Microsoft エンドポイント Configuration Manager で MSIX コアアプリをデプロイするDeploy MSIX Core apps with Microsoft Endpoint Configuration Manager

Microsoft エンドポイント Configuration Manager を使用する MSIX アプリケーションを配信することで、IT 担当者は他のアプリケーションを依存関係としてリンクし、より前にインストールすることができます。The delivery of MSIX applications using the Microsoft Endpoint Configuration Manager allows IT Pros to link other applications as dependencies, forcing them to install prior to. MSIX コアアプリケーションへの依存関係を作成することにより、デバイスで必要な場合にのみ、MSIX コアアプリケーションがインストールされるようにします。By creating a dependency to the MSIX Core application, we enforce the MSIX Core application to be installed only when required by the device. Micosoft エンドポイントでのアプリケーションの依存関係の詳細については Configuration Manager 「アプリケーションの作成: 展開の種類の依存関係」を参照してください。For more information on application dependencies in Micosoft Endpoint Configuration Manager see: Create Applications: Deployment type Dependencies.

作業開始Get started

次の手順では、Microsoft エンドポイント Configuration Manager を使用して、MSIX コア展開戦略を設定する方法について説明します。The following steps will guide you through setting up an MSIX Core deployment strategy by using Microsoft Endpoint Configuration Manager:

  1. Microsoft エンドポイント Configuration Manager で MSIX コアを展開するDeploy MSIX Core with Microsoft Endpoint Configuration Manager
  2. MSIX コアをサポートするように既存の MSIX パッケージを更新するUpdate your existing MSIX package to support MSIX Core
  3. Microsoft エンドポイント Configuration Manager で MSIX コアアプリをデプロイするDeploy MSIX Core Apps with Microsoft Endpoint Configuration Manager

MSIX コア Microsoft エンドポイント Configuration Manager アプリケーションの作成Creating the MSIX Core Microsoft Endpoint Configuration Manager application

ここでは、クライアントデバイスに MSIX コアアプリを展開するために、Microsoft エンドポイント Configuration Manager アプリケーションを作成する手順について説明します。The following will guide you through the creation of a Microsoft Endpoint Configuration Manager application, for the purpose of deploying MSIX Core apps to client devices.

前のガイドに従っていることを前提と (前述の「はじめに」セクションのガイドの一覧を参照)、MSIX コア対応アプリを取得/更新/作成していることを前提としています。Assuming you followed the previous guides (See the list of guides in the Get Started section above) and have retrieved/updated/created an MSIX Core enlightened app. さらに、Microsoft エンドポイント Configuration Manager ツールからアクセスできるファイル共有にアプリをコピーしました。As well as have copied the app to a file share that is accessible by the Microsoft Endpoint Configuration Manager tool. 次の手順では、環境内のクライアントデバイスに新しいアプリを展開します。The next step is to deploy the new app to client devices within your environment.

Microsoft エンドポイント Configuration Manager に MSIX コア依存アプリケーションを作成するCreate MSIX Core dependent application in Microsoft Endpoint Configuration Manager

  1. Microsoft エンドポイント Configuration Manager コンソール内から、[ソフトウェアライブラリ] > [概要]、[アプリケーション管理]、[アプリケーション] の順に移動します。From within the Microsoft Endpoint Configuration Manager console navigate to: Software Library > Overview / Application Management / Applications.
  2. リボンから [アプリケーションの作成] を選択します。Select Create Application from the ribbon.
  3. [アプリケーションの情報を手動で指定する] オプションボタンを選択します。Select the Manually specify the application information radio button.
  4. [次へ] をクリックします。Select the Next button.
  5. アプリケーションの詳細を適切なフィールドに入力します。Enter the application details into the appropriate fields.
  6. [次へ] ボタンを2回クリックします。Select the Next button twice.
  7. [追加] ボタンを選択します。Select the Add button.
  8. 型をスクリプトインストーラーに設定します。Set the Type to Script Installer.
  9. [次へ] をクリックします。Select the Next button.
  10. アプリケーション名とサフィックス " -MSIXCore" (IE: "application MSIXCore") を入力します。Enter the application name with a suffix of " - MSIXCore" (IE: "Application Y - MSIXCore").
  11. [次へ] をクリックします。Select the Next button.
  12. コンテンツの場所 の横にある 参照 ボタンを選択し、アプリのインストールメディアが含まれているファイル共有に移動します。Select the Browse button next to Content location and navigate to the file share containing the app installation media.
  13. [フォルダーの選択] ボタンを選択します。Select the Select Folder button.
  14. インストールプログラム の横にある参照ボタンを選択し、ファイルの種類 を すべてのファイル (.) に設定して、インストールメディアを選択します。Select the Browse button next to Installation Program, set the file type to be All Files ( * . * ) and select the installation media.
  15. [開く] ボタンを選択します。Select the Open button.
  16. [インストールプログラム] フィールドを次のように更新します。Update the Installation program field to:
"C:\Program Files\msixmgr\msixmgr.exe -AddPackage [Application.msix] -quietUX"
  1. [アンインストールプログラム] フィールドを次のように設定します。Set the Uninstall program field to be:
"C:\Program Files\msixmgr\msixmgr.exe" -RemovePackage [Package Family Name] -quietUX
  1. [パッケージファミリ名] を、MSIX アプリケーションのパッケージファミリ名に置き換えます。Replace [Package Family Name] with the package family name of the MSIX application.
  2. [次へ] をクリックします。Select the Next button.
  3. [この展開の種類の存在を検出するためにカスタムスクリプトを使用する] ラジオボタンを選択します。Select the Use a custom script to detect the presence of this deployment type radio button.
  4. [編集] ボタンを選択します。Select the Edit button.
  5. スクリプトの種類がPowerShellに設定されていることを確認するVerify that Script type is set as PowerShell
  6. 次のように入力します。Enter the following:
Set-Location "C:\Program Files\msixmgr"

IF([Boolean]$(get-item "msixmgr.exe"))
{
    $Result = $(.\msixmgr.exe -FindPackage [Package Family Name]*)

    IF($($Result.GetType().Name) -eq "Object[]")
    {
        Return 1
    }
}
  1. [パッケージファミリ名] をアプリケーションの MSIX パッケージファミリ名に更新します。Update [Package Family Name] with the MSIX package family name of the application.
  2. [Ok] をクリックします。Select the Ok button.
  3. [次へ] をクリックします。Select the Next button.
  4. ユーザー用にインストールするインストールの動作を設定します。Set the Installation behavior to Install for User.
  5. このアプリケーションの [許容最長実行時間 (分)] と [インストールの推定時間 (分)] を [値 approriate] に設定します。Set the Maximum allowed run time (minutes) and Estimated installation time (minutes) to values approriate for this application.
  6. インストールプログラムの表示を非表示に設定します。Set the Installation program visibility as Hidden.
  7. [次へ] をクリックします。Select the Next button.
  8. [追加] ボタンを選択します。Select the Add button.
  9. カテゴリがデバイスに設定されていることを確認します。Ensure the Category has been set to Device.
  10. 条件をオペレーティングシステムとして設定しますSet the Condition as Operating system
  11. オペレーティングシステムの一覧から [Windows 7] チェックボックスをオンにします。Select the Windows 7 checkbox from the list of Operating systems.
  12. [Ok] をクリックします。Select the Ok button.
  13. [次へ] をクリックします。Select the Next button.
  14. [追加] ボタンを選択します。Select the Add button.
  15. 依存関係グループ名をMsix コアとして設定します。Set the Dependency group name as MSIX Core.
  16. [追加] ボタンを選択します。Select the Add button.
  17. 使用可能なアプリケーションの一覧から [Msix コア] を選択します。Select MSIX Core from the list of Available applications.
  18. [展開の種類] ボックスの一覧から、32ビットオプションと64ビットオプションの両方を選択します。Select both 32-bit and 64-bit options from the Deployment types list.
  19. [Ok] をクリックします。Select the Ok button.
  20. [Ok] をクリックします。Select the Ok button.
  21. [次へ] ボタンを2回クリックします。Select the Next button twice.
  22. [閉じる] ボタンを選択します。Select the Close button.

MSIX コアに依存しない展開の種類を追加するAdd non-MSIX Core dependent deployment type

  1. [追加] ボタンを選択します。Select the Add button.
  2. 種類が Windows アプリパッケージ ( .appx、 .appxbundle、. msix、 .msixbundle) * * に設定されていることを確認します。Ensure the Type has been set to *Windows app package (.appx, *.appxbundle, *.msix, *.msixbundle)**.
  3. [参照] ボタンを選択して、コアアプリケーションのインストールメディアに移動し、 [開く] ボタンを選択します。Select the Browse... button and navigate to the MSIX Core enlighted application installation media, then select the Open button.
  4. [次へ] ボタンを6回クリックします。Select the Next button six times.
  5. [閉じる] ボタンを選択します。Select the Close button.
  6. [次へ] ボタンを2回クリックします。Select the Next button twice.
  7. [閉じる] ボタンを選択します。Select the Close button.