MSIX SDK 1.6 への更新MSIX SDK 1.6 update

(1.6) SDK リリースでは、パートナーからのフィードバックが聞こえるおオプションおよび MSIX パッケージを処理する柔軟性を開発者に提供する Api を追加しました。With the SDK release (1.6), we heard the feedback from our partners and added more APIs to provide developers with more options and flexibility in handling MSIX packages.

UTF8 API のバリエーションUTF8 API Variants

この SDK のリリースでは、既存の API 呼び出しの約 14 の新しい UTF8 API バリアントを追加します。In this SDK release, we add about 14 new UTF8 API variants for existing API calls. これらの新しい Api の開発者は、環境/プラットフォームに応じて文字列の操作に Utf8 バリアントを使用する選択できます。With the inclusion of these new APIs, developers can choose to use the Utf8 variant for string manipulation according to their environment/platform. AppxPackaging Api と同様、呼び出し元が out パラメーター LPSTR * で使用されるメモリの割り当てを解除する責任を負います。As with AppxPackaging APIs, the caller is responsible for deallocating the memory used by LPSTR* out parameters.

以下は、新しいインターフェイスが UTF8 です。The following are the new UTF8 interfaces:

  • IAppxBlockMapFileUtf8IAppxBlockMapFileUtf8
  • IAppxBlockMapReaderUtf8IAppxBlockMapReaderUtf8
  • IAppxBundleManifestPackageInfoUtf8IAppxBundleManifestPackageInfoUtf8
  • IAppxBundleReaderUtf8IAppxBundleReaderUtf8
  • IAppxFactoryUtf8IAppxFactoryUtf8
  • IAppxFileUtf8IAppxFileUtf8
  • IAppxManifestApplicationUtf8IAppxManifestApplicationUtf8
  • IAppxManifestPackageDependencyUtf8IAppxManifestPackageDependencyUtf8
  • IAppxManifestPackageIdUtf8IAppxManifestPackageIdUtf8
  • IAppxManifestPropertiesUtf8IAppxManifestPropertiesUtf8
  • IAppxManifestQualifiedResourceUtf8IAppxManifestQualifiedResourceUtf8
  • IAppxManifestResourcesEnumeratorUtf8IAppxManifestResourcesEnumeratorUtf8
  • IAppxManifestTargetDeviceFamilyUtf8IAppxManifestTargetDeviceFamilyUtf8
  • IAppxPackageReaderUtf8IAppxPackageReaderUtf8

選択した言語をオーバーライドします。Override Language Selection

既定では、アプリ バンドルを処理するときに、MSIX SDK は、システムの既定になっている言語を選択して、適用可能な言語パッケージを返します。By default, when handling app bundles, MSIX SDK returns the language package that is applicable by selecting the language that is also default on the system. この API は、利用をアプリ バンドルを処理中に返される言語パッケージを上書きする言語パッケージを列挙するためにアプリを使用できます。This API allows the app to enumerate the language packages that are available and override the language package that will be returned while handling app bundles.

その他の更新プログラムと機能強化Other updates and improvements

この更新でIn this update,

  • OpenSSL ライブラリ依存関係を更新する 1.0.2qUpdate the OpenSSL lib dependency to 1.0.2q
  • 国際文字をどのように処理を修正しましたFixed how we handle international characters

GitHub で最新の SDK を取得できます。You can get the latest SDK on GitHub.