アプリの自動更新と修復

重要

次の記事では、Windows Insider ビルド 22415 以降で現在利用可能な設定について説明します。

自動更新と修復の設定を使用すると、開発者および IT 担当者は、Microsoft Store を使用せずに配布される Windows アプリに自動更新ソリューションを提供することができます。 アプリ インストーラー ファイルの一部として自動更新と修復の設定を指定することで、Windows アプリを構成して、毎回の起動時に更新を確認したり、更新または修復のプロンプトを非表示にしたり、最新の更新プログラムを受け取るまで Windows アプリを起動しないようにしたりできます。

アプリ インストーラー ファイルを使用して Windows アプリをインストールすると、アプリ インストーラー リポジトリに、設定された指定の構成でエントリが作成されます。 Windows アプリのアプリ インストーラー リポジトリにエントリがある限り、アプリの自動更新と修復は、Windows 設定アプリ、アプリ インストーラー ファイル、PowerShell、または CSP を介して構成できます。 特定の Windows アプリに対して行われたすべての変更は、その特定の Windows アプリのすべての設定を上書きします。

Windows 設定アプリには、Windows アプリの自動更新と修復を有効または無効にする機能が用意されています。

注意

設定が上書きされない場合があります。CSP で構成された設定は他のすべての構成をオーバーライドし、PowerShell およびアプリ インストーラー ファイルは、開発によって構成された設定をオーバーライドします。

自動更新

Windows アプリは、アプリ インストーラー URI のパスを使用して Windows アプリの更新プログラムを確認しますが、アプリ インストーラー URI にアクセスできない場合、Windows アプリは UpdateURI を使用して更新プログラムを確認し、それぞれへの接続を試みてから次のものを試行します。 アクセス可能な最初のアプリ インストーラー ファイルは、Windows アプリの新しい更新プログラムがないかどうかを確認するために検証されます。

Windows アプリの更新では、次の要素がサポートされます。

要素 説明
HoursBetweenUpdateChecks Windows アプリの更新プログラムを確認する最小間隔を定義します。
UpdateBlocksActivation アプリの更新プログラムを確認する際のエクスペリエンスを定義します。
ShowPrompt 更新プログラムのインストール時と確認時にウィンドウを表示するかどうかを定義します。
UpdateURI アプリ インストーラー URI が使用できない場合に Windows アプリを更新するために使用できるフォールバック アプリ インストーラー ファイルの URI。

上記の設定を使用してアプリ インストーラー ファイルを作成する方法については、アプリ インストーラー ファイルの作成に関するドキュメント記事を参照してください。

埋め込みアプリ インストーラー ファイル

埋め込みアプリ インストーラーを使用すると、Windows アプリの開発者は Windows アプリの更新設定を構成できます。 上記の一覧の設定は、特定の Windows アプリに対して設定できます。 Windows アプリの更新プログラムを、希望の更新ホスティング ソリューションから配信できるようにします。

アプリ インストーラー ファイルを Windows アプリに埋め込む方法の詳細については、アプリ インストーラー ファイルを使用したアプリの更新に関する記事を参照してください。

アプリ インストーラー ファイル

アプリ インストーラー ファイルを使用すると、Windows アプリの開発者または IT 担当者は Windows アプリの更新設定を構成できます。 アプリ インストーラー ファイルは、埋め込みアプリ インストーラー ファイルによって構成されたすべての設定を上書きします。

PowerShell

PowerShell コマンドレットを使用すると、IT 担当者は Windows アプリの更新と修復の設定を読み取ったり、構成したりすることができます。

PowerShell コマンドレット 説明
Get-AppxPackageAutoUpdateSettings 特定またはすべての構成済み Windows アプリについて、現在設定されている自動更新と修復の設定を返します。
Set-AppxPackageAutoUpdateSettings アプリ インストーラー ファイルを使用してインストールされた特定の Windows アプリの自動更新と修復の設定を構成します。

これらの PowerShell コマンドレットの使用方法の詳細については、Get-AppxPackageAutoUpdateSettings と Set-AppxPackageAutoUpdateSettings の各ドキュメント記事を参照してください。

CSP

企業の IT 担当者は、モバイル デバイス管理ソリューション (Microsoft Endpoint Manager など) を使用してデバイスをリモートで管理します。 Enterprise Modern App Management CSP が拡張され、特定の Windows アプリの自動更新を管理するために Windows 10 デバイスに適用できる設定が追加されました。

以下の CSP 設定は、次のパスにあります: ./Device/Vendor/MSFT/EnterpriseModernAppManagement/AppManagement/nonStore/<Windows app Family Name>/AppUpdateSettings/AutoUpdateSettings/AutoUpdateSettings/

CSP 説明
./PackageSource Windows アプリの更新プログラムを確認するために使用される、*.appinstaller ファイルのソースを指定します。
./AutomaticBackgroundTask Windows アプリがバックグラウンドで Windows アプリを確認して更新するかどうかを指定します
./OnLaunchUpdateCheck Windows アプリが起動時に更新プログラムを確認するかどうかを指定します。
./HoursBetweenUpdateChecks Windows アプリの更新プログラムを確認する間隔を指定します。
./ShowPrompt ユーザーに対して更新または修復のダイアログを表示するかどうかを指定します。
./UpdateBlocksActivation 更新プログラムが利用可能な場合に Windows アプリを起動するかどうかを指定します。
./ForceUpdateFromAnyVersion Windows アプリの更新プログラムをアップレベルとダウンレベルのどちらにも設定できるかどうかを指定します。
./Disable 特定のパッケージに対して自動更新の設定を有効または無効にするかどうかを指定します。

CSP の詳細については、Enterprise Modern App Management CSP に関するドキュメント記事を参照してください。

自動修復

Windows アプリは、アプリ インストーラー URI パスを使用して、Windows アプリの修復元となる場所を特定します。 アプリ インストーラー URI がアクセスできない場合、または構成されていない場合は、 RepairURIs から Windows アプリ ファイルにアクセスしようとします。

要素 説明
UpdateURI アプリ インストーラー URI が使用できない場合に Windows アプリを更新するために使用できるフォールバック アプリ インストーラー ファイルの URI。

*.AppInstaller ファイルの作成方法の詳細については、アプリ インストーラー ファイルの作成方法に関する記事を参照するか、MSIX Toolkit の一部として App Installer File Builder をダウンロードして使用してください。

CSP

企業の IT 担当者は、モバイル デバイス管理ソリューション (Microsoft Endpoint Manager など) を使用してデバイスをリモートで管理します。 Enterprise Modern App Management CSP が拡張され、特定の Windows アプリの自動修復を管理するために Windows 10 デバイスに適用できる設定が追加されました。

以下の CSP 設定は、次のパスにあります: ./Device/Vendor/MSFT/EnterpriseModernAppManagement/AppManagement/nonStore/<Windows app Family Name>/AppUpdateSettings/AutoUpdateSettings/AutoRepair/

CSP 説明
./PackageSource Windows アプリの修復を確認するために使用される、*.appinstaller または Windows アプリ ファイルのソースを指定します。

CSP の詳細については、Enterprise Modern App Management CSP に関するドキュメント記事を参照してください。