[スタート] メニューのフォルダーの下にあるアプリケーションをグループ化するGroup applications under a folder in the Start menu

重要

この機能は現在、 Windows Insider programの開発リングを通じて配布される予備の windows 10 ビルドで使用できます。This feature is currently available in preliminary Windows 10 builds which are distributed through the Dev Ring of the Windows Insider program. この機能を有効にするには、少なくともビルド20257が必要です。You will need at least build 20257 to enable this feature.

MSIX パッケージアプリケーションのマニフェストには、 <Application> 使用可能なエントリポイントである1つ以上のエントリが含まれています。The manifest of a MSIX packaged application contains one or more <Application> entries, which are the available entry points. 各アイコンは、[スタート] メニューのアイコンになります。Each of them will become an icon in the Start menu.

MSIX パッケージには、複数のアプリケーションを含めることができます。A MSIX package can contain multiple applications. 別の MSIX パッケージとしてパッケージ化された複数のアプリケーションを作成することもできますが、これらはすべて同じスイートに属しています。Alternatively, a company can build multiple applications, which are packaged as separate MSIX packages, but they all belong to the same suite. どちらのシナリオでも、[スタート] メニューのすべてのエントリを1つのフォルダーにまとめてグループ化することができます。これにより、ユーザーが同じ場所ですべてのアプリケーションを簡単に見つけられるようになります。In both scenarios, you may want to group together all the entries in the Start menu under a single folder, so that for the user it's easier to find all the applications in the same place.

この目標は、アイテムのプロパティを使用して実現でき VisualGroup VisualElements ます。This goal can be achieved using the VisualGroup property of the VisualElements item. この変更を実装するには、次の手順を実行します。Here are the steps to implement this change:

  1. 任意のテキストエディターを使用して、アプリケーションのマニフェストファイルを開きます。Open the manifest file of your application with a text editor of choice. または、MSIX パッケージ化ツールを使用している場合は、パッケージエディターの [ マニフェストを開く ] ボタンをクリックします。Alternatively, if you're using the MSIX Packaging Tool, you can press the Open manifest button in the Package Editor.

  2. uap3マニフェストのノードで、名前空間が宣言されていることを確認し <Package> ます。Make sure that the uap3 namespace is declared in the <Package> node of the manifest:

    <Package ...
         xmlns:uap3="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/3"  
         IgnorableNamespaces="... uap3">
        ...
    </Package>
    
  3. Applications セクションを見つけます。Locate the Applications section. その中には、[ Application スタート] メニューに作成されるアイコンごとに1つ以上のエントリが表示されます。Inside you will find one or more Application entries, one for every icon which will be created in the Start menu. これは次のようになります。This is how it will look like:

      <Applications>
          <Application>
              <VisualElements DisplayName="App1" 
                              Square150x150Logo="images/150x150.png"
                              Square44x44Logo="images/44x44.png"
                              Description="App1"
                              BackgroundColor="#777777"
                              AppListEntry="default">  
                  <uap:SplashScreen BackgroundColor="#777777"
                                    Image="images/splash.png"/>  
              </VisualElements>  
          </Application>
          <Application>
              ...
          </Application>
      </Applications>
    
  4. uap3セクションにプレフィックスを追加し VisualElements ます。Add the uap3 prefix to the VisualElements section. 開始タグと終了タグの両方に追加することを忘れないでください。Remember to add it both to the opening and ending tags:

      <Applications>
          <Application>
              <uap3:VisualElements DisplayName="App1"
                                   Square150x150Logo="images/150x150.png"
                                   Square44x44Logo="images/44x44.png"
                                   Description="App1"
                                   BackgroundColor="#777777"
                                   AppListEntry="default">  
                  <uap:SplashScreen BackgroundColor="#777777"
                                    Image="images/splash.png"/>  
              </uap3:VisualElements>  
          </Application>
          <Application>
              ...
          </Application>
      </Applications>
    
  5. 最後に、 VisualGroup 属性を項目に追加し VisualElements ます。Finally, add the VisualGroup attribute to the VisualElements item. [値] には、[スタート] メニューで作成するフォルダーの名前を設定します。As value, set the name you want to give to the folder that will be created in the Start menu.

      <Applications>
          <Application>
              <uap3:VisualElements DisplayName="App1"
                                   Square150x150Logo="images/150x150.png"
                                   Square44x44Logo="images/44x44.png"
                                   Description="App1"
                                   BackgroundColor="#777777"
                                   AppListEntry="default"
                                   VisualGroup="MyFolder">  
                  <uap:SplashScreen BackgroundColor="#777777"
                                    Image="images/splash.png"/>  
              </uap3:VisualElements>  
          </Application>
          <Application>
              ...
          </Application>
      </Applications>
    

これで、同じフォルダーに含める他のすべてのエントリに対して、同じ処理を繰り返すことができ <Application> ます。Now you can repeat the process for all the other <Application> entries that you want to include in the same folder. 必要に応じて、同じ方法で MSIX パッケージに含まれるマニフェストファイルを編集し、属性に同じ値を使用するだけで、他のアプリケーションでも同様に操作できます VisualGroupOptionally, you can do the same also with other applications, by simply editing the manifest file included in their MSIX package in the same way and using the same value for the VisualGroup attribute.