Windows Server 2019 での MSIX サポート

デスクトップ エクスペリエンスを備えた Windows Server 2019 (LTSC) で MSIX がサポートされるようになりました。 このサポートによって、企業内で同じ MSIX パッケージをクライアントとサーバーの両方の SKU に配布でき、PowerShell を使用してインストールすることも、パッケージ マネージャー API を使用して直接インストールすることもできます。

考慮事項

  • Windows Server 2019 では、Microsoft Store とビジネス向け Microsoft Store はサポートされません。 すべてのアプリケーションを PowerShell を使用してインストールする必要があります。
  • Windows Server 2019 は、Windows 10 バージョン1809 に基づいているため、最小ターゲット バージョンが 10.0.17763 以下のアプリケーションをサポートします。
  • Windows Server 2019 では、次の API とフレームワークは使用できません。
    • Microsoft Advertising
    • 地理的位置情報
    • Cortana 検索
    • アプリ内購入
  • Windows Server 2019 には、次のフレームワークはインストールされていません。 お客様の側で、必要なときにアプリと共にインストールされるようにしてください。
    • .NET ランタイム
    • .NET Framework
    • VCLibs
  • Windows Server 2019 では、次のパッケージ拡張機能はサポートされていません。
    • windows.firewallRules
    • windows.appExecutionAlias
    • windows.comServer
    • windows.comInterface
    • windows.posPaymentConnector
    • windows.dataProtection

注意

デスクトップ エクスペリエンスを備えた Windows Server 2019 は、Windows 10 クライアント SKU の機能をすべてサポートしているわけではないため、実稼働環境に展開する前に、Windows Server 2019 でアプリケーションをテストすることをお勧めします。