VM で、デスクトップのインストーラー (MSI、EXE または App V) から MSIX パッケージを作成します。Create an MSIX package from a desktop installer (MSI, EXE or App-V) on a VM

使用することができます、 MSIX パッケージ化ツールHYPER-V 仮想マシン (VM) で既存の MSI、EXE または App V インストーラーから MSIX アプリケーション パッケージを作成します。You can use the MSIX Packaging Tool to create an MSIX application package from an existing MSI, EXE or App-V installer on a Hyper-V virtual machine (VM). VM は、これらの要件を満たしている必要があります。The VM must meet these requirements:

このツールを最初に起動するときにテレメトリ データの送信に同意する促されます。When the tool is first launched, you will be prompted to provide consent to sending telemetry data. 診断データを共有するアプリに由来とのみの特定や連絡するには使用されていませんに重要です。It's important to note that the diagnostic data you share only comes from the app and is never used to identify or contact you. これにより高速な処理を修正するだけです。This just helps us fix things faster for you.

最もよく使用されるオプションは、アプリケーション パッケージを作成します。Creating an application package is the most commonly used option. これは、インストーラーから、またはアプリケーションのペイロードの手動インストールによる MSIX パッケージが作成されます。This is where you will create an MSIX package from an installer, or by manual installation of application payload.

pic 1

パッケージ化するインストーラーを選択します。Choose the installer you want to package

図 2 という

クリックして、MSI、または、APP-V のインストーラーに移動参照ファイル ピッカーでインストーラーを選択します。Navigate to your MSI or App-V installer by clicking Browse and selecting the installer in the file picker. [次へ] をクリックします。Then, click Next.

必要に応じて、次の操作を行います。Optionally:

  • 下にあるボックスをチェックMSIX の既存のパッケージを使用して、参照、および更新するには、既存の MSIX パッケージを選択します。Check the box under Use existing MSIX package, browse, and select an existing MSIX package you'd like to update.
  • 下にあるボックスをチェックインストーラーの引数を使用して、 フィールドに必要な引数を入力します。Check the box under Use installer arguments and enter the desired argument in the provided field. このフィールドは、任意の文字列を受け入れます。This field accepts any string.
  • 下にあるボックスをチェックをテストするためのパッケージの署名を参照して .pfx 証明書ファイルを選択します。Check the box under Sign package for testing, browse to and select your .pfx certificate file. 証明書がパスワードで保護の場合は、[パスワード] ボックスで、パスワードを入力します。If the certificate is password protected, type the password in the password box.

パッケージ化メソッドPackaging method

イメージ/pic3

  • パッケージ化環境の仮想マシンを選択します。Select the virtual machine for packaging environment.
    • 選択既存の仮想マシンでパッケージを作成ドロップダウンから既存の仮想マシン名を選択します。Select Create package on an existing virtual machine and from the drop down select an existing virtual Machine name. いずれかを使用する必要がある場合、VM の資格情報を提供するユーザー名とパスワードのフィールドが表示されます。You will be presented with user and password fields to provide credentials for the VM if there are any.
    • [次へ] をクリックします。Click Next.

パッケージの情報Package information

イメージ/pic4

既存の仮想マシン上でアプリケーションをパッケージ化することを選択した後は、アプリに関する情報を提供する必要があります。After you choose to package your application on an existing virtual machine, you must provide information about to the app. このツールは、インストーラーから利用できる情報に基づくこれらのフィールド、自動入力を試みます。The tool will try to auto-fill these fields based on the information available from the installer. 常に必要なエントリを更新する選択肢があります。You will always have a choice to update the entries as needed. フィールドとしてのアスタリスク * では、必須しますが、既に知っています。If the field as an asterisk*, it's required, but you already knew that. エントリが有効でない場合、インライン ヘルプが提供されます。Inline help is provided if the entry is not valid.

  • パッケージ名:Package name:
    • 必須であり、パッケージの内容を記述するマニフェストにアイデンティティ名をパッケージ化に対応しています。Required and corresponds to package identity Name in the manifest to describe the contents of the package.
    • パッケージに署名するために使用する証明書の名前のサブジェクト情報に一致する必要があります。Must match the Name subject information of the certificate used to sign a package.
    • エンドユーザーには表示されません。Is not shown to the end user.
    • 大文字小文字を区別し、スペースを入れることはできません。Is case-sensitive and cannot have a space.
    • 英数字、ピリオド、およびダッシュ文字で構成されている長さ 3 ~ 50 文字の間での文字列を受け取ることができます。Can accept string between 3 and 50 characters in length that consists of alpha-numeric, period, and dash characters.
    • できませんし、末尾がピリオドで、次のいずれか。"CON"、"PRN"、"AUX"、"NUL"、"COM1"、"COM2"、"COM3"、"COM4"、"COM5"、"COM6"、"COM7"、"COM8"、"COM9"、"LPT1"、"LPT2"、"LPT3"、"LPT4"、"LPT5"、"LPT6"、"LPT7"、"LPT8"、"LPT9"Cannot end with a period and be one of these: "CON", "PRN", "AUX", "NUL", "COM1", "COM2", "COM3", "COM4", "COM5", "COM6", "COM7", "COM8", "COM9", "LPT1", "LPT2", "LPT3", "LPT4", "LPT5", "LPT6", "LPT7", "LPT8", and "LPT9."
  • パッケージ表示名:Package display name:
    • 必要なし、スタート メニューと設定 ページで、ユーザーにわかりやすいパッケージ名を表示するマニフェストのパッケージに対応しています。Required and corresponds to package in the manifest to display a friendly package name to the user, in start menu and settings pages.
    • 1 から 256 までの文字列の長さの文字し、はローカライズ可能なフィールドに入力します。Field accepts A string between 1 and 256 characters in length and is localizable.
  • 発行元名:Publisher name:
    • 必要なし、パブリッシャーの情報を記述するパッケージに対応しています。Required and corresponds to package that describes the publisher information.
    • 発行元属性は、パッケージに署名するために使用する証明書の発行者のサブジェクト情報と一致する必要があります。The Publisher attribute must match the publisher subject information of the certificate used to sign a package.
    • このフィールドは、識別名の正規表現に適合する長さ 1 ~ 8192 の文字の文字列を受け入れます"(CN |。L |O |OU |E |C |S |番地 |T |G ||SN |DC |SERIALNUMBER |説明 |PostalCode |POBox |Phone |X21Address |dnQualifier |(OID。(0 |[1-9][0-9])(.(0 |[1-9][0-9]))+)) = (([^、+ ="<> #])+ |".")(、((CN |L |O |OU |E |C |S |番地 |T |G ||SN |DC |SERIALNUMBER |説明 |PostalCode |POBox |Phone |X21Address |dnQualifier |(OID。(0 |[1-9][0-9])(.(0 |[1-9][0-9]))+)) = (([^、+ ="<> #])+ |".")))*".This field accepts a string between 1 and 8192 characters in length that fits the regular expression of a distinguished name : "(CN | L | O | OU | E | C | S | STREET | T | G | I | SN | DC | SERIALNUMBER | Description | PostalCode | POBox | Phone | X21Address | dnQualifier | (OID.(0 | [1-9][0-9])(.(0 | [1-9][0-9]))+))=(([^,+="<>#;])+ | ".")(, ((CN | L | O | OU | E | C | S | STREET | T | G | I | SN | DC | SERIALNUMBER | Description | PostalCode | POBox | Phone | X21Address | dnQualifier | (OID.(0 | [1-9][0-9])(.(0 | [1-9][0-9]))+))=(([^,+="<>#;])+ | ".")))*".
  • 発行者表示名:Publisher display name:
    • 必要なアプリのインストーラーと設定 ページで、ユーザーに発行元のフレンドリ名を表示するマニフェストのパッケージに対応しています。Required and corresponds to package in the manifest to display a friendly publisher name to the user, in App installer and settings pages.
    • 1 から 256 までの文字列の長さの文字し、はローカライズ可能なフィールドに入力します。Field accepts A string between 1 and 256 characters in length and is localizable.
  • バージョン:Version:
    • 必須であり、パッケージのバージョン番号を記述するマニフェスト内のパッケージに対応しています。Required and corresponds to the package in the manifest to describe the version number of the package.
    • このフィールドは表記でバージョン文字列を受け取ります。"Major.Minor.Build.Revision"。This field accepts a version string in quad notation: "Major.Minor.Build.Revision".
  • インストール場所。Install location:
    • これは、アプリケーション ペイロードを (通常はプログラム ファイル フォルダー) にコピーしようとして、インストーラーの場所です。This is the location that the installer is going to copy the application payload to (usually Programs Files folder).
    • このフィールドはオプションですが特別とアプリのペイロードがインストールされるプログラム ファイル フォルダーの外部をお勧めします。This field is optional but recommended specially when app payload is being installed outside of the Program Files folders.
    • 参照して、フォルダーのパスを選択します。Browse to and select a folder path.
    • アプリケーションのインストール操作を実行するときにこのファイルは、インストーラーのインストール場所と一致することを確認します。Make sure this file matches the installer's install location while you go through the application install operation.

コンピューターを準備します。Prepare computer

イメージ/pic5

次に、準備コンピューターページのパッケージ化、コンピューターを準備するためのオプションを提供します。Next, the Prepare computer page provides options to prepare the computer for packaging.

MSIX パッケージ化ツールのドライバーが必要ですし、ツールを有効になっていない場合に自動的に実行します。The MSIX Packaging Tool Driver is required and the tool will automatically try to enable it if it is not enabled. ツールは、ドライバーがインストールされているかどうかに DISM を使って最初に確認します。The tool will first check with DISM to see if the driver is installed.

注意

MSIX パッケージ化ツールのドライバーでは、これらの変更に基づくパッケージを作成する MSIX パッケージ化ツールを使用する、システムのインストーラーを行っている変更のキャプチャにシステムを監視します。The MSIX Packaging Tool Driver monitors the system to capture the changes that an installer is making on the system which allows MSIX Packaging Tool to create a package based on those changes.

  • [省略可能]チェック ボックスをオンWindows Search が有効になって 選択 がオフ search サービスを無効にする場合。[Optional] Check the box for Windows Search is Active and select Disable selected if you choose to disable the search service.

    • これは必要ありません、のみお勧めします。This is not required, only recommended.
    • 無効にすると、ツールは、「無効」に状態フィールドを更新します。Once disabled, the tool will update the status field to “disabled”
  • [省略可能]チェック ボックスをオンWindows Update が有効になって 選択 がオフ 更新サービスを無効にする場合。[Optional] Check the box for Windows Update is Active and select Disable selected if you choose to disable the Update service.

    • これは必要ありません、のみお勧めします。This is not required, only recommended.
    • ツールが、[状態] フィールドを更新、無効になると無効になっているします。Once disabled, the tool will update the status field to Disabled.
  • 保留中の再起動チェック ボックスが既定で無効になっています。The Pending reboot checkbox is disabled by default. マシンを手動で再起動し、起動するツール、もう一度求められた場合必要再起動を保留中の操作が必要です。You'll need to manually restart the machine and then launch the tool again if you are prompted that pending operations need a reboot. これは必須ではありませんのみお勧めします。This not required, only recommended.

完了したら、マシンを準備するには、をクリックしてします。When you're done preparing the machine, click Next.

インストールInstallation

イメージ/pic6

  • これは、ツールが監視して、操作をインストール、アプリケーションをキャプチャしたインストール フェーズです。This is installation phase where the tool is monitoring and capturing the application install operations.
  • このツールには、早い段階で開くし、アプリケーションをインストールするインストーラー ウィザードを経由する必要があります仮想マシンのウィンドウで、インストーラーが起動します。The tool will launch the installer in the Virtual Machine Window that it opened in an earlier stage and you'll need to go through the installer wizard to install the application.
    • インストール パスは、パッケージ情報 ページで既に定義されている内容と一致することを確認します。Make sure the installation path matches what was defined earlier in the package information page.
    • 新しくインストールしたアプリケーションのデスクトップにショートカットを作成する必要があります。You'll need to create a shortcut in desktop for the newly installed application.
    • アプリケーションのインストール ウィザードを完了したら、完了するか、インストール ウィザードの終了を確認します。Once you're done with the application installation wizard, make sure you finish or close on the installation wizard.
    • 複数のインストーラーを実行する必要がある場合は、行うことができますを手動でこの時点でします。If you need to run multiple installers you can do that manually at this point.
    • アプリでは、その他の前提条件を必要とする場合は、それらをインストールする必要があります。If the app needs other pre-reqs, you need to install them now.
    • アプリケーションでは、.Net 3.5/20 を必要とする場合は、Windows にオプションの機能を追加します。If the application needs .Net 3.5/20, add the optional feature to Windows.
  • アプリケーションのインストールが完了したら、クリックしてします。When you've completed installing the application, click Next.

最初の起動タスクを管理します。Manage first launch tasks

イメージ/pic7

このページには、ツールがキャプチャされるアプリケーション実行可能ファイルが表示されます。This page shows application executables that the tool captured. 少なくとも 1 回、最初の起動タスクをキャプチャするアプリケーションを起動することをお勧めします。We recommended launching the application at least once to capture any first launch tasks.

複数のアプリケーションがある場合は、メイン エントリ ポイントに対応するボックスを確認します。If there are multiple applications, check the box that corresponds to the main entry point. 手動で、アプリケーションの .exe が表示されない場合を参照して実行します。If you don't see the application .exe here, manually browse to and run it.

クリックしてアプリケーションのインストールを完了することの確認を要求して、最初の起動タスクを管理するポップアップを求められます。Click Next You'll be prompted with a pop up asking for confirmation that you're finished with application installation and managing first launch tasks.

  • 完了したら、クリックしてはい、上の移動します。If you're done, click Yes, move on.
  • をクリックしていない場合は、完了しないいいえ、 します。If you're not done, click No, I'm not done. 最後のページに戻るアプリケーションを起動、インストールまたは他のファイル、および dll または実行可能ファイルのコピーをします。You'll be taken back to the last page to where you can launch applications, install or copy other files, and dlls/executables.

パッケージの作成Create package

イメージ/pic8

  • MSIX パッケージを保存する場所を指定します。Provide a location to save the MSIX package.
  • 既定では、パッケージは、ローカルのアプリケーション データ フォルダーに保存されます。By default, packages are saved in local app data folder.
  • [設定] メニューで、既定の保存場所を定義できます。You can define the default save location in Settings menu.
  • MSIX パッケージを保存する前に、コンテンツとパッケージのプロパティの編集を続行したい場合は、「パッケージ エディター」を選択することができ、パッケージ エディターに移動します。If you'd like to continue to edit the content and properties of the package before saving the MSIX package, you can select “Package editor” and be taken to package editor.
  • テスト用の事前に作成された証明書でパッケージに署名する場合を参照し、証明書を選択します。If you prefer to sign the package with a pre-made certificate for testing, browse to and select the certificate.
  • クリックして作成MSIX パッケージを作成します。Click Create to create the MSIX package.

表示されます、pop でのパッケージが作成されるとき。You'll be presented with the pop up when the package is created. これは、ポップアップ最大名前が表示されます、パブリッシャー、新しく作成したパッケージの保存場所とします。This pop up will include the name, publisher, and save location of the newly created package. このポップアップを閉じることができ、[ようこそ] ページにリダイレクトされます。You can close this pop up and get redirected to the welcome page. パッケージのエディターを表示し、パッケージのコンテンツとプロパティの変更を選択することもできます。You can also select package editor to see and modify the package content and properties.