機能を使用することにより、アセンブリワーカーやサービス技術者は、ファクトリまたは現場での作業手順や手順に関するガイダンスを提供することができます。For industrial uses, this feature can provide assembly workers and service technicians with AR work instructions and procedural guidance while in the factory or out in the field.

携帯電話やタブレット用に構築された既存の Vuforia エンジンアプリは、HoloLens で動作するように Unity で簡単に構成できます。Existing Vuforia Engine apps that were built for phones and tablets can easily be configured in Unity to run on HoloLens. Vuforia Engine を使用して、新しい HoloLens アプリを Windows 10 タブレット (Surface Pro 4 や Surface ブックなど) に移動することもできます。You can even use Vuforia Engine to take your new HoloLens app to Windows 10 tablets such as the Surface Pro 4 and Surface Book.

ツールの入手Get the tools

推奨されるバージョンの visual Studio と Unity をインストールし、visual studio と優先する IDE およびコンパイラを使用するように unity を構成します。Install the recommended versions of Visual Studio and Unity and then configure Unity to use Visual Studio and the preferred IDE and compiler.

Unity をインストールする場合は、必ず "Windows ストア .NET Scripting バックエンド" または "Windows Store IL2CPP Scripting バックエンド" をインストールしてください。When installing Unity, be sure to install either the “Windows Store .NET Scripting Backend” or the “Windows Store IL2CPP Scripting Backend”. また、Unity 内で Vuforia Engine を有効にするには、必ず "Vuforia 補強 Reality Support" を選択してください。Also, be sure to select “Vuforia Augmented Reality Support” to enable Vuforia Engine within Unity.

Vuforia Engine の概要Getting started with Vuforia Engine

Vuforia Engine は Unity に統合されているため、開発者は追加のツールをダウンロードしたりインストールしたりする必要はありません。Since Vuforia Engine is integrated into Unity, developers don’t need to download or install any extra tools. Unity の推奨バージョンは、現在2017.3 にあり、Vuforia Engine 7.0.57 を含む LTS ストリームです。The recommended version of Unity is the LTS stream which is currently at 2017.3 and includes Vuforia Engine 7.0.57. Vuforia Engine を HoloLens で使用する方法について学習するための最適な出発点は、 Vuforia Engine HoloLens サンプル(Unity 資産ストアで入手可能) を使用することです。The best starting point for learning about using Vuforia Engine with HoloLens is with the Vuforia Engine HoloLens sample (available in the Unity Asset Store). このサンプルには、HoloLens にデプロイできる事前構成済みのシーンを含む完全な HoloLens プロジェクトが用意されています。The sample provides a complete HoloLens project including pre-configured scenes that can be deployed to a HoloLens.

このシーンでは、Vuforia イメージターゲットを使用してイメージを認識し、HoloLens エクスペリエンスでデジタルコンテンツを使用してイメージを拡張する方法を示します。The scenes show how to use Vuforia Image Targets to recognize an image and augment it with digital content in a HoloLens experience. 新しいバージョンの Unity と Vuforia を使用している開発者は、HoloLens でのモデルターゲットの使用状況を示すシーンを含む更新されたサンプルにアクセスできます。Developers using more recent versions of Unity and Vuforia have access to updated samples which include a scene showing the usage of Model Targets on HoloLens. 独自のコンテンツを使用して、Vuforia Engine を使用する HoloLens アプリの作成を試すことができます。You can easily substitute your own content in the scenes to experiment with the creation of HoloLens apps that use Vuforia Engine.

HoloLens 用の Vuforia アプリの構成Configuring a Vuforia App for HoloLens

HoloLens 用の Vuforia Engine アプリの開発は、他のデバイス用の Vuforia Engine アプリの開発と基本的に同じです。Developing a Vuforia Engine app for HoloLens is fundamentally the same as developing Vuforia Engine apps for other devices. 次に、以下のセクションで説明するビルド設定と構成を適用できます。You can then apply the build settings and configurations described in the section below. Vuforia Engine が HoloLens 空間マッピングおよび位置追跡システムと連携できるようにするために必要な操作はこれだけです。That’s all that’s needed to enable Vuforia Engine to work with the HoloLens spatial mapping and positional tracking systems.

HoloLens 用 Vuforia Engine サンプルをビルドして実行するBuild and Run the Vuforia Engine Sample for HoloLens

  1. Unity 資産ストアからHoloLens 用の Vuforia Engine サンプルをダウンロードするDownload the Vuforia Engine Sample for HoloLens from the Unity Asset Store
  2. Power and performance に推奨される Unity エンジンオプションを適用するApply the recommended Unity engine options for power and performance
  3. ビルドのシーンにサンプルシーンを追加します。Add the sample scenes to Scenes in Build.
  4. ファイル > ビルド設定の "ユニバーサル Windows プラットフォーム" のプラットフォームビルドターゲットを設定します。Set your platform build target for “Universal Windows Platform” in File > Build Settings.
  5. 次のプラットフォームビルド構成設定を選択します。Select the following platform build configuration settings:
  • ターゲットデバイス = HoloLensTarget Device = HoloLens
  • ビルドの種類 = D3DBuild Type = D3D
  • SDK = 最新のインストールSDK = Latest Installed
  • Visual Studio バージョン = 最新インストール済みVisual Studio Version = Latest Installed
  • ビルドして実行する = ローカルコンピューターBuild and Run on = Local Machine
  1. HoloLens にインストールするときにアプリの名前として機能する一意の製品名[プレーヤーの設定] で定義します。Define a unique Product Name, in Player Settings, to serve as the name of the app when installed on the HoloLens.
  2. プレーヤー設定 > XR 設定サポートされている Vuforia 拡張現実と仮想現実を確認するCheck Vuforia Augmented Reality and Virtual Reality Supported in Player Settings > XR Settings
  3. また、XR の設定 で、Windows Mixed reality が Virtual Reality sdk の一覧に追加されていることを確認します。Also under XR Settings, make sure that “Windows Mixed Reality” is added to the Virtual Reality SDKs List
  4. プレーヤーの設定 > 発行設定で次の機能を確認します。Check the following Capabilities in Player Settings > Publish Settings
  • InternetClientInternetClient
  • WebCamWebCam
  • SpatialPerception-Surface オブザーバー API を使用する場合SpatialPerception - if you intend to use the Surface Observer API
  1. [ビルド] を選択して Visual Studio プロジェクトを生成しますSelect Build to generate a Visual Studio project
  2. Visual Studio から実行可能ファイルをビルドし、HoloLens にインストールするBuild the executable from Visual Studio and install it on your HoloLens

注:バージョン7.2 以降、HoloLens の Vuforia Engine サンプルには、モデルターゲットの使用例を含むサンプルシーンが含まれています。Note: Starting with version 7.2, the Vuforia Engine Sample for HoloLens includes a sample scene including example usage of Model Targets

Vuforia 開発者ポータルThe Vuforia Developer Portal

Vuforia Engine と HoloLens で独自の AR エクスペリエンスを作成しようとしている開発者は、 developer.vuforia.comの Vuforia 開発者ポータルでサインアップする必要があります。Developers looking to create their own AR experiences with Vuforia Engine and HoloLens should sign up on our Vuforia Developer Portal at developer.vuforia.com. ポータルでは、開発者はVuforia Engine フォーラムにアクセスできます。このフォーラムでは、コミュニティディスカッションに参加できます。ライブラリには、すべての Vuforia Engine 機能に関する詳細なドキュメントが含まれています。また、 Vuforia Target Managerを使用してユーザーが独自のカスタムターゲットを作成します。In the portal, developers have access to the Vuforia Engine Forums where they can join community discussions, a library with in-depth documentation on all the Vuforia Engine Features, and the Vuforia Target Manager where users can create their own custom Targets. 開発者は、 Vuforia License Managerを使用して無料の開発者ライセンスにサインアップすることもできます。Developers can also sign up for a free Developer License using the Vuforia License Manager.

Vuforia を使用した拡張追跡Extended tracking with Vuforia

拡張追跡は、ターゲットがビューに存在しなくなった場合でも、追跡を維持する環境のマップを作成します。Extended tracking creates a map of the environment to maintain tracking even when a target is no longer in view. Vuforia エンジンは、HoloLens によって実行される空間マッピングに相当します。It is Vuforia Engines’ counterpart to the spatial mapping performed by HoloLens. ターゲットで拡張追跡を有効にすると、そのターゲットが空間マッピングシステムに渡されるようにすることができます。When you enable extended tracking on a target, you enable the pose of that target to be passed to the spatial mapping system. このようにして、Vuforia Engine システムと HoloLens 空間座標系の両方にターゲットを同時に配置することはできません。In this way, targets can exist in both the Vuforia Engine and HoloLens spatial coordinate systems, though not simultaneously.

Unity の設定ウィンドウUnity settings window
Unity の設定ウィンドウUnity settings window

ターゲットでの拡張追跡の有効化Enabling Extended Tracking on a Target

Vuforia Engine は、拡張追跡を使用するターゲットのポーズを HoloLens 空間座標系に自動的に変換します。Vuforia Engine will automatically transform the pose of a target that uses extended tracking into the HoloLens spatial coordinate system. これにより、HoloLens は追跡を引き継ぎ、コンテンツの補強をターゲットの環境の空間マップに統合することができます。This allows HoloLens to take over tracking, and to integrate any content augmenting into the spatial map of the target’s surroundings. このプロセスは、Unity の Vuforia Engine と mixed reality Api の間で発生し、開発者によるプログラミングは必要ありません。自動的に処理されます。This process occurs between Vuforia Engine and mixed reality APIs in Unity and does not require any programming by the developer - it's handled automatically.

次のような処理が行われます。Here is what occurs...

  1. Vuforia のターゲットトラッカーはターゲットを認識しますVuforia’s target Tracker recognizes the target
  2. 次に、ターゲットの追跡を初期化します。Target tracking is then initialized
  3. ターゲットの位置と回転を分析して、HoloLens が使用する堅牢な予測を提供します。The position and rotation of the target are analyzed to provide a robust pose estimate for HoloLens to use
  4. Vuforia は、ターゲットの原因を HoloLens 空間マッピングの座標空間に変換します。Vuforia transforms the target's pose into the HoloLens spatial mapping coordinate space
  5. HoloLens が追跡を引き継ぎ、Vuforia tracker が非アクティブ化されるHoloLens takes over tracking and the Vuforia tracker is deactivated

開発者は、TargetBehaviour の拡張追跡を無効にすることによって、このプロセスを制御して、制御を Vuforia に返すことができます。The developer can control this process, to return control to Vuforia, by disabling extended tracking on the TargetBehaviour.

注: Vuforia 7.2 以降では、拡張追跡はターゲットごとに有効になりません。NOTE: Starting with Vuforia 7.2, Extended Tracking is no longer enabled on a per-target basis. 代わりに、開発者はデバイスの追跡を有効にして、シーン内のすべてのターゲットで同様の機能を有効にすることができます。Instead, developers can turn on Device Tracking to enable similar functionality on all the targets in the scene.

関連項目See also