FancyZones ユーティリティ

FancyZones は、ウィンドウを効率的なレイアウトに配置およびスナップし、ワークフローの速度を向上させ、レイアウトをすばやく復元するためのウィンドウマネージャーユーティリティです。 FancyZones windows のドラッグターゲットであるデスクトップのウィンドウの場所のセットをユーザーが定義できるようにします。 ユーザーがウィンドウをゾーンにドラッグすると、ウィンドウのサイズが変更され、そのゾーンに合わせて位置が変更されます。

::: no loc (Fて Yzones)::: スクリーンショット

作業の開始

有効化

の使用を開始するには FancyZones 、[設定] でユーティリティを有効にし、 PowerToys エディターの UI を呼び出す必要があり FancyZones ます。

ゾーンエディターの起動

[設定] メニューのボタンを使用するか、Win キーを押して、ゾーンエディターを起動し PowerToys + ` ます (このショートカットは、[設定] ダイアログで変更できます)。

::: no loc (Fて Yzones)::: Settings UI

昇格されたアクセス許可管理アプリ

昇格したアプリケーションがある場合は、管理者モードでを実行し、 PowerToys 管理者としてを読み取り、実行します。詳細については、「」を参照してください。

レイアウトの選択 (レイアウトエディター)

ゾーンエディターでは、最初に起動されたときに、モニター上にあるウィンドウの数によって調整できるレイアウトの一覧が表示されます。 レイアウトを選択すると、そのレイアウトのプレビューがモニターに表示されます。 選択したレイアウトが自動的に適用されます。

::: no-loc (Fて Yzones)::: Picker スクリーンショット

複数のディスプレイが使用されている場合、エディターは使用可能なモニターを検出し、ユーザーが選択できるように表示します。 選択したモニターが、選択したレイアウトのターゲットになります。

::: no loc (Fて Yzones)::: 複数のモニターを選択します。

ゾーンの周囲のスペース

[ゾーンの周囲に領域を表示] の切り替えを使用すると、各ウィンドウを囲む境界線または余白の種類を決定でき Fancy Zone ます。 [ ゾーンの周囲のスペース ] フィールドを使用すると、境界線の幅を指定できます。

隣接するゾーンを強調表示する距離 によって、ウィンドウ間の領域の大きさに合わせてカスタム値を設定できます。これらの値は、 Fancy Zone 両方が強調表示されていると同時に結合できるようになります。

エディターを開いた状態で、 Zones 値を変更した後、[ ゾーンの周囲のスペースを表示 する] ボックスをオンまたはオフにして、新しい値が適用されることを確認します。

::: no-loc (Fて Yzones)::: zones の周囲の領域のスクリーンショット

カスタムレイアウトの作成

ゾーンエディターでは、カスタムレイアウトの作成と保存もサポートされています。 右下にある [ + 新しいレイアウトの作成 ] ボタンを選択します。

カスタムゾーンレイアウトを作成するには、 グリッド レイアウトと キャンバス レイアウトという2つの方法があります。 これらは、減法と加法モデルと考えることもできます。

減法 grid モデルは、3つの列グリッドから開始し、ゾーンの分割とマージによってゾーンを作成し、必要に応じてゾーン間で余白のサイズを変更できるようにします。

2つのゾーンを結合するには、マウスの左ボタンをクリックして、2番目のゾーンが選択されるまでマウスをドラッグします。ボタンを離すとポップアップメニューが表示されます。

::: no-loc (Fて Yzones)::: Table Editor モード

加法 キャンバス モデルは空のレイアウトで開始し、ウィンドウに似たドラッグアンドサイズ変更が可能なゾーンの追加をサポートします。

::: no-loc (Fて Yzones)::: Window エディターモード

レイアウト間ですばやく変更する

カスタムレイアウトでは、このレイアウトをユーザー定義のホットキーに対して構成して、目的のデスクトップにすばやく適用できます。 ホットキーを設定するには、カスタムレイアウトの [編集] メニューを開きます。 設定が完了したら、バインディングを押すことによってカスタムレイアウトを適用でき Win ⊞ + Ctrl + Alt + [hotkey] ます。 レイアウトは、ウィンドウをドラッグするときにホットキーを押すことによっても適用できます。

次のデモでは、画面に適用される既定のテンプレートと、ホットキーを割り当てる2つのカスタムレイアウトから始めます。 次に、バインディングを使用して Win ⊞ + Ctrl + Alt + [hotkey] 最初のカスタムレイアウトを適用し、ウィンドウをバインドします。 最後に、ウィンドウをドラッグしてウィンドウをバインドするときに、2番目のカスタムレイアウトを適用します。

::: no loc (Fて Yzones)::: Quick-Swap レイアウト

2つ以上のゾーンへのウィンドウのスナップ

2つのゾーンが隣接している場合は、ウィンドウをその領域の合計にスナップできます (両方を含む最小の四角形に丸められます)。 マウスカーソルが2つのゾーンの共通エッジの近くにある場合、両方のゾーンが同時にアクティブ化されるため、両方のゾーンにウィンドウをドロップできます。

また、任意の数のゾーンにスナップすることもできます。1つのゾーンがアクティブになるまでウィンドウをドラッグし、ウィンドウをドラッグして複数のゾーンを選択するには、キーを押したままにし Control ます。

キーボードのみを使用してウィンドウを複数のゾーンにスナップするには、最初に2つのオプションとを有効にし Override Windows Snap hotkeys (Win+Arrow) to move between zones Move windows based on their position ます。 ウィンドウを1つのゾーンにスナップした後、 Win + Control + Alt + 方向キーを使用してウィンドウを複数のゾーンに展開します。

2::: no loc (Zones)::: Activation スクリーンショット

ショートカット キー

ショートカット アクション
Win ⊞ + ` Windows キー + バックティック (⊞ +) によって ` エディターが起動されます (このショートカットは [設定] ダイアログで編集できます)。
Win ⊞ + ←/→ フォーカスされたウィンドウをゾーン間で移動する (設定が有効になっている場合のみ) (その場合は、 Override Windows Snap hotkeys Windows ⊞ key + Left Arrow とだけ Windows key ⊞ + Right Arrow がオーバーライドされますが、 Win ⊞ + Up Arrow とは通常どおりに動作します Win ⊞ + Down Arrow )。

FancyZones では、 Windows Win ⊞ + Shift + Arrow ウィンドウを隣接するモニターにすばやく移動するために、10がオーバーライドされることはありません。

Settings

設定 説明
ゾーンエディターのホットキーの構成 既定のホットキーを変更するには、テキストボックスをクリックし (テキストを選択または削除する必要はありません)、キーボードで目的のキーの組み合わせを押します。
Shift キーを押しながらドラッグ中にゾーンをアクティブにする Shift キーを押しながら自動スナップモードを切り替えます。ドラッグおよび手動のスナップモードでのスナップを無効にします。ドラッグ中に shift キーを押すと、スナップが有効になります。
プライマリ以外のマウスボタンを使用してゾーンのアクティブ化を切り替える このオプションがオンの場合、プライマリマウス以外のボタンをクリックすると、ゾーンのライセンス認証が切り替わります。
Windowsスナップホットキー (Win ⊞ + Arrow) をオーバーライドしてゾーン間を移動する このオプションがオンで、実行されている場合 FancyZones 、2つの Windows スナップキーをオーバーライドします。 Win ⊞ + Left Arrow``Win ⊞ + Right Arrow
位置に基づいてウィンドウを移動する Win ⊞ + ↑/↓/Right/←キーを使用して、ゾーンのレイアウトに対する相対的な位置に基づいてウィンドウをスナップできます
すべてのモニターでゾーン間でウィンドウを移動する このオプションがオフの場合、Win ⊞ + Arrow とのスナップでは、現在のモニターのゾーンを介してウィンドウが切り替わります。がオンになっている場合は、すべてのモニターのすべてのゾーンでウィンドウが切り替わります。
画面の解像度が変更されたときにウィンドウをゾーンに保持する 画面の解像度が変更された後、この設定が有効になっている FancyZones と、は以前のゾーンにウィンドウのサイズと位置を変更します。
ゾーンレイアウトの変更中に、ゾーンに割り当てられた windows は新しいサイズ/位置と一致します このオプションがオンの場合、で FancyZones は、各ウィンドウの前のゾーン番号の位置を維持することで、ウィンドウのサイズを変更し、新しいゾーンレイアウトに配置します。
新しく作成したウィンドウを最後の既知のゾーンに移動する 新しく開いたウィンドウを、アプリケーションが含まれていた最後のゾーンの場所に自動的に移動する
新しく作成したウィンドウを現在のアクティブなモニターに移動する [実験的] このオプションがオンになっていて、[新しく作成されたウィンドウを最後の既知のゾーンに移動する] がオフになっているか、アプリケーションに最後の既知のゾーンがない場合、アプリケーションは現在アクティブなモニターに保持されます。
スナップ解除時にウィンドウの元のサイズを復元する このオプションがオンの場合、ウィンドウのスナップを解除すると、そのサイズがスナップされる前と同じになります。
マルチモニター環境でエディターを起動するときは、フォーカスの代わりにマウスカーソルをたどる このオプションをオンにすると、エディターのホットキーは、マウスカーソルが置かれているモニターでエディターを起動します。このオプションがオフの場合、エディターのホットキーは、現在アクティブなウィンドウがあるモニター上のエディターを起動します。
ウィンドウのドラッグ中にすべてのモニターにゾーンを表示する 既定では、 FancyZones 現在のモニターで利用可能なゾーンのみが表示されます。有効にすると、この機能はパフォーマンスに影響を与える可能性があります。
複数のモニターにまたがるゾーンの使用を許可する (すべてのモニターの DPI スケーリングは同じである必要があります) このオプションでは、接続されているすべてのモニターを1つの大きな画面として扱うことができます。 正しく動作するには、すべてのモニターの DPI スケールファクターが同じである必要があります。
ドラッグしたウィンドウを透明にする ゾーンがアクティブになると、ドラッグしたウィンドウが透明になり、ゾーンの可視性が向上します。
Zone 強調表示色 (既定 #008CFF) ゾーンがウィンドウのドラッグ中にアクティブなドロップターゲットである場合に、ゾーンがどの色になるか
Zone 非アクティブな色 (既定 #F5FCFF) ゾーンがウィンドウのドラッグ中にアクティブなドロップではない場合に、ゾーンがどのような色になるか
Zone 境界線の色 (既定#FFFFFF) アクティブゾーンと非アクティブ ゾーンの境界線の色
Zone 不透明度 (%)(既定値は 50%) アクティブゾーンと非アクティブ ゾーンの不透明度の割合
ゾーンへのスナップからアプリケーションを除外する アプリケーション名または名前の一部を 1 行に 1 つ追加します (例: を追加すると、 と の両方が一致し、拡張機能の追加のみと Notepad Notepad.exe 一致 Notepad++.exe Notepad.exe .exe します)

FancyZones 設定の下部スクリーンショット