MSIX パッケージ作成ツールのベスト プラクティスBest practices for MSIX Packaging Tool

この記事では、MSIX にアプリを再パッケージ化して MSIX パッケージ化ツールを使用するためのベスト プラクティスについて説明します。This article covers best practices for repackaging your app to MSIX and using the MSIX Packaging Tool.

セットアップ中に、ベスト プラクティスBest practices during setup

まず始めに、for Windows 10 年 2018年 10 月 Update (バージョン 1809 とも呼ばれます) は、MSIX パッケージ化ツールのバージョンが必要です。To begin with, you must have the version of the MSIX Packaging Tool for the Windows 10 October 2018 Update (also known as version 1809). 変換処理を開始する前に考慮することをお勧めします。 その他のいくつかの点があります。For the conversion process, there are a few other things that we recommend you consider before you start.

  • 2018 Update または Windows 10 でも年 10 月は Windows 10 ではないすべてのユーザーを認識しています。We understand that not everyone is on the Windows 10 October 2018 Update or even Windows 10. そのため、MSIX のサポートの最小バージョンを事前に構成されているクリーンな VM を作成することをお勧めします。Therefore, we recommend that you create a clean VM that is pre-configured for the min version of support for MSIX.

  • これが推奨されますが、別の理由に MSIX パッケージ化ツールを使って対話型の GUI 変換中にも、デバイス上のすべてを受け付けては、パッケージに無関係なデータを防止するのに役立ちます。Another reason this is a recommendation is that during the interactive GUI conversion using the MSIX Packaging Tool, we will be listening to everything on the device, and it will help to prevent extraneous data in your package.

  • そのもを覚えておくと、アプリで実行する必要があるものを理解するための依存関係の種類は変更パッケージとしてパッケージする必要があります。Its also good to know what kind of dependencies you have so that you can understand which ones you should run with your app and which should be packaged as a modification package. たとえば、ランタイムの依存関係があれば、メインのアプリケーションでそのことをお勧めは。For example, if you have runtime dependencies, it’s a good idea to include those in your main application. プラグインである場合は場合、は、関連付けられている変更パッケージとしてパッケージをする必要があります。If you have a plug in, you should package that as an associated modification package.

再パッケージ化中に、ベスト プラクティスBest practices during repackaging

MSIX パッケージ化ツールを使用しているときにするはベスト プラクティスとしてお勧めするいくつかの点があります。When you are using the MSIX Packaging Tool, there are a few things that we also recommend you do as best practice:

  • ClickOnce インストーラーをパッケージ化するときは、インストーラーは、これを行わない既に場合は、デスクトップにショートカットを送信する必要があります。When packaging ClickOnce installers, it is necessary to send a shortcut to desktop if the installer is not doing so already. 一般は常にメイン アプリケーションのデスクトップにショートカットを実行可能ファイル、送信を忘れずにすることをお勧めします。In general, it is good practice to always remember to send a shortcut to desktop for the main app executable.
  • 変更パッケージを作成するときにパッケージを宣言する必要があります。 親の名前 (id 名)、ツールの変更のパッケージのマニフェストで適切なパッケージの依存関係を設定するように、ツールの UI でアプリケーション。When creating modification packages, you need to declare the package Name (identity name) of the parent application in the tool UI so that the tool sets the correct package dependency in the manifest of the modification package.
  • インストール場所のフィールドを宣言する、パッケージ情報ページは省略可能ですがお勧めします。Declaring an installation location field in the Package information page is optional but recommended. このパスが、アプリケーション インストーラーのインストール場所と一致することを確認します。Make sure that this path matches the installation location of application installer.
  • 手順を実行、準備、準備コンピューターページは省略可能ですが、強くお勧めします。Performing the preparation steps in the Prepare computer page is optional but highly recommended. ms.custom:RS5ms.custom: RS5

バンドル MSIX パッケージ中に、ベスト プラクティスBest practices while bundling MSIX packages

X86、x64、ARM など、アプリケーションの異なるプロセッサ アーキテクチャに使用できるさまざまなインストーラーがある場合は、MSIX パッケージをバンドルすることをお勧めします。We recommend that you bundle MSIX packages when there are different installers available for different processor architectures such as x86, x64, and ARM for your application. インストーラーをまとめてバンドルすることにより、ユーザーが正しい選択を行うのではなく、適切なインストーラーの適用性を判断する Windows 10 OS を許可できます。By bundling the installers together, you can allow the Windows 10 OS to determine the applicability of the appropriate installer instead of the user having to make the correct selection.

MSIX パッケージをバンドルするには、中には、Win32 のインストーラーを MSIX パッケージに既に変換されてする必要があります。While bundling MSIX packages, you will need to have already converted your Win32 installers into MSIX packages.

  • MSIX パッケージ化ツールは、変換が行われている Windows 10 OS バージョンのプロセッサ アーキテクチャと想定されます。The MSIX Packaging Tool will assume the processor architecture of the Windows 10 OS version that the conversion is taking place. たとえば、次のバージョンの Windows 10 の場合は、変換、インストーラーでは、結果として得られる MSIX パッケージのバージョンは、x86、x64 を使用している x64。For example, if you are on a x64 version of Windows 10, and you are converting a x86 version of an installers, the resulting MSIX package will be x64.
  • MSIX パッケージをバンドルする場合は、同じ環境にデプロイするはずで、インストーラーを変換する必要があります。If you plan to bundle MSIX packages, you will need to convert your installers in the same environment where you expect to deploy them. これにより、MSIX パッケージ化ツールには、その環境の適切な MSIX パッケージは作成します。That way, the MSIX Packaging Tool will build the appropriate MSIX package for that environment.