Windows 10 バージョンは 1809 MSIX 変更パッケージMSIX modification packages on Windows 10 version 1809

Windows 10 のバージョンは 1809 以降、ようになりましたパッケージ化して、レジストリ ベースのプラグインと内部のカスタマイズ、 MSIX 変更パッケージします。Starting with Windows 10 version 1809, you can now package your registry-based plugins and customization inside an MSIX modification package. カスタマイズは、メイン パッケージが期待どおりに実行されるように、レジストリに設定するために必要な構成を含めることができます。Customization can include configurations needed to be set in the registry such that the main package will run as expected. プラグインが存在するかどうかを表示するレジストリを活用して、メインのアプリケーションを意味します。Meaning your main application leverages the registry to view whether a plugin exists. メイン パッケージおよび修正パッケージを展開するときに実行時にアプリケーションを表示、メイン パッケージと修正パッケージの両方の仮想レジストリ (VREG) します。When you deploy the main package and the modification package, at runtime the application will view the virtual registry (VREG) of both the main package and the modification package.

次のことを行う、VREG が、メイン パッケージを使用することがあることに注意してください。Note that your main package may be using the VREG to do the following things:

  1. プラグインの dll などのファイルを読み込む場所を表示します。Viewing where to load the file i.e. dll of plugin. この場合は、ファイルがパッケージの一部であることを確認します。If this is the case, then ensure that the file is part of the package. これにより、メイン パッケージは実行時にファイルにアクセスできません。By doing this, main package is able to access the file at runtime.
  2. VREG キーの値を表示する場所を表示します。Viewing where to see the value of the VREG keys. メイン パッケージは、VREG 内に存在する値を検討する可能性があります。Your main package may be looking for a value to exist in the VREG. いずれか、またはを使用して、変更パッケージを作成する場合、ツール値が正しいことを確認します。When you create your modification package either by hand or using our tool, ensure that the value is correct.

MSIX パッケージ化ツールを使用して修正パッケージを作成します。Create a modification package using the MSIX Packaging Tool

MSIX パッケージ化ツールを使用して変更パッケージを作成することができます。You can create a modification package with the MSIX Packaging Tool:

  • メイン パッケージを指定します。Specify the main package. 必ずに変換している、コンピューターで使用可能なメイン パッケージの MSIX バージョンであります。Be sure to have the MSIX version of your main package available on your machine that you are converting on. ない場合は手動でパブリッシャーとメインのアプリケーションの情報を提供いただく必要がよりも。If not than we will ask you to manually provide the publisher and main application information. いくつかカスタマイズするには、メイン アプリケーションがコンピューターにインストールされていることが必要です。Also some customization require that your main application is installed on your machine. 修正パッケージ MPTModification Package MPT

  • パッケージを変更したら、パッケージのエディターを使用して変換されています。Modify the package once it has gone through conversion using the package editor. メイン パッケージが、変更のパッケージ、VREG で特定の値を含む必要がありますのケースである可能性があります。There may be a case where the main package requires your modification package to have certain values in their VREG. これは、移動し、パッケージを適切に編集ができます。This is where you would go and edit the package appropriately.

MakeAppx.exe を使用して変更パッケージを作成します。Create a modification package using MakeAppx.exe

変更のパッケージを手動で作成するにを使用して、 MakeAppX.exe Windows 10 SDK に含まれているツール。You can create a modification package manually by using the MakeAppX.exe tool that is included in the Windows 10 SDK:

  • マニフェストでは、メインのパッケージを指定します。In the manifest, specify the main package. パブリッシャーとメイン パッケージ名が含まれます。Include the publisher and the main package name.

    <Dependencies>
      <TargetDeviceFamily Name="Windows.Desktop" MinVersion="10.0.17701.0" MaxVersionTested="12.0.0.0"/>
      <uap4:MainPackageDependency Name="HeadTrax" Publisher="CN=Contoso Software, O=Contoso Corporation, C=US" />
    </Dependencies>
    
  • Registry.dat を作成、変更、パッケージの読み込みにどのようなレジストリ キーを作成するには、User.dat と Userclass.dat が必要です。Create Registry.dat, User.dat and Userclass.dat to create whatever registry keys are needed to load your modification package. これは必須のかどうか、メイン アプリケーション カスタム レジストリ キーを表示する必要があります。This is only required if you need your main application to view custom registry keys. すべてが実行されているため、コンテナー内で実行時にメイン パッケージおよび修正パッケージ仮想レジストリは、マージするように注意してください。 その主なパッケージが変更のパッケージの仮想レジストリを表示できます。Remember that since everything is running inside a container, at runtime the main package and the modification package virtual registry will merge such that main package can view the modification packages virtual registry.

仮想ファイル システム (VFS) に、メイン アプリケーションの実行可能ファイルがない限りに、ファイル システムのプラグインとカスタマイズ、このプロセスもサポートします。This process also supports file system plug-ins and customizations, as long as the executable of the main application is not in a virtual file system (VFS). これは、メインのパッケージおよび修正パッケージのすべての VFS がメイン パッケージを取得するようにします。This is to ensure that the main package will get all the VFS of the main package and the modification package.

Windows の次期メジャー リリースでは、ファイル システムのプラグインと、メイン アプリケーションの実行可能ファイルが、VFS の間のカスタマイズのサポートは予定です。Support for file system plug-ins and customizations while the executable of the main application is in a VFS is planned for the next major release of Windows. このサポートを Windows 10 Insider Preview ビルド 18312 またはそれ以降の開始をプレビューすることができます。You can preview this support starting in Windows 10 Insider Preview Build 18312 or later. 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。For more information, see this article.