Microsoft Endpoint Configuration Manager で MSIX Core をデプロイする

MSIX Core を使用すると、企業は自社のアプリケーションの MSIX パッケージ形式を標準とすることができます。 IT プロフェッショナルは、MSIX Core インストーラーを自分のデバイスに簡単にデプロイし、MSIX パッケージ アプリ (これらの Windows バージョン上で既に動作しています) をインストール、クエリ、および削除できます。

MSIX Core では、ネイティブ MSIX の機能のサブセットが提供され、既存の Win32 インストーラーの種類と同様に機能します。 MSIX Core では、ネイティブ MSIX のコンテナーの利点は提供されません。また、Windows 10 固有の機能を使用するアプリを Windows の以前のバージョンで動作させることもできません。

はじめに

次の手順では、Microsoft Endpoint Configuration Manager を使用して MSIX Core のデプロイ戦略を設定する方法について説明します。

  1. Microsoft Endpoint Configuration Manager で MSIX Core をデプロイする
  2. MSIX Core をサポートするように既存の MSIX パッケージを更新する
  3. Microsoft Endpoint Configuration Manager を使用して MSIX Core アプリをデプロイする

Note

必要に応じて、このガイドに従った後で、MSIX Core 対応アプリをインストールする前に、環境内の必要なすべてのデバイスへの MSIX Core アプリケーションのインストールをプッシュすることを選択することもできます。

MSIX Core アプリケーションの作成

ここでは、Windows 7 デバイスに MSIX Core をデプロイする目的で Microsoft Endpoint Configuration Manager アプリケーションを作成する手順について説明します。 これを Windows オペレーティング システムの他のバージョンにプッシュする場合は、それらの選択したオペレーティング システムのバージョンを対象とするようにアプリケーションの要件を変更してください。

MSIX Core のダウンロード

  1. MSIX Core の最新バージョンをダウンロードします。
  2. ダウンロードした MSIX Core (x86 または x64) インストール メディアを、Microsoft Endpoint Configuration Manager 環境がアクセスできるファイル共有に移動します。

Microsoft Endpoint Configuration Manager アプリケーションの作成 - MSIX Core

  1. Microsoft Endpoint Configuration Manager コンソールを開きます。 [ソフトウェア ライブラリ] [概要]、[アプリケーション管理]、[アプリケーション] の順に移動します。
  2. リボンで [アプリケーションの作成] を選択します。
  3. [種類][Windows インストーラー (*.msi ファイル)] に設定されていることを確認します。
  4. [参照] ボタンを選択し、ダウンロードした MSIX Core (x64) インストール メディアに移動して、[開く] ボタンを選択します。
  5. [次へ] ボタンを 2 回選択します。
  6. 一覧表示されている情報を確認し、空白であったり欠落したりしているフィールドを更新します (省略可能)。
  7. [次へ] ボタンを 2 回選択します。
  8. [閉じる] ボタンを選択します。
  9. アプリケーションの一覧で [MSIX Core] を右クリックし、ドロップダウン メニューの [プロパティ] を選択します。
  10. 新たに開かれたウィンドウの上部にある [展開の種類] タブを選択します。
  11. [展開の種類] の一覧で [MSIX Core - Windows インストーラー (*.msi ファイル)] を選択し、[編集] ボタンを選択します。
  12. [名前] を "MSIX Core - Windows インストーラー (*.msi ファイル) - 64 ビット" に設定します。
  13. 新たに開かれたプロパティ ウィンドウの上部にある [要件] タブを選択します。
  14. [追加] ボタンを選びます。
  15. [カテゴリ] を [デバイス] に設定し、[条件] を [オペレーティング システム] に設定します。
  16. [オペレーティング システム] の一覧で、[Windows 7] [すべての Windows 7 (64 ビット)] チェック ボックスをオンにします。
  17. [OK] ボタンを 2 回選択します。
  18. [追加] ボタンを選びます。
  19. [種類][Windows インストーラー (*.msi ファイル)] に設定されていることを確認します。
  20. [参照] ボタンを選択し、ダウンロードした MSIX Core (x86) インストール メディアに移動して、[開く] ボタンを選択します。
  21. [次へ] ボタンを 2 回選択します。
  22. 一覧表示されている情報を確認し、空白であったり欠落したりしているフィールドを更新します (省略可能)。
  23. [次へ] ボタンを 2 回選択します。
  24. [閉じる] ボタンを選択します。
  25. [展開の種類] の一覧で [MSIX Core - Windows インストーラー (*.msi ファイル)] を選択し、[編集] ボタンを選択します。
  26. [名前] を "MSIX Core - Windows インストーラー (*.msi ファイル) - 32 ビット" に設定します。
  27. 新たに開かれたプロパティ ウィンドウの上部にある [要件] タブを選択します。
  28. [追加] ボタンを選びます。
  29. [カテゴリ] を [デバイス] に設定し、[条件] を [オペレーティング システム] に設定します。
  30. [オペレーティング システム] の一覧で、[Windows 7] [すべての Windows 7 (32 ビット)] チェック ボックスをオンにします。
  31. [OK] ボタンを 3 回選択します。

配布ポイントへの MSIX Core アプリケーションの配布

以下では、すべての配布ポイントに MSIX Core インストール メディアを配布する方法について説明します。環境に配布ポイント グループ "すべての配布ポイント" があることを前提としています。 環境に適したターゲット (配布ポイント、配布ポイント グループ、またはコレクション) を選択してください。

  1. Microsoft Endpoint Configuration Manager コンソール内で、[ソフトウェア ライブラリ] [概要]、[アプリケーション管理]、[アプリケーション] の順に移動します
  2. アプリケーションの一覧で [MSIX Core] を右クリックします。
  3. ドロップダウン メニューで [コンテンツの配布] を選択します。
  4. [次へ] ボタンを 2 回選択します。
  5. [追加] ボタンを選択し、ドロップダウン メニューで [配布ポイント グループ] を選択します。
  6. [すべての配布ポイント] チェック ボックスをオンにし、[OK] ボタンを選択します。
  7. [次へ] ボタンを 2 回選択します。
  8. [閉じる] ボタンを選択します。