組織内の Windows 診断データの構成Configure Windows diagnostic data in your organization

適用対象Applies to

  • Windows 10 EnterpriseWindows 10 Enterprise
  • Windows 10 EducationWindows 10 Education
  • Windows Server 2016 以降Windows Server 2016 and newer

この記事は、Windows 10、Windows Server、Surface Hub、HoloLens の診断データにのみ適用されます。This article applies to Windows 10, Windows Server, Surface Hub, and HoloLens diagnostic data only. Microsoft に送信された診断データの種類と、組織内での管理方法について説明します。It describes the types of diagnostic data that’s sent back to Microsoft and the ways you can manage it within your organization. Microsoft では、情報を使用して、お客様に影響を及ぼす問題を迅速に識別して解決します。Microsoft uses the data to quickly identify and address issues affecting its customers.

重要

Microsoft では、必須またはオプションとして収集するデータを分類することで、透明性を高めていますMicrosoft is increasing transparency by categorizing the data we collect as required or optional. Windows 10 では、この新しい分類を反映するようにデバイスを更新するプロセスを行っています。また、この移行中に基本診断データは必須診断データとして再分類され、完全診断データはオプションの診断データとして再分類されます。Windows 10 is in the process of updating devices to reflect this new categorization, and during this transition Basic diagnostic data will be recategorized as Required diagnostic data and Full diagnostic data will be recategorized as Optional diagnostic data. 詳細については、診断データへの変更 を参照してください。For more information, see Changes to Windows diagnostic data.

概要Overview

Microsoft では、問題を解決し Windows を最新で安全な状態に保ち、適切に動作させるために、Windows 診断データを収集しています。Microsoft collects Windows diagnostic data to solve problems and to keep Windows up to date, secure, and operating properly. また、Windows および関連する Microsoft 製品とサービスについても改善されました。カスタマイズされたエクスペリエンス の設定を有効にしているお客様には、お客様のニーズに合わせて Microsoft およびサードパーティ製品とサービスを強化するために、関連するヒントやお勧めを提供します。It also helps us improve Windows and related Microsoft products and services and, for customers who have turned on the Tailored experiences setting, to provide more relevant tips and recommendations to enhance Microsoft and third-party products and services for the customer’s needs.

Windows 診断データの使用方法の詳細については、Windows 10 の診断、フィードバック、プライバシー を参照してください。For more information about how Windows diagnostic data is used, see Diagnostics, feedback, and privacy in Windows 10.

診断データを通じてユーザーのご意見を Microsoft に伝えるDiagnostic data gives users a voice

診断データによって、ユーザーはオペレーティング システムの開発と継続的な品質向上に関する声を Microsoft に届けることができます。Diagnostic data gives every user a voice in the operating system’s development and ongoing improvement. これを基に、Microsoft では、実際の環境における Windows 10 および Windows Server の動作を把握して、ユーザーの優先事項に重点的に取り組み、消費者および企業のお客様に役立つ意思決定を行います。It helps us understand how Windows 10 and Windows Server behaves in the real world, focus on user priorities, and make informed decisions that benefit both consumer and enterprise customers. 以降のセクションでは、これらの利点の実際の例を示します。The following sections offer real examples of these benefits.

アプリとドライバーの品質向上Improve app and driver quality

Microsoft では、診断データを収集し、Windows と Windows Server の改良を促進できるため、アプリとデバイス ドライバーの品質レベルを上げることができます。Our ability to collect diagnostic data that drives improvements to Windows and Windows Server helps raise the bar for app and device driver quality. 診断データは、Windows で使用するアプリおよびデバイス ドライバーに関する重大な信頼性とセキュリティの問題を迅速に識別して修正する際に役立ちます。Diagnostic data helps us to quickly identify and fix critical reliability and security issues with apps and device drivers used on Windows. たとえば、特定のバージョンのビデオ ドライバーを使用しているデバイスでハングするアプリを識別し、アプリとデバイス ドライバーのベンダーと Microsoft が協力して問題をすばやく修正できます。For example, we can identify an app that hangs on devices using a specific version of a video driver, allowing us to work with the app and device driver vendor to quickly fix the issue. その結果、ダウンタイムとコストが削減され、これらの問題のトラブルシューティングに関連する生産性が向上します。The result is less downtime and reduced costs and increased productivity associated with troubleshooting these issues.

たとえば、Windows 10 の初期には、特定のバージョンのビデオ ドライバーが一部のデバイスでクラッシュし、デバイスを再起動しなければならないという状況がありました。For example, in an earlier version of Windows 10 there was a version of a video driver that was crashing on some devices, causing the device to restart. この場合は、診断データで問題が検出されたため、ビデオ ドライバーを作成するサード パーティの開発者にすぐに連絡を取りました。We detected the problem in our diagnostic data, and immediately contacted the third-party developer who builds the video driver. 開発者と協力して、24 時間以内には更新されたドライバーを Windows Insider に提供しました。Working with the developer, we provided an updated driver to Windows Insiders within 24 hours. Windows Insider のデバイスの診断データに基づいて、新しいバージョンのビデオ ドライバーを検証できたため、翌日には更新プログラムを一般公開しました。Based on diagnostic data from the Windows Insiders’ devices, we were able to validate the new version of the video driver and rolled it out to the broad public as an update the next day. 診断データのおかげで、この問題をたった 48 時間で検出、修正、および解決できたため、ユーザー エクスペリエンスが向上し、コストのかかるサポートへの問い合わせが削減されました。Diagnostic data helped us find, fix, and resolve this problem in just 48 hours, providing a better user experience and reducing costly support calls.

エンド ユーザーの生産性の向上Improve end-user productivity

Windows 診断データは、オペレーティング システムの機能と関連サービスをお客様がどのように使用する (または使用しない) かを Microsoft が詳細に把握する場合にも役立ちます。Windows diagnostic data also helps Microsoft better understand how customers use (or do not use) the operating system’s features and related services. このデータから得られる情報を使用すると、お客様のエクスペリエンスに直接影響する技術的な作業の優先順位を設定できます。The insights we gain from this data helps us prioritize our engineering effort to directly impact our customers’ experiences. これらの例では、Microsoft が診断データを使用して、組織における従業員の生産性を向上し、ヘルプ デスクへの問い合わせ件数を減らすために役立つ機能を構築または強化する方法を示しています。These examples show how the use of diagnostic data enables Microsoft to build or enhance features which can help organizations increase employee productivity while lowering help desk calls.

  • スタート メニュー。Start menu. ユーザーがスタート メニューのレイアウトをどのように変更しているか、How do people change the Start menu layout? 他のアプリをスタート メニューにピン留めしているか、Do they pin other apps to it? 頻繁にピン留めを外すアプリがあるかどうか、などを確認します。Are there any apps that they frequently unpin? このデータセットを使用してスタート メニューの既定のレイアウトを調整し、ユーザーが初めてデバイスの電源を入れたときに、ユーザーの期待をより反映したメニューが表示されるようにします。We use this dataset to adjust the default Start menu layout to better reflect people’s expectations when they turn on their device for the first time.

  • Cortana。Cortana. 診断データを使用してクラウド サービスのスケーラビリティを監視し、検索パフォーマンスを向上します。We use diagnostic data to monitor the scalability of our cloud service, improving search performance.

  • アプリケーションの切り替え。Application switching. 以前のバージョンの Windows の調査によると、ユーザーがアプリを切り替える際には Alt + Tab キーがほとんど使用されていませんでした。Research and observations from earlier Windows versions showed that people rarely used Alt+Tab to switch between apps. 一部のユーザーとこの点について話し合ったところ、Alt + Tab キーの機能は高い生産性を発揮するという回答を得られつつも、以前はこの機能を知らなかったということがわかりました。After discussing this with some users, we learned they loved the feature, saying that it would be highly productive, but they did not know about it previously. この情報に基づき、Windows 10 では、[タスク ビュー] ボタンを作成してこの機能を見つけやすくしました。Based on this, we created the Task View button in Windows 10 to make this feature more discoverable. 後の診断データによると、この機能の使用率は大幅に向上しました。Later diagnostic data showed significantly higher usage of this feature.

Microsoft での診断データの取り扱いHow Microsoft handles diagnostic data

Microsoft が診断データをどのように処理しているかについては、次のセクションを参照してください。Use the following sections to learn more about how Microsoft handles diagnostic data.

データ収集Data collection

デバイスの診断データの設定に応じて、次の方法で診断データを収集できます:Depending on the diagnostic data settings on the device, diagnostic data can be collected via the following methods:

  • 接続ユーザー エクスペリエンスおよびテレメトリ コンポーネントによって管理される、診断データ イベントと呼ばれる構造化された情報の小さなペイロード。Small payloads of structured information referred to as diagnostic data events, managed by the Connected User Experiences and Telemetry component.

  • 接続ユーザー エクスペリエンスおよびテレメトリ コンポーネントによって管理される、その他のトラブルシューティングの診断ログ。Diagnostic logs for additional troubleshooting, also managed by the Connected User Experience and Telemetry component.

  • Windows エラー報告 によって管理される、クラッシュ レポートおよびクラッシュ ダンプ。Crash reporting and crash dumps, managed by Windows Error Reporting.

この文書の後半では、収集されるデータを制御する方法と、各種の診断データに含めることができるデータについて詳しく説明します。Later in this document we provide further details about how to control what’s collected and what data can be included in these different types of diagnostic data.

データ転送Data transmission

すべての診断データは TLS を使用して暗号化され、デバイスから Microsoft データ管理サービスに転送される間は証明書のピン留めが使用されます。All diagnostic data is encrypted using TLS and uses certificate pinning during transfer from the device to the Microsoft data management services.

エンドポイントEndpoints

次の表は、診断データの収集と制御を管理する方法に関連するエンドポイントを示しています。The following table lists the endpoints related to how you can manage the collection and control of diagnostic data. Microsoft にデータを戻すために使用されるエンドポイントの詳細については、Windows 10 Enterprise バージョン 1903 の接続のエンドポイントの管理 を参照してください。For more information around the endpoints that are used to send data back to Microsoft, see Manage connection endpoints for Windows 10 Enterprise, version 1903.

Windows サービスWindows service エンドポイントEndpoint
接続ユーザー エクスペリエンスおよびテレメトリConnected User Experiences and Telemetry v10.events.data.microsoft.comv10.events.data.microsoft.com

v10c.events.data.microsoft.comv10c.events.data.microsoft.com

v10.vortex-win.data.microsoft.comv10.vortex-win.data.microsoft.com
Windows エラー報告Windows Error Reporting watson.telemetry.microsoft.comwatson.telemetry.microsoft.com

watson.microsoft.comwatson.microsoft.com

umwatsonc.telemetry.microsoft.comumwatsonc.telemetry.microsoft.com

umwatsonc.events.data.microsoft.comumwatsonc.events.data.microsoft.com

*-umwatsonc.events.data.microsoft.com*-umwatsonc.events.data.microsoft.com

ceuswatcab01.blob.core.windows.netceuswatcab01.blob.core.windows.net

ceuswatcab02.blob.core.windows.netceuswatcab02.blob.core.windows.net

eaus2watcab01.blob.core.windows.neteaus2watcab01.blob.core.windows.net

eaus2watcab02.blob.core.windows.neteaus2watcab02.blob.core.windows.net

weus2watcab01.blob.core.windows.netweus2watcab01.blob.core.windows.net

weus2watcab02.blob.core.windows.netweus2watcab02.blob.core.windows.net
認証Authentication login.live.comlogin.live.com



重要: このエンドポイントはデバイスの認証に使用されます。IMPORTANT: This endpoint is used for device authentication. このエンドポイントを無効にすることはお勧めしません。We do not recommend disabling this endpoint.
オンライン クラッシュ ダンプ解析Online Crash Analysis oca.telemetry.microsoft.comoca.telemetry.microsoft.com

oca.microsoft.comoca.microsoft.com

kmwatsonc.telemetry.microsoft.comkmwatsonc.telemetry.microsoft.com

*-kmwatsonc.telemetry.microsoft.com*-kmwatsonc.telemetry.microsoft.com
設定Settings settings-win.data.microsoft.comsettings-win.data.microsoft.com



重要: このエンドポイントは、診断関連の設定とデータ収集のリモート構成に使用されます。IMPORTANT: This endpoint is used to remotely configure diagnostics-related settings and data collection. たとえば、設定エンドポイントを使用して、イベントが Microsoft に送信されるのをリモートでブロックします。For example, we use the settings endpoint to remotely block an event from being sent back to Microsoft. このエンドポイントを無効にすることはお勧めしません。We do not recommend disabling this endpoint. このエンドポイントは Windows 診断データをアップロードしませんThis endpoint does not upload Windows diagnostic data

データ アクセスData access

診断データへのアクセスは、最小限の特権アクセスの原則に従って行われます。The principle of least privileged access guides access to Windows diagnostic data. Microsoft では、お客様から指示があった場合や、プライバシーに関する声明に記載されている限られた目的がある場合を除き、お客様の個人データを第三者と共有することはありません。Microsoft does not share personal data of our customers with third parties, except at the customer’s discretion or for the limited purposes described in the Privacy Statement. ただし Microsoft では、集計された匿名の診断データ情報を含むビジネス レポートをハードウェア メーカーやサード パーティのパートナーと共有する場合があります。Microsoft may share business reports with hardware manufacturers and third-party partners that include aggregated and deidentified diagnostic data information. データ共有に関する意思決定は、プライバシー、法律、データ管理などの社内チームによって行われます。Data-sharing decisions are made by an internal team including privacy, legal, and data management.

保持Retention

Microsoft ではデータの最小化という取り組みを行っています。Microsoft believes in and practices data minimization. 必要な情報のみを収集し、サービスの提供や分析に必要である場合に限りその情報を保存するように努めています。We strive to gather only the info we need and to store it only for as long as it’s needed to provide a service or for analysis. データが保持される期間の詳細については、Microsoft のプライバシーに関する声明個人データの保持 というセクションを参照してください。For more information on how long data is retained, see the section named Our retention of personal data in the Microsoft Privacy Statement.

診断データ設定Diagnostic data settings

4 つの診断データ収集設定があります。There are four diagnostic data collection settings. 各設定の詳細については、次のセクションで説明します。Each setting is described in more detail in the sections that follow.

  • 診断データ オフ (セキュリティ)Diagnostic data off (Security)
  • 必須診断データ (基本)Required diagnostic data (Basic)
  • 拡張Enhanced
  • オプションの診断データ (完全)Optional diagnostic data (Full)

各設定に含まれるデータの種類の概要は次のとおりです:Here’s a summary of the types of data that is included with each setting:

診断データ オフ (セキュリティ)Diagnostic data off (Security) 必須 (基本)Required (Basic) 拡張Enhanced オプション (完全)Optional (Full)
診断データ イベントDiagnostic data events Windows 診断データは送信されません。No Windows diagnostic data sent. デバイスをセキュリティで保護された最新の状態に維持し、正常に実行するために必要な最小限のデータ。Minimum data required to keep the device secure, up to date, and performing as expected. 参照した Web サイト、Windows とアプリの使用方法と実行方法、およびデバイスのアクティビティに関する追加データ。Additional data about the websites you browse, how Windows and apps are used and how they perform, and device activity. この追加データは、Microsoft がすべてのユーザーのために製品とサービスを修正および改善するのに役立ちます。The additional data helps Microsoft to fix and improve products and services for all users. 参照した Web サイト、Windows とアプリの使用方法と実行方法に関する追加データ。Additional data about the websites you browse, how Windows and apps are used and how they perform. このデータには、デバイスのアクティビティに関するデータ、および Microsoft がすべてのユーザーのために製品やサービスを修正および改善するのに役立つ拡張エラー報告も含まれます。This data also includes data about device activity, and enhanced error reporting that helps Microsoft to fix and improve products and services for all users.
クラッシュのメタデータCrash Metadata 該当せずN/A Yes Yes ありYes
クラッシュ ダンプCrash Dumps 該当せずN/A なしNo トリアージ ダンプのみTriage dumps only

クラッシュ ダンプの詳細については、Windows エラー報告 を参照してください。For more information about crash dumps, see Windows Error Reporting.
完全なメモリ ダンプFull memory dumps

クラッシュ ダンプの詳細については、Windows エラー報告 を参照してください。For more information about crash dumps, see Windows Error Reporting.
診断ログDiagnostic logs 該当せずN/A なしNo なしNo ありYes
データ収集Data collection 該当せずN/A 100%100% 標本の適用Sampling applies 標本の適用Sampling applies

診断データ オフDiagnostic data off

この設定は以前 セキュリティ としてラベル付けされました。This setting was previously labeled as Security. この設定を構成すると、デバイスから Windows 診断データは送信されません。When you configure this setting, no Windows diagnostic data is sent from your device. この機能は、Windows Server、Windows 10 Enterprise、および Windows 10 Education でのみ使用できます。This is only available on Windows Server, Windows 10 Enterprise, and Windows 10 Education. この設定を選択すると、組織内のデバイスのセキュリティが保護されます。If you choose this setting, devices in your organization will still be secure.

注意

組織が Windows Update を使用している場合は、最小限の推奨設定は 必須診断データ です。If your organization relies on Windows Update, the minimum recommended setting is Required diagnostic data. 診断データがオフの場合 Windows Update に関する情報は収集されないため、更新エラーに関する重要な情報は送信されません。Because no Windows Update information is collected when diagnostic data is off, important information about update failures is not sent. Microsoft では、これらのエラーの原因を修正し、更新プログラムの品質を向上させるために、この情報を使用します。Microsoft uses this information to fix the causes of those failures and improve the quality of our updates.

必須診断データRequired diagnostic data

以前は 基本 とラベル付けされていた必須診断データは、デバイスとその構成を理解するために重要な限られたデータを収集します。Required diagnostic data, previously labeled as Basic, gathers a limited set of data that’s critical for understanding the device and its configuration. このデータは、特定のハードウェアまたはソフトウェアの構成で発生する可能性がある問題を識別するのに役立ちます。This data helps to identify problems that can occur on a specific hardware or software configuration. たとえば、メモリが特定の容量のデバイスや特定のバージョンのドライバーを実行しているデバイスで、より頻繁にクラッシュが発生しているかどうかを確認するのに役立ちます。For example, it can help determine if crashes are more frequent on devices with a specific amount of memory or that are running a specific driver version.

これは各 Windows 10 Education エディションと、Windows 10 Version 1903 以降のすべてのデスクトップ エディションの既定の設定です。This is the default setting for Windows 10 Education editions, as well as all desktop editions starting with Windows 10, version 1903.

必須診断データは次のものを含みます:Required diagnostic data includes:

  • エコシステム内の Windows デバイスの種類と、ネイティブおよび仮想化された Windows Server の構成や種類を把握するために役立つ基本デバイス データ。Basic device data that helps provide an understanding about the types of Windows devices and the configurations and types of native and virtualized Windows Servers in the ecosystem. たとえば、次のような情報が含まれます。Examples include:

    • デバイスの属性 (カメラの解像度やディスプレイの種類など)Device attributes, such as camera resolution and display type
    • バッテリーの属性 (容量や種類など)Battery attributes, such as capacity and type
    • ネットワークの属性 (ネットワーク アダプターの数、ネットワーク アダプターの速度、通信事業者のネットワーク、IMEI 番号など)Networking attributes, such as number of network adapters, speed of network adapters, mobile operator network, and IMEI number
    • プロセッサやメモリの属性 (コアの数、アーキテクチャ、速度、メモリ サイズ、ファームウェアなど)Processor and memory attributes, such as number of cores, architecture, speed, memory size, and firmware
    • 仮想化の属性 (第 2 レベルのアドレス変換 (SLAT) のサポートやゲスト オペレーティング システムなど)Virtualization attribute, such as Second Level Address Translation (SLAT) support and guest operating system
    • オペレーティング システムの属性 (Windows のエディションや仮想化の状態など)Operating system attributes, such as Windows edition and virtualization state
    • ストレージの属性 (ドライブの数、種類、サイズなど)Storage attributes, such as number of drives, type, and size
  • アップロードされたイベント、破棄されたイベント、およびブロックされたイベントの割合、前回のアップロード時刻など、接続ユーザー エクスペリエンスと診断データ コンポーネントの動作状況を把握するのに役立つ品質指標。Quality metrics that helps provide an understanding about how the Connected User Experiences and diagnostic data component is functioning, including % of uploaded events, dropped events, blocked events, and the last upload time.

  • Microsoft が、デバイスとそのオペレーティング システムのパフォーマンスの基本的な事項を理解するのに役立つ品質関連情報。Quality-related information that helps Microsoft develop a basic understanding of how a device and its operating system are performing. たとえば、コネクト スタンバイ デバイスのデバイス特性、クラッシュやハングの数、アプリの状態変化の詳細 (使用されたプロセッサ時間とメモリ、アプリの合計稼働時間など) が含まれます。Some examples are the device characteristics of a Connected Standby device, the number of crashes or hangs, and app state change details, such as how much processor time and memory were used, and the total uptime for an app.

  • デバイスにインストールされているアプリや仮想マシンを把握し、潜在的な互換性の問題を特定するのに役立つ互換性データ。Compatibility data that helps provide an understanding about which apps are installed on a device or virtual machine and identifies potential compatibility problems.

  • デバイスがオペレーティング システムの次期バージョンにアップグレードするための最小要件を満たしているかどうかを理解するのに役立つシステム データ。System data that helps provide an understanding about whether a device meets the minimum requirements to upgrade to the next version of the operating system. システム情報には、プロセッサや BIOS に関する情報と共に、メモリの容量も含まれています。System information includes the amount of memory, as well as information about the processor and BIOS.

  • Windows デバイスに接続されているプリンターや外部記憶装置など、オペレーティング システムの新しいバージョンにアップグレードした後にこれらのデバイスが機能するかどうかの情報を含む、アクセサリ デバイス データのリスト。A list of accessory device data, such as printers or external storage devices, that are connected to Windows devices and whether these devices will function after upgrading to a new version of the operating system.

  • オペレーティング システムの新しいバージョンにアップグレードした後アプリやデバイスが機能するかどうかを理解するのに役立つ、特定のドライバーのアクティビティを含む、ドライバー データ。Driver data that includes specific driver activity that’s meant to help figure out whether apps and devices will function after upgrading to a new version of the operating system. この情報は、ブロックの問題を特定し、Microsoft とそのパートナーが修正プログラムや機能強化を適用するのに役立ちます。This can help to determine blocking issues and then help Microsoft and our partners apply fixes and improvements.

  • アプリのダウンロード、インストール、更新の回数など、Microsoft Store のパフォーマンスに関する情報。Information about how the Microsoft Store performs, including app downloads, installations, and updates. Microsoft Store の起動回数、ページ ビュー数、一時停止と再開の回数、ライセンスの取得数も含まれます。It also includes Microsoft Store launches, page views, suspend and resumes, and obtaining licenses.

拡張診断データEnhanced diagnostic data

注意

4 つの診断データの制御から、診断データをオフ必須オプション の 3 つに移行することで、診断データの制御を簡素化します。We’re simplifying your diagnostic data controls by moving from four diagnostic data controls to three: Diagnostic data off, Required, and Optional. 拡張診断データ レベルを変更する。making changes to the enhanced diagnostic data level. この変更の詳細については、診断データへの変更 を参照してください。For more info about this change, see Changes to Windows diagnostic data.

拡張診断データは、参照した Web サイト、Windows とアプリの使用方法と実行方法、およびデバイスのアクティビティに関するデータを含みます。Enhanced diagnostic data includes data about the websites you browse, how Windows and apps are used and how they perform, and device activity. この追加データは、Microsoft がすべてのユーザーのために製品とサービスを修正および改善するのに役立ちます。The additional data helps Microsoft to fix and improve products and services for all users. 拡張診断データの送信を選択すると、必須診断データが常に含まれ、次の追加情報が収集されます:When you choose to send enhanced diagnostic data, required diagnostic data will always be included, and we collect the following additional information:

  • ネットワーク、Hyper-V、Cortana、ストレージ、ファイル システム、その他のコンポーネントなど、オペレーティング システムのさまざまな領域の情報を取得するのに役立つオペレーティング システム イベント。Operating system events that help to gain insights into different areas of the operating system, including networking, Hyper-V, Cortana, storage, file system, and other components.

  • サーバー マネージャー、フォト、メール、Microsoft Edge など、Microsoft Store からダウンロードされたか、Windows や Windows Server と共にプリインストールされている Microsoft アプリや管理ツールが原因で発生したオペレーティング システム アプリ イベント。Operating system app events resulting from Microsoft apps and management tools that were downloaded from the Microsoft Store or pre-installed with Windows or Windows Server, including Server Manager, Photos, Mail, and Microsoft Edge.

  • Surface Hub や Microsoft HoloLens など、特定のデバイスに固有のデバイス固有イベント。Device-specific events that are specific to certain devices, such as Surface Hub and Microsoft HoloLens. たとえば、Microsoft HoloLens はホログラフィック処理ユニット (HPU) 関連イベントを送信します。For example, Microsoft HoloLens sends Holographic Processing Unit (HPU)-related events.

  • ヒープ ダンプと完全ダンプを除く、すべての種類のクラッシュ ダンプです。All crash dump types, except for heap dumps and full dumps. クラッシュ ダンプの詳細については、Windows エラー報告 を参照してください。For more information about crash dumps, see Windows Error Reporting.

オプションの診断データOptional diagnostic data

以前は 完全 とラベル付けされていたオプションの診断データには、デバイスとその設定、機能、デバイス正常性に関する詳細な情報が表示されます。Optional diagnostic data, previously labeled as Full, includes more detailed information about your device and its settings, capabilities, and device health. オプションの診断データには、参照した Web サイト、デバイスのアクティビティに関するデータ、および Microsoft がすべてのユーザーのために製品やサービスを修正および改善するのに役立つ拡張エラー報告も含まれます。Optional diagnostic data also includes data about the websites you browse, device activity, and enhanced error reporting that helps Microsoft to fix and improve products and services for all users. オプションの診断データの送信を選択すると、必須診断データが常に含まれ、次の追加情報が収集されます:When you choose to send optional diagnostic data, required diagnostic data will always be included, and we collect the following additional information:

  • 必須診断データによって収集されたその他のデバイス、接続、および構成に関する追加データ。Additional data about the device, connectivity, and configuration, beyond that collected under required diagnostic data.

  • 必須診断データによって収集される内容を超える、オペレーティング システムおよびその他のシステム コンポーネントの正常性に関する状態とログ情報。Status and logging information about the health of operating system and other system components beyond what is collected under required diagnostic data.

  • デバイスで起動されたプログラム、実行時間、入力に応答する速度などのアプリ アクティビティ。App activity, such as which programs are launched on a device, how long they run, and how quickly they respond to input.

  • Microsoft ブラウザー (Microsoft Edge または Internet Explorer) の閲覧の履歴や検索条件を含むブラウザー アクティビティ。Browser activity, including browsing history and search terms, in Microsoft browsers (Microsoft Edge or Internet Explorer).

  • システムやアプリがクラッシュしたときのデバイスのメモリの状態を含む拡張エラー報告 (この中には、問題の発生時に使用していたファイルの一部などのユーザー コンテンツが意図せず含められる場合があります)。Enhanced error reporting, including the memory state of the device when a system or app crash occurs (which may unintentionally contain user content, such as parts of a file you were using when the problem occurred). クラッシュ データは、カスタマイズされたエクスペリエンスには使われません。Crash data is never used for Tailored experiences.

注意

オプションの診断データで収集されたクラッシュ ダンプには、文書や Web ページが格納されたメモリの一部など、個人データが意図せずに含まれることがあります。Crash dumps collected in optional diagnostic data may unintentionally contain personal data, such as portions of memory from a document and a web page. クラッシュ ダンプの詳細については、Windows エラー報告 を参照してください。For more information about crash dumps, see Windows Error Reporting.

エンタープライズ診断データの管理Manage enterprise diagnostic data

組織内で Windows および Windows Server の診断データ設定を構成するには、このセクションの手順を使用します。Use the steps in this section to configure the diagnostic data settings for Windows and Windows Server in your organization.

重要

これらの診断データ設定は、Windows オペレーティング システムの一部と見なされるコンポーネント、機能、アプリにのみ適用されます。These diagnostic data settings only apply to components, features, and apps that are considered a part of the Windows operating system. お客様がインストールするサードパーティ製のアプリや Microsoft Office などの他の Microsoft アプリも、独自の制御を使用して診断データを収集して送信する場合があります。Third-party apps and other Microsoft apps, such as Microsoft Office, that customers install may also collect and send diagnostic data using their own controls. アプリ ベンダーの診断データのポリシーおよびオプトインやオプトアウトの方法については、アプリ ベンダーにお問い合わせください。Microsoft Office での診断データの使用方法について詳しくは、Microsoft 365 Apps for enterprise のプライバシー コントロールの概要 をご覧ください。You should work with your app vendors to understand their diagnostic data policy, and how you can opt in or opt out. For more information on how Microsoft Office uses diagnostic data, see Overview of privacy controls for Microsoft 365 Apps for enterprise. Windows 診断データではない Windows データの収集を制御する場合は、Windows オペレーティング システム コンポーネントから Microsoft サービスへの接続を管理する を参照してください。If you would like to control Windows data collection that is not Windows diagnostic data, see Manage connections from Windows operating system components to Microsoft services.

グループ ポリシー、MDMなど、既に使用している管理ツールを使って、デバイスの診断データ設定を構成できます。You can configure your device's diagnostic data settings using the management tools you’re already using, such as Group Policy or MDM.

管理ポリシーを構成する場合は、次の表の適切な値を使用します。Use the appropriate value in the table below when you configure the management policy.

カテゴリCategory Value
診断データ オフ (セキュリティ)Diagnostic data off (Security) 00
必須 (基本)Required (Basic) 11
拡張Enhanced 22
オプション (完全)Optional (Full) 33

注意

コンピューターの構成ポリシーとユーザーの構成ポリシーの両方が設定されている場合は、より制限の厳しいポリシーが使用されます。When both the Computer Configuration policy and User Configuration policies are set, the more restrictive policy is used.

グループ ポリシーを使用して診断データの収集を管理するUse Group Policy to manage diagnostic data collection

組織の診断データを設定するには、グループ ポリシーを使用します。You can use Group Policy to set your organization’s diagnostic data setting:

  1. グループ ポリシー管理コンソールから、 [コンピューターの構成] > [管理用テンプレート] > [Windows コンポーネント] > [データの収集とプレビュー ビルド]From the Group Policy Management Console, go to Computer Configuration > Administrative Templates > Windows Components > Data Collection and Preview Builds.

  2. [利用統計情報の許可] をダブルクリックします。Double-click Allow Telemetry.

    注意

    組織のデバイスで Windows 10、1803 以降を実行している場合でも、診断データのオプトイン設定の構成ユーザー インターフェイス ポリシーが設定されている場合を除き、[設定] を使用して診断データ設定をさらに制限の厳しい値に設定することができます。If devices in your organization are running Windows 10, 1803 and newer, the user can still use Settings to set the diagnostic data setting to a more restrictive value, unless the Configure diagnostic data opt-in settings user interface policy is set.

  3. [オプション] ボックスで、構成する設定を選び、[OK] をクリックします。In the Options box, choose the setting that you want to configure, and then click OK.

MDM を使用して診断データの収集を管理するUse MDM to manage diagnostic data collection

ポリシー構成サービス プロバイダー (CSP) を使用して、MDM ポリシー System/AllowTelemetry を適用します。Use Policy Configuration Service Provider (CSP) to apply the System/AllowTelemetry MDM policy.

Desktop Analytics のオプションの診断データを制限するLimit optional diagnostic data for Desktop Analytics

診断データを Desktop Analytics で必要な最小限に制限する方法の詳細については、Desktop Analyticsのデータ共有を有効にする を参照してください。For more information about how to limit the diagnostic data to the minimum required by Desktop Analytics, see Enable data sharing for Desktop Analytics.

単一サーバーのプライバシー設定を変更するChange privacy settings on a single server

Azure Stack HCI オペレーティング システムまたは Windows Server のいずれかを実行しているサーバーでプライバシー設定を変更することもできます。You can also change the privacy settings on a server running either the Azure Stack HCI operating system or Windows Server. 詳細については、「Change privacy settings on individual servers (個々のサーバーのプライバシー設定を変更する)」を参照してください。For more information, see Change privacy settings on individual servers.

企業全体でプライバシー設定を管理するには、「エンタープライズ診断データの管理」を参照してください。To manage privacy settings in your enterprise as a whole, see Manage enterprise diagnostic data.