Keyboard Manager ユーティリティ

PowerToysKeyboard Manager を使用すると、キーボードのキーを再定義できます。

たとえば、キーボードの文字 AB と交換できます。 A キーを押すと、 aB が挿入されます。

PowerToys Keyboard Manger remap keys screenshot.

ショートカット キーの組み合わせを交換できます。 たとえば、ショートカット キー CtrlC+ は、多くのアプリケーションでテキストをコピーします。 ユーティリティを使用PowerToysKeyboard Managerすると、⊞WinC+ のショートカットを入れ替えることができます。 これで、⊞ Win+C でテキストがコピーされるようになります。 PowerToysKeyboard Manager でターゲットのアプリケーションを指定しない場合、ショートカット交換は Windows 全体に適用されます。

PowerToys 再マッピングされたキーとショートカットを適用するには、(バックグラウンドで PowerToys を実行して) Keyboard Manager を有効にする必要があります。 PowerToys が実行されていない場合、キーの再マッピングは適用されなくなります。

重要

オペレーティング システム用に予約されているか、または置き換えることができないショートカット キーがいくつかあります。 再マッピングできないキーには次のようなものがあります。

  • ⊞ Win+LCtrl+Alt+Del は、Windows OS によって予約されているので、再マッピングできません。
  • Fn (ファンクション) キーを再マッピングすることはできません (ほとんどの場合)。 F1 ~ F12 (および F13 から F24) キーはマップできます。
  • Pause では、1 つの keydown イベントだけが送信されます。 そのため、たとえば、それを Backspace キーに対してマッピングし、長押しすると 1 文字だけが削除されます。
  • ⊞ Win+G では多くの場合、再割り当てされていても、Xbox Game Bar が開きます。 ゲーム バーは、設定でWindows無効にすることができます。

設定

を使用してKeyboard Managerマッピングを作成するには、設定をPowerToys開きます。 PowerToys 設定内の Keyboard Manager タブで、次のオプションが表示されます。

  • [キーの再マップ] を押して、[キーの再マップ] 設定ウィンドウを起動する
  • [ショートカットの再マップ] を押して、[ショートカットの再マップ] 設定ウィンドウを起動する

キーを再マッピングする

キーを再マッピングし、新しい値に変更するには、[キーの再マップ] ボタンを使用して [Remap Keyboard]\(キーボードの再マップ\) 設定ウィンドウを起動します。 最初の起動時には、定義済みのマッピングが表示されません。 新しい再マッピングを追加するには、[+] ボタンを選択する必要があります。

新しい再マップ行が表示されたら、"物理キー" 列で出力を 変更 する入力キーを選択します。 [マップ先] 列で割り当てる新しいキー値を選択します。

たとえば、 A キーを押して次のように B 表示します。

物理キー: マップ先:
A B

A および B キーの間でキーの位置を交換するには、次のようにして別の再マッピングを追加します。

物理キー: マップ先:
B A

Keyboard Remap Keys screenshot.

キーをショートカットに

キーをショートカット (キーの組み合わせ) に再マッピングするには、[マップ先] 列にショートカット キーの組み合わせを入力します。

たとえば、 Ctrl キーを押して結果 ⊞ Win + を得るには (左矢印):

物理キー: マップ先:
Ctrl ⊞ Win +

重要

再マッピングされたキーが別のショートカット内で使用されている場合でも、キーの再マッピングは維持されます。 このシナリオでは、キーダウン時にアクションが実行されるため、キーを押す順序が重要です。 たとえば、Ctrl+C キーを押すと、⊞ Win + left arrow + C となります。 Ctrl キーを最初に押すと、⊞ Win + left arrow が実行されます。 C キーを最初に押すと、C + ⊞ Win + left arrow が実行されます。

ショートカットを再マッピングする

Ctrl+C のような、ショートカット キーの組み合わせを再マッピングするには、[ショートカットの再マップ] を押して [ショートカットの再マップ] 設定ウィンドウを起動します。

最初の起動時には、定義済みのマッピングが表示されません。 新しい再マッピングを追加するには、[+] ボタンを選択する必要があります。

新しい再マップ行が表示されたら、[物理ショートカット] 列で出力を 変更 する入力キーを選択します。 [マップ先] 列で割り当てる新しいショートカット値を選択します。

たとえば、ショートカット CtrlC+ は選択したテキストをコピーします。 そのショートカットを再マップして、Ctrl キーではなく Alt キーを使用するには、次のようにします。

物理ショートカット: マップ先:
Alt + C Ctrl + C

Keyboard Remap Shortcut screenshot.

ショートカットを再マッピングするときに従うルールがいくつかあります (これらのルールは [ショートカット] 列にのみ適用されます)。

  • ショートカットは、CtrlShiftAlt、または ⊞ Win 修飾キーキーで始まる必要があります
  • ショートカットは、A、B、C、1、2、3 などのアクション キー (すべて非修飾子キー) で終わる必要があります
  • ショートカットは 3 つ以上のキーにすることはできません

ショートカットを 1 つのキーに再マッピングする

PowerToys 設定で [ショートカットの再マップ] ボタンを選択することで、ショートカット (キーの組み合わせ) を 1 つのキーを押すように再マッピングすることができます。

たとえば、ショートカット ⊞ Win+ (左矢印) を 1 つのキー (Alt) を押すように置き換えるには、次のようにします。

ショートカット: マップ先:
⊞ Win + Alt

重要

再マッピングされたキーが別のショートカット内で使用されている場合でも、ショートカットの再ママッピングは維持されます。 このシナリオでは、キーダウン時にアクションが実行されるため、キーを押す順序が重要です。 たとえば、⊞ Win++Shift キーを押すと、Alt + Shift になります。

アプリ固有のショートカット

Keyboard Manager を使用すると、(Windows 全体ではなく) 特定のアプリのみのショートカットに再マッピングできます。

たとえば、Outlook 電子メール アプリでは、電子メールを検索するためにショートカット Ctrl+E が既定で設定されます。 代わりに Ctrl+F を設定して電子メールを検索したい場合 (既定で設定されているように電子メールを転送するのではなく)、"ターゲット アプリ" として "Outlook" を設定してショートカットを再マッピングできます。

Keyboard Manager では、(アプリケーション名ではなく) プロセス名を使用してアプリをターゲットにします。 たとえば、Microsoft Edge は、"Microsoft Edge" (アプリケーション名) ではなく、"msedge" (プロセス名) として設定されます。 アプリケーションのプロセス名を見つけるには、PowerShell を開き、コマンド get-process を入力するか、コマンド プロンプトを開いてコマンド tasklist を入力します。 これにより、現在開いているすべてのアプリケーションのプロセス名の一覧が表示されます。 一般的ないくつかのアプリケーション プロセス名の一覧を以下に示します。

Application [処理名]
Microsoft Edge msedge.exe
OneNote onenote.exe
Outlook outlook.exe
Teams Teams.exe
Adobe Photoshop Photoshop.exe
File Explorer explorer.exe
Spotify Music spotify.exe
Google Chrome chrome.exe
Excel excel.exe
Word winword.exe
PowerPoint powerpnt.exe

キーを選択する方法

再マッピングするキーまたはショートカットを選択する場合は、次のようにすることができます。

  • タイプ キー または Type Shortcut\(タイプ ショートカット\) ボタンをする。
  • ドロップダウン メニューを使用する。

[タイプ キー] または [Type Shortcut]\(タイプ ショートカット\) ボタンを選択すると、キーボードを使用して、キーまたはショートカットを入力できるダイアログ ウィンドウがポップアップ表示されます。 出力に問題がなければ、Enter キーを押して続行します。 ダイアログから移動する場合は、Esc ボタンを押したままにします。

ドロップダウン メニューを使用して、キー名で検索でき、進行中に追加のドロップダウン値が表示されます。 しかし、ドロップダウン メニューが開いている間は、タイプ キー機能を使用することはできません。

キーの孤立化

キーの孤立化は、キーを別のキーにマップすると、それにマップされなくなることを意味します。

たとえば、キーが A から B に再マッピングされた場合、A になるキーがキーボードに存在しなくなります。 誤ってこのようにならないように、すべての孤立キーに対して警告が表示されます。 これを解決するには、+ を使用して、A になるようにマップされる別の再マッピング キーを作成します。

PowerToysKeyboard Manager orphaned key.

よく寄せられる質問

間違ったキーを再マッピングしました。それをすぐに停止するにはどうすればよいですか?

キーの再マッピングを動作させるには、PowerToys をバックグラウンドで実行し、Keyboard Manager を有効にする必要があります。 再マッピングされたキーを停止するには、PowerToys を閉じるか、PowerToys 設定で Keyboard Manger を無効にします。

ログイン画面で Keyboard Manager を使用できますか?

いいえ。Keyboard Manager は、PowerToys が実行されていて、管理者として実行している間を含め、パスワード画面では動作しない場合にのみ使用できます。

再マッピングを有効にするために、コンピューターまたは PowerToys を再起動する必要がありますか?

いいえ。[OK] を押すとすぐに再マッピングが行われるはずです。

Mac と Linux のプロファイルはどこにありますか?

現在、Mac と Linux のプロファイルは含まれていません。

これはビデオ ゲームで動作しますか?

ゲームのパフォーマンスに影響を与える可能性があるため、ゲームをプレイするときは使用 Keyboard Manager しないことをお勧めします。 また、ゲームがキーにアクセスする方法によっても異なります。 Keyboard Manager では、特定のキーボード API は動作しません。

入力言語を変更した場合、再マッピングは動作しますか?

はい、します。 現在、英語 (US) キーボードで AB に再マッピングしてから、言語設定をフランス語に変更した場合、フランス語キーボードで A (英語 US の物理キーボードでは Q) を入力すると、B となり、これは Windows で多言語入力を処理する方法と一致します。

複数のキーボードで異なるキー マッピングを使用できますか?

現在のところ、いいえ。 入力を確認できる API と、その入力元のデバイスは認識されていません。 ここでの一般的なユース ケースは、外付けキーボードが接続されたノート PC です。

ドロップ ダウン メニューに動作しないキーが一覧表示されます。 なぜでしょうか。

Keyboard Manager では、すべての既知の物理キーボード ボタンのマッピングが一覧表示されます。 これらのマッピングの一部は、対応する物理キーが存在しない場合があるため、キーボードで使用できないことがあります。 たとえば、以下に示されている Start App 1 オプションは、物理的に Start App 1 キーがあるキーボードでのみ使用できます。 Start App 1 キーをサポートしていないキーボードでこのキーとのマッピングを試みると、未定義の動作が発生します。

PowerToysKeyboard Manager List of Keys.

トラブルシューティング

キーまたはショートカットを再マッピングしようとしたときに問題が発生した場合は、次のいずれかの問題が考えられます。

  • 管理者として実行: 再マッピングは、ウィンドウが管理者 (昇格) モードで実行されていて、PowerToys が管理者として実行されていない場合、アプリまたはそのウィンドウでは動作しません。 管理者として実行PowerToysしてみてください。
  • キーをインターセプトしていない: Keyboard Manger では、キーを再マッピングするためにキーボード フックをインターセプトします。 また、これを行う一部のアプリが、Keyboard Manager に干渉する可能性があります。 これを修正するには、設定に移動し、無効にして有効にします Keyboard Manager。

既知の問題

開いているキーボード マネージャーの問題の一覧を参照してください。