MSIX パッケージのバンドルBundle MSIX packages

この記事では、MSIX パッケージ化ツールを使用して Windows インストーラの x86 および x64 バージョンを変換した後、バンドルを作成するプロセスについて説明します。This article describes the process of creating a bundle after converting x86 and x64 versions of your Windows installers using the MSIX Packaging Tool.

複数のアーキテクチャ バージョンの 1 つのエンティティに、インストーラーをバンドルすることによりバンドルだけが、ストアまたは別のディストリビューションの場所にアップロードする必要があります。By bundling the multiple architecture versions of your installer into one entity, only the bundle needs to be uploaded to the Store or another distribution location. Windows 10 の展開プラットフォームは .msixbundle パッケージの種類を認識しており、デバイスのアーキテクチャに適用できるファイルのみがダウンロードされます。The Windows 10 deployment platform is aware of the .msixbundle package type and will only download the files that are applicable for your device's architecture. 、、.Msixbundle、特定のアプリを配布する場合でも、MSIX パッケージだけを配布するのに戻すことはできませんがすることに留意してください。Keep in mind that if you decide to distribute an .msixbundle for a particular app, you cannot revert back to distributing just an MSIX package.

次のセクションでは、.msixbundle をビルドするステップ バイ ステップ アプローチを表示します。The following section presents a step-by-step approach to build an .msixbundle. 既にあることを前提としていますが、既存の x86 および x64 バージョンの変換MSIX パッケージへの Windows インストーラーの。It assumes that you have already converted your existing x86 and x64 versions of the Windows installer to MSIX packages.

セットアップSetup

次の設定、MSIX バンドルを正常にビルドする必要があります。You will need the following setup to successfully build an MSIX bundle:

  • Windows 10 SDK (バージョンは 1809 以降)Windows 10 SDK (version 1809 or above)
  • 変換後の x64 および x86 MSIX パッケージConverted x64 and x86 MSIX packages

手順 1:MakeAppx.exe を検索します。Step 1: Find MakeAppx.exe

MakeAppx.exeはツールをパッケージ化と MSIX パッケージのバンドル化できる Windows 10 SDK で使用できます。MakeAppx.exe is a tool available in the Windows 10 SDK that allows for packaging and bundling of MSIX packages. MSIX の 2 つのパッケージをまとめるためにこのツールを使用します。You will use this tool to bundle the two MSIX packages together.

Windows 10 アプリ パッケージまたはバンドルのファイルの内容を抽出する MakeAppx.exe を使用できます。MakeAppx.exe can be used to extract the file contents of a Windows 10 app package or bundle. また、暗号化し、アプリ パッケージとバンドルを復号化します。It also encrypts and decrypts app packages and bundles.

Windows 10 SDK をインストールした後 MakeAppx.exe は通常、ご覧ください。After the Windows 10 SDK is installed, MakeAppx.exe is usually found here:

  • [x86]-C:\Program Files (x86) \Windows Kits\10\bin\10.0.17763.0\x86\MakeAppx.exe[x86] - C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.17763.0\x86\MakeAppx.exe
  • [x64]-C:\Program Files (x86) \Windows Kits\10\bin\10.0.17763.0\x64\MakeAppx.exe[x64] - C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.17763.0\x64\MakeAppx.exe

手順 2:パッケージをバンドルします。Step 2: Bundle the packages

MakeApp.exe を使用してパッケージをバンドルする最も簡単な方法では、1 つのフォルダーで一緒にバンドルするすべてのパッケージを追加します。The easiest way to bundle packages with MakeApp.exe is to add all the packages that you want to bundle together in one folder. ディレクトリは、パッケージを除く他のすべての無料である必要がありますをバンドルにされています。The directory must be free of everything else except the packages that been to be bundled.

次のスクリーン ショットに示すように 1 つのディレクトリにバンドルするアプリ パッケージを移動します。Move the app packages that you want to bundle into one directory, as shown in the following screenshot.

ディレクトリ内のバンドル パッケージ

注意

MakeAppx.exe バンドル パッケージのみを持つ、同じ id を AppID、パブリッシャー、バージョンが同じである必要があることを意味します。MakeAppx.exe only bundles packages that have the same identity, which means that the AppID, publisher, version needs to be the same. アプリケーション パッケージのパッケージ プロセッサ アーキテクチャは、異なるがあります。Only the package processor architecture for an application package can be different.

MakeAppx.exe には、次のコマンドライン構文があります。MakeAppx.exe has the following command line syntax.

'' C: のコマンド プロンプト>"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.17763.0\x86\MakeAppx.exe" bundle /d input_directorypath /p .msixbundle```Command Prompt C:> "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.17763.0\x86\MakeAppx.exe" bundle /d input_directorypath /p .msixbundle


Here is an example command.

C:>"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.17763.0\x86\MakeAppx.exe" bundle /d c:\AppPackages\ /p c:\MyLOBApp_10.0.0.0_ph32m9x8skttmg.msixbundleC:> "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.17763.0\x86\MakeAppx.exe" bundle /d c:\AppPackages\ /p c:\MyLOBApp_10.0.0.0_ph32m9x8skttmg.msixbundle


After running the command, an unsigned .msixbundle will be created in the path specified. Packages do not need to be signed before bundling.  

## Step 3: Sign the bundle

After you create the bundle, you must sign the package before you can distribute the app to your users or install it. 

To sign a package, you will need a general code signing certificate and use SignTool.exe from the Windows 10 SDK. 

We strongly recommend that you use a trusted cert from certificate authority as that allows for the package to be distributed and deployed on your end users devices seamlessly. Once you have access to the private certificate (.pfx file), you can sign the package as shown below.

>[!NOTE]
> SignTool.exe is available in the same directory as MakeAppx.exe in the Windows 10 SDK. 

SignTool.exe has the following command line syntax.

```Command Prompt
C:\> "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.17763.0\x86\SignTool.exe" sign /fd <Hash Algorithm> /a 
/f <Path to Certificate>.pfx /p <Your Password> <File path>.msixbundle

コマンドの例を次に示します。Here is an example command.

C:\> "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.17763.0\x86\SignTool.exe" sign /fd SHA256 /a 
/f c:\private-cert.pfx /p aaabbb123 c:\MyLOBApp_10.0.0.0_ph32m9x8skttmg.msixbundle

SignTool.exe を使用してアプリ パッケージの署名の詳細については、次を参照してください。今回します。For more information about signing app packages with SignTool.exe, see this article.

バンドルを正常に署名するには、後に、ネットワーク共有またはユーザーに配布するコンテンツ配信ネットワーク上でホストする準備が整ったらします。After successfully signing the bundle, you are ready to host it on a network share or on any content distribution network to distribute it to your users.