MSIX コアの問題のトラブルシューティング

この記事では、msix コアとトラブルシューティングのヒントを使って MSIX パッケージをインストールするときに発生する可能性があるエラーコードについて説明します。

エラー コード

ここでは、発生する可能性のある一般的なエラーメッセージを示します。

エラー コード 説明
0x8BAD0042 これは通常、アプリが署名された証明書がインストールされていないことを意味します。 この問題を解決するには、証明書をインストールして再試行します。
0x80070032 このパッケージには、MSIX コアがサポートしていないコメントが含まれています。 たとえば、パッケージサポートフレームワークの機能の一部はサポートされていません。 これらは、インストールの最後に実行されるスクリプトを呼び出すパッケージサポートフレームワークであり、実行するように設定されているスクリプトは、false または不適切な形式のパッケージサポートフレームワークに相当します。
0x8BAD0071 このエラーは、バンドルのインストールを試行していることを意味します。 現在、MSIX コアではバンドルはサポートされていません。

パッケージ形式に問題があると、次のエラーが発生します。

エラー コード 説明
0x8BAD0031 MissingAppxSignatureP7X
0x8BAD0032 MissingContentTypesXML
0x8BAD0033 MissingAppxBlockMapXML
0x8BAD0034 MissingAppxManifestXML
0x8BAD0035 DuplicateFootprintFile
0x8BAD0036 UnknownFileNameEncoding
0x8BAD0037 DuplicateFile

ファイルの問題に関連するエラーは次のとおりです。

エラー コード 説明
0x8BAD0001 開く
0x8BAD0002 FileSeek
0x8BAD0003 FileRead
0x8BAD0003 FileWrite
0x8BAD0004 FileCreateDirectory
0x8BAD0005 FileSeekOutOfRange

パッケージが署名された証明書に問題があると、次のエラーが発生します。

エラー コード 説明
0x8BAD0041 SignatureInvalid
0x8BAD0042 CertNotTrusted
0x8BAD0043 PublisherMismatch

発生する可能性のあるその他の問題

エラー コード 説明
0x8BAD0011 ZipCentralDirectoryHeader
0x8BAD0012 ZipLocalFileHeader
0x8BAD0013 Zip64EOCDRecord
0x8BAD0014 Zip64EOCDLocator
0x8BAD0015 ZipEOCDRecord
0x8BAD0016 ZipHiddenData
0x8BAD0017 Zipbadexのすべてのデータ
エラー コード 説明
0x8BAD0051 BlockMapSemanticError
0x8BAD0052 BlockMapInvalidData
エラー コード 説明
0x8BAD0061 AppxManifestSemanticError
0x8BAD0082 DeflateInitialize
0x8BAD0081 DeflateWrite
0x8BAD0083 DeflateRead
エラー コード 説明
0x8BAD1001 XmlWarning
0x8BAD1002 XmlError
0x8BAD1003 XmlFatal
0x8BAD1004 XmlInvalidData

他のエラー コードを検索するには、こちらを参照 してください

完全な一覧については 、MSIX Core のエラー コード ページを参照 してください。

MSIX トレース PowerShell スクリプト

リリース ページに 移動し、をダウンロード msixtrace.ps1。 これは、MSIX のインストールで問題が発生した場合に役立つログを生成する MSIX トレース PowerShell スクリプトです。

次のコマンドを使用します

msixtrace.ps1 -wait

スクリプトが表示されるプロンプトに従って、ログを生成します。 または、次のコマンドを使用します。

msixtrace.ps1 -start

MSIX パッケージをインストールします。 完了したら、次のコマンドを使用して完了します。

msixtrace.ps1 -stop