変更のパッケージを使用したエンタープライズ アプリをカスタマイズします。Customize your Enterprise apps with modification packages

アプリケーションのエクスペリエンスをカスタマイズする機能は、企業にとって特に重要です。The ability to customize an application's experience is important, especially for enterprises. IT プロフェッショナルが担当することと、ユーザーのニーズに合わせてアプリケーションをカスタマイズすることは、Windows 10 への移行作業に不可欠と思っています。We’ve spoken to IT professionals and we know that customizing applications to meet their user's needs is essential to the effort of moving to Windows 10. MSI を使用してパッケージされたアプリケーションをカスタマイズする際に、it プロフェッショナルが、開発者からパッケージを取得および要件に合わせて、カスタマイズしてインストーラーを再パッケージする必要があります理解もします。When customizing applications that are packaged using MSI, it is well understood that IT professionals must acquire the package from the developers and re-package the installer with the customization to suit their needs. これは、企業向けのコストのかかる作業です。This is a costly effort for enterprises. 不要になった再パッケージ化するために、カスタマイズと、メイン アプリケーションを分離する今後は、します。Moving forward, we want to decouple the customization and the main application so that re-packaging is no longer needed. これにより、企業が、自分のカスタマイズの制御を維持しながら開発者から最新の更新プログラムを得ることができます。This ensures that enterprises get the latest updates from developers while still maintaining control of their customizations.

Windows 10 バージョン 1809 という MSIX パッケージの新しい型が導入されています、変更パッケージします。In Windows 10 version 1809 we introduced a new type of MSIX package called a modification package. パッケージの変更は、カスタマイズを格納する MSIX パッケージです。Modification packages are MSIX packages that store customizations. パッケージの変更にもプラグイン/アドオン-ons、アクティブ化のポイントがない可能性があります。Modification packages can also be plugins/add-ons that may not have an activation point. IT プロフェッショナルは、この機能を使用して、アプリケーションは、企業のカスタマイズによってオーバーレイように MSIX コンテナーを柔軟に変更します。IT professionals can use this feature to flexibly change MSIX containers so that applications are overlaid by their enterprise's customizations. この機能のことを嬉しく思い、前方参照将来の拡張機能の概要を解放します。We are excited about this feature and look forward to introducing enhancements in future releases.

方法How it works

パッケージの変更は、企業向けアプリケーションのコードを所有しないようにし、インストーラーがあるだけです設計されています。Modification packages are designed for enterprises that do not own the code of the application and only have the installer. (Windows 10 は 1809 またはそれ以降のバージョン) の MSIX パッケージ化ツールの最新バージョンを使用して変更パッケージを作成することができます。You can create a modification package by using the latest version of the MSIX packaging tool (for Windows 10 version 1809 or later). アプリケーションのコードがあれば、またはを作成、アプリ拡張機能します。If you have the code for the application, you can alternatively create an app extension.

メイン アプリケーションへの厳密なバインドを持つ変更パッケージを作成する場合は、メイン アプリケーションを修正パッケージのマニフェストで依存関係として宣言できます。If you want to create a modification package that has a strict binding to the main app, you can declare the main app as a dependency in the modification package’s manifest.

<Dependencies>
    <TargetDeviceFamily Name="Windows.Desktop" MinVersion="10.0.15063.0"/>
    <uap4:MainPackageDependency Name="Main.App"/>
</Dependencies>

次の例では、別の証明書または発行元を指定する方法を示します。The following example demonstrates how to specify a different certificate or publisher.

<Dependencies>
    <TargetDeviceFamily Name="Windows.Desktop" MinVersion="10.0.15063.0"/>
    <uap4:MainPackageDependency Name="Main.App" Publisher="CN=Contoso, C=US" />
</Dependencies>

これは、パッケージの変更とメイン パッケージ間のリレーションシップが一対一の場合、単純な構成です。This is a simple configuration if the relationship between the modification package and main package is one-to-one. 多くの場合、一般的なカスタマイズには、HKEY_CURRENT_USER または HKEY_CURRENT_USERCLASS 下のレジストリ キーが必要です。Typical customizations often require registry keys under HKEY_CURRENT_USER or HKEY_CURRENT_USERCLASS. MSIX、パッケージ内では、レジストリ キーをキャプチャする User.dat と Userclass.dat のファイルがあります。Inside our MSIX package we have User.dat and Userclass.dat files to capture the registry keys. HKCU\Software 下のレジストリ キーが必要な場合は、User.dat を作成する必要があります*(Registry.dat は hklm \software の使用と同様*)。You will need to create User.dat if you need registry keys under HKCU\Software* (just like Registry.dat is used for HKLM\Software*). HKCU\Sofware\Classes 下キーが必要な場合は、Userclass.dat を使用して*します。Use Userclass.dat if you need keys under HKCU\Sofware\Classes*.

.Dat ファイルを作成する一般的な方法を次に示します。Here are the typical ways to create a .dat file:

1.   ファイルを作成するのにには、Regedit を使用します。1.  Use Regedit to create a file. Regedit でハイブを作成し、必要なキーを挿入します。Create a hive in Regedit and insert the necessary keys. 右クリックするよりも、エクスポートして保存-hive ファイルとして。Than right click, export and save-as hive file. ファイルのいずれかの User.dat の名前を確認または Userclass.datMake sure to name the file either User.dat or Userclass.dat

2.   API を使用すると、必要なファイルを作成できます。2.  Use an API to create necessary files. 公開して、 API .dat ファイルの保存に使用することできます。We’ve published an API that you can use to save a .dat file. ファイル イーサ User.dat または Userclass.dat に名前を付けることを確認します。Make sure to name the file ether User.dat or Userclass.dat

必要な変更を行った後に、他の MSIX パッケージなどの変更のパッケージを作成できます。After you’ve made the necessary changes, you can create the modification package like any other MSIX package. 現在の展開のセットアップでパッケージをデプロイできます。Then you can deploy the package with the current deployment set-up. メイン アプリを再起動するときに、パッケージの変更が加えられた変更を確認できます。When you relaunch your main app, you can see the changes that the modification package has made. 変更のパッケージを削除する場合は、メイン アプリは変更パッケージなしの状態に戻ります。If you choose to remove the modification package, your main app will revert to a state without the modification package.

関連項目See also