MSIX SDK 1.5 への更新MSIX SDK 1.5 update

(1.5) SDK リリースでは、主な投資は、SDK のバイナリのサイズを削減するためにしました。With the SDK release (1.5), our main investment was in reducing the binary size of the SDK. SDK の主なフィードバックのいずれかのサイズ、特にモバイル アプリの場合は満足のいくいない約 5 MB のコストをバイナリの依存関係があります。One of the key feedback about our SDK was the size and especially for mobile apps having a binary dependency that is going to cost ~5MB isn't satisfactory.

これを解決するには、Android および iOS と MacOS での受信トレイのバイナリを持つ XML を解析するための静的バイナリの依存関係が置き換えられます。To resolve this, we replaced the static binary dependencies for XML parsing with inbox binaries on Android and iOS/MacOS. バイナリのサイズの縮小の一環としては私たちも、SDK で提供されているビルド スクリプトの中でさまざまな機能のスイッチを追加しました。As part of the binary size reduction, we also added switches for the different functionality in the build scripts that is available with the SDK. のみ、アプリに必要な機能を追加すると、バイナリ、MSIX SDK バイナリのサイズをさらに削減できます。By only adding functionality that your app needs in the binary, the size of the MSIX SDK binary size can be further reduced.

GitHub で最新の SDK を取得できます。You can get the latest SDK on GitHub.