Windows 10 バージョン 1709 以降のオプションの診断データWindows 10, version 1709 and newer optional diagnostic data

適用対象:Applies to:

  • Windows 10 Version 1909Windows 10, version 1909
  • Windows 10 Version 1903Windows 10, version 1903
  • Windows 10 Version 1809Windows 10, version 1809
  • Windows 10 Version 1803Windows 10, version 1803
  • Windows 10 Version 1709Windows 10, version 1709

Microsoft では、Windows を安全かつ最新の状態に保つ、問題をトラブルシューティングする、製品の機能強化を行う目的で Windows 診断データを利用します。Microsoft uses Windows diagnostic data to keep Windows secure and up-to-date, troubleshoot problems, and make product improvements. "カスタマイズされたエクスペリエンス" を有効にしているユーザーに対しては、各自のニーズに合わせて Microsoft 製品やサービスを強化するためのカスタマイズされたヒント、広告、推奨情報を提供するために、診断データを利用することもできます。For users who have turned on "Tailored experiences", it can also be used to offer you personalized tips, ads, and recommendations to enhance Microsoft products and services for your needs. この記事では、"完全" レベルで収集されるすべての種類の診断データ ("基本" レベルで収集されるデータを含む) について、種類ごとにデータの例を幅広く取り上げながら説明します。This article describes all types of diagnostic data collected by Windows at the Full level (inclusive of data collected at Basic), with comprehensive examples of data we collect per each type. 基本データ項目の詳細な技術説明については、「Windows 10 バージョン 2004 で必要な診断イベントとフィールド」を参照してください。For additional, detailed technical descriptions of Basic data items, see Windows 10, version 2004 required diagnostic events and fields.

さらに、この記事では、「ISO/IEC 19944:2017 Information technology -- Cloud computing -- Cloud services and devices: Data flow, data categories and data use」に示されているデータの種類や例と同等の定義に関するリファレンスも提供します。In addition, this article provides references to equivalent definitions for the data types and examples from ISO/IEC 19944:2017 Information technology -- Cloud computing -- Cloud services and devices: Data flow, data categories and data use. データの種類ごとに、この標準で定義されている用語を使用して、デバイスでの診断やエクスペリエンスのカスタマイズにおけるデータの用途に関する声明も示します。Each data type also has a Data Use statement, for diagnostics and for Tailored experiences on the device, using the terms as defined by the standard. これらのデータの用途に関する声明では、このドキュメントの最後に示されている一貫した定義を使用し、ISO 標準に基づいて、Microsoft が各種の Windows 診断データを処理する目的を定義します。These Data Use statements define the purposes for which Microsoft processes each type of Windows diagnostic data, using a uniform set of definitions referenced at the end of this document and based on the ISO standard. ISO 標準のリファレンスによって、収集される情報についてさらに深く理解し、この標準を参照する他のサービスやガイダンスと容易に比較できます。Reference to the ISO standard provides additional clarity about the information collected, and allows easy comparison with other services or guidance that also references the standard.

この記事で取り上げるデータは、次の種類にグループ化されています。The data covered in this article is grouped into the following types:

  • 共通データ拡張 (診断ヘッダー情報)Common data extensions (diagnostic header information)
  • デバイス、接続、構成に関するデータDevice, Connectivity, and Configuration data
  • 製品とサービスの使用状況データProduct and Service Usage data
  • 製品とサービスのパフォーマンス データProduct and Service Performance data
  • ソフトウェアのセットアップとインベントリに関するデータSoftware Setup and Inventory data
  • 閲覧の履歴データBrowsing History data
  • 手描き入力、タイピング、音声認識に関するデータInking, Typing, and Speech Utterance data

共通データ拡張Common data extensions

ほとんどの診断イベントには、共通データのヘッダーが含まれています。Most diagnostic events contain a header of common data. 各例で、かっこで囲まれた情報は、ISO/IEC 19944:2017 と同等の定義を提供します。In each example, the info in parentheses provides the equivalent definition for ISO/IEC 19944:2017.

共通データ拡張の用途 ヘッダー データはすべての診断イベントに関連付けられているデータの用途をサポートしています。Data Use for Common data extensions Header data supports the use of data associated with all diagnostic events. そのため、共通データは、Windows 10 を提供するために使用され、各データ カテゴリの「データの用途」の声明で説明されている用途に基づいて、Microsoft およびサード パーティの製品やサービスの機能強化パーソナル設定推奨提案、または販売促進に使用される場合があります。Therefore, Common data is used to provide Windows 10, and may be used to improve, personalize, recommend, offer, or promote Microsoft and third-party products and services, depending on the uses described in the Data Use statements for each data category.

共通データ拡張の種類に含まれるデータの説明Data Description for Common data extensions type

共通データ拡張の種類Common data extensions type

ほとんどの診断イベントに追加される情報 (関連があって利用可能な場合)。次のようなものがあります。Information that is added to most diagnostic events, if relevant and available:

  • サンプル データの診断レベル ("基本" または "完全" のサンプル レベル)。このデバイスで選択されているサンプル レベルを示します (8.2.3.2.4 Observed Usage of the Service Capability)。Diagnostic level -- Basic or Full, Sample level -- for sampled data, what sample level is this device opted into (8.2.3.2.4 Observed Usage of the Service Capability)
  • オペレーティング システムの名前、バージョン、ビルド、ロケール (8.2.3.2.2 Telemetry data)。Operating system name, version, build, and locale (8.2.3.2.2 Telemetry data)
  • イベントの収集時刻 (8.2.3.2.2 Telemetry data)。Event collection time (8.2.3.2.2 Telemetry data)
  • ユーザー ID - ユーザーの Microsoft アカウント (使われている場合) またはローカル アカウントに関連付けられた一意識別子。User ID -- a unique identifier associated with the user's Microsoft Account (if one is used) or local account. "基本" の診断データを送信するように構成されたデバイスでは、ユーザーの Microsoft アカウント ID は収集されません (8.2.5 Account data)。The user's Microsoft Account identifier is not collected from devices configured to send Basic - diagnostic data (8.2.5 Account data)
  • Xbox ユーザー ID (8.2.5 Account data)。Xbox UserID (8.2.5 Account data)
  • デバイス ID - ユーザーが指定したデバイス名ではなく、そのデバイスの一意の ID です Device ID -- This is not the user provided device name, but an ID that is unique for that device. (8.2.3.2.3 Connectivity data)。(8.2.3.2.3 Connectivity data)
  • デバイス クラス - デスクトップ、サーバー、またはモバイル (8.2.3.2.3 Connectivity data)。Device class -- Desktop, Server, or Mobile (8.2.3.2.3 Connectivity data)
  • イベントが記録された環境 - イベントを記録したアプリまたはコンポーネントのアプリケーション ID、セッション GUID。Environment from which the event was logged -- Application ID of app or component that logged the event, Session GUID. アプリが実行されている期間やオペレーティング システムの起動と起動の期間など、一定の期間のイベントを追跡するために使われます (8.2.4 Cloud service provider data)。Used to track events over a given period of time, such as the amount of time an app is running or between boots of the operating system (8.2.4 Cloud service provider data)
  • 診断イベント名、イベント ID、ETW オペコード、バージョン、スキーマ署名、キーワード、フラグ (8.2.4 Cloud service provider data)。Diagnostic event name, Event ID, ETW opcode, version, schema signature, keywords, and flags (8.2.4 Cloud service provider data)
  • IP アドレスを含む HTTP ヘッダー情報。HTTP header information, including the IP address. この IP アドレスは、デバイスの IP アドレスではなく、診断インジェスト サービスが受け取ったネットワーク パケット ヘッダーによって提供される送信元アドレスです (8.2.4 Cloud service provider data)。This IP address is the source address that’s provided by the network packet header and received by the diagnostics ingestion service (8.2.4 Cloud service provider data)
  • 関係のあるイベントを相互に関連付けて並べるために使われるさまざまな ID (8.2.4 Cloud service provider data)。Various IDs that are used to correlate and sequence related events together (8.2.4 Cloud service provider data)

デバイス、接続、構成に関するデータDevice, Connectivity, and Configuration data

この種類のデータには、デバイスに関する詳細、デバイスの構成と接続機能、および状態が含まれています。This type of data includes details about the device, its configuration and connectivity capabilities, and status. デバイス、接続、構成に関するデータは、「ISO/IEC 19944:2017, 8.2.3.2.3 Connectivity data」に相当します。Device, Connectivity, and Configuration Data is equivalent to ISO/IEC 19944:2017, 8.2.3.2.3 Connectivity data.

デバイス、接続、構成に関するデータの用途Data Use for Device, Connectivity, and Configuration data

診断の場合:For Diagnostics:
Windows 10 からの仮名化されたデバイス、接続、構成に関するデータは、Microsoft によって、Windows 10 や関連する Microsoft 製品やサービスを提供および機能強化するために使用されます。Pseudonymized Device, Connectivity, and Configuration data from Windows 10 is used by Microsoft to provide and improve Windows 10 and related Microsoft products and services. 以下に例を示します。For example:

  • デバイス、接続、構成に関するデータを使用して、デバイスで発生するエラーの一因となり得る固有のデバイス特性を理解し、パターンを識別して、固有のハードウェア、機能、設定のデバイスに影響する問題をより迅速に解決します。Device, Connectivity, and Configuration data is used to understand the unique device characteristics that can contribute to an error experienced on the device, to identify patterns, and to more quickly resolve problems that impact devices with unique hardware, capabilities, or settings. 以下に例を示します。For example:

    • デバイスでの携帯ネットワーク モデムの使用とその構成に関するデータは、携帯ネットワーク モデムの問題のトラブルシューティングに使用されます。Data about the use of cellular modems and their configuration on your devices is used to troubleshoot cellular modem issues.
    • デバイスでの USB ハブの使用とその構成に関するデータは、USB ハブの問題のトラブルシューティングに使用されます。Data about the use of USB hubs use and their configuration on your devices is used to troubleshoot USB hub issues.
    • 接続されている Bluetooth デバイスの使用に関するデータは、Bluetooth デバイスとの互換性の問題のトラブルシューティングに使用されます。Data about the use of connected Bluetooth devices is used to troubleshoot compatibility issues with Bluetooth devices.
  • オペレーティング システムのバージョンや使用可能なメモリなどの、デバイスのプロパティに関するデータは、デバイスが Windows の更新プログラムを受信する予定であるかどうかや、更新プログラムを受信できるかどうかを特定するために使用されます。Data about device properties, such as the operating system version and available memory, is used to determine whether the device is due to, and able to, receive a Windows update.

  • デバイスの周辺機器に関するデータは、Windows の更新プログラムにより悪影響を受ける可能性があるドライバーがデバイスにインストールされているかどうかを特定するために使用されます。Data about device peripherals is used to determine whether a device has installed drivers that might be negatively impacted by a Windows update.

  • ユーザーによって最も使用されているデバイス、周辺機器、設定に関するデータは、最も多くの Windows 10 ユーザーに最も良い影響を及ぼす Windows 10 の機能強化の優先順位を設定するために使用されます。Data about which devices, peripherals, and settings are most-used by customers, is used to prioritize Windows 10 improvements to determine the greatest positive impact to the most Windows 10 users.

エクスペリエンスのカスタマイズ (オプション) の場合:With (optional) Tailored experiences:
ユーザーがデバイスでエクスペリエンスのカスタマイズを有効にしている場合、Windows 10 からの仮名化されたデバイス、接続、構成に関するデータは、Microsoft によって、Windows 10 ユーザーに対して Microsoft 製品およびサービスをパーソナル設定推奨提案するために使用されます。If a user has enabled Tailored experiences on the device, Pseudonymized Device, Connectivity, and Configuration data from Windows 10 is used by Microsoft to personalize, recommend, and offer Microsoft products and services to Windows 10 users. また、ユーザーがデバイスでエクスペリエンスのカスタマイズを有効にしている場合、Windows 10 からの仮名化されたデバイス、接続、構成に関するデータは、Microsoft によって、Windows 10 ユーザーに対してサード パーティの Windows アプリ、サービス、ハードウェア、周辺機器を販売促進するために使用されます。Also, if a user has enabled Tailored experiences on the device, Pseudonymized Device, Connectivity, and Configuration data from Windows 10 is used by Microsoft to promote third-party Windows apps, services, hardware, and peripherals to Windows 10 users. 以下に例を示します。For example:

  • デバイスのプロパティと機能に関するデータは、最適なパフォーマンスとユーザー エクスペリエンスを実現するためのデバイスの使用方法や構成方法に関するヒントを提供するために使用されます。Data about device properties and capabilities is used to provide tips about how to use or configure the device to get the best performance and user experience.

  • デバイスの機能 (デバイスがペンに対応しているかどうかなど) に関するデータは、デバイスに適した (Microsoft およびサード パーティ製の) アプリを推奨するために使用されます。Data about device capabilities, such as whether the device is pen-enabled, is used to recommend (Microsoft and third-party) apps that are appropriate for the device. これは無料アプリの場合も、有料アプリの場合もあります。These may be free or paid apps.
     

デバイス、接続、構成に関するデータの説明Data Description for Device, Connectivity, and Configuration data type

デバイス プロパティ サブタイプ: オペレーティング システムとデバイス ハードウェアに関する情報Device properties sub-type: Information about the operating system and device hardware

  • オペレーティング システム - バージョン名、エディションOperating system - version name, edition
  • インストールの種類、サブスクリプションの状態、正規のオペレーティング システムかどうかの状態Installation type, subscription status, and genuine operating system status
  • プロセッサ アーキテクチャ、速度、コアの数、製造元、モデルProcessor architecture, speed, number of cores, manufacturer, and model
  • OEM の詳細 - 製造元、モデル、シリアル番号OEM details --manufacturer, model, and serial number
  • デバイス識別子と Xbox シリアル番号Device identifier and Xbox serial number
  • ファームウェア/BIOS オペレーティング システム - 種類、製造元、モデル、バージョンFirmware/BIOS operating system -- type, manufacturer, model, and version
  • メモリ - 合計メモリ、ビデオ メモリ、速度、デバイスがメモリを予約した後に利用できるメモリ容量Memory -- total memory, video memory, speed, and how much memory is available after the device has reserved memory
  • ストレージ - 合計容量とディスクの種類Storage -- total capacity and disk type
  • バッテリ - 充電容量と InstantOn のサポートBattery -- charge capacity and InstantOn support
  • ハードウェア シャーシの種類、色、フォーム ファクターHardware chassis type, color, and form factor
  • 仮想マシンかどうかIs this a virtual machine?

デバイス機能サブタイプ: デバイスの機能に関する情報Device capabilities sub-type: Information about the capabilities of the device

  • カメラ - デバイスに前面カメラ、背面カメラ、またはその両方が搭載されているかどうかCamera -- whether the device has a front facing camera, a rear facing camera, or both.
  • タッチ スクリーン - デバイスにタッチ スクリーンが搭載されているかどうか。Touch screen -- Whether the device has a touch screen? 搭載されている場合はサポートされているハードウェア タッチ ポイントの数If yes, how many hardware touch points are supported?
  • プロセッサの機能 - CompareExchange128、LahfSahf、NX、PrefetchW、SSE2Processor capabilities -- CompareExchange128, LahfSahf, NX, PrefetchW, and SSE2
  • トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) - TPM が存在するかどうか、存在する場合はバージョンTrusted Platform Module (TPM) -- whether a TPM exists and if yes, what version
  • 仮想化ハードウェア - IOMMU が存在するかどうか、SLAT サポートが含まれているかどうか、ファームウェアで仮想化が有効になっているかどうかVirtualization hardware -- whether an IOMMU exists, whether it includes SLAT support, and whether virtualization is enabled in the firmware
  • 音声 - 音声操作がサポートされているかどうか、アクティブなマイクの数Voice -- whether voice interaction is supported and the number of active microphones
  • ディスプレイの数、解像度、DPINumber of displays, resolutions, and DPI
  • ワイヤレス機能Wireless capabilities
  • OEM またはプラットフォームの顔検出OEM or platform face detection
  • OEM またはプラットフォームのビデオ手ブレ補正と品質レベル セットOEM or platform video stabilization and quality-level set
  • 高度なカメラ キャプチャ モード (HDR と低光量)、OEM とプラットフォーム実装、HDR の確率、低光量の確率Advanced Camera Capture mode (HDR versus Low Light), OEM versus platform implementation, HDR probability, and Low Light probability

デバイス設定サブタイプ: デバイス設定とユーザー設定に関する情報Device preferences and settings sub-type: Information about the device settings and user preferences

  • ユーザー設定 - システム、デバイス、ネットワークとインターネット、個人用設定、Cortana、アプリ、アカウント、時刻と言語、ゲーム、簡単操作、プライバシー、更新とセキュリティUser Settings -- System, Device, Network & Internet, Personalization, Cortana, Apps, Accounts, Time & Language, Gaming, Ease of Access, Privacy, Update & Security
  • ユーザー指定のデバイス名User-provided device name
  • デバイスがドメインに参加しているかどうか、またはクラウド ドメインに参加しているかどうか (会社が管理しているネットワークの一部かどうかなど)Whether device is domain-joined, or cloud-domain joined (for example, part of a company-managed network)
  • ドメイン名のハッシュ表現Hashed representation of the domain name
  • MDM (モバイル デバイス管理) の登録の設定と状態MDM (mobile device management) enrollment settings and status
  • BitLocker、セキュア ブート、暗号化の設定と状態BitLocker, Secure Boot, encryption settings, and status
  • Windows Update の設定と状態Windows Update settings and status
  • 開発者によるロック解除の設定と状態Developer Unlock settings and status
  • 既定のアプリの選択Default app choices
  • 既定のブラウザーの選択Default browser choice
  • アプリ、入力、キーボード、音声認識、表示に使われる既定の言語の設定Default language settings for app, input, keyboard, speech, and display
  • アプリ ストアの更新設定App store update settings
  • エンタープライズ OrganizationID、業務用 IDEnterprise OrganizationID, Commercial ID

デバイス周辺機器サブタイプ: デバイスの周辺機器に関する情報Device peripherals sub-type: Information about the peripherals of the device

  • 周辺機器の名前、デバイス モデル、クラス、製造元、説明Peripheral name, device model, class, manufacturer, and description
  • 周辺機器の状態、インストール状態、チェックサムPeripheral device state, install state, and checksum
  • ドライバーの名前、パッケージ名、バージョン、製造元Driver name, package name, version, and manufacturer
  • HWID - デバイスとドライバー INF ファイルの照合に使われるハードウェア ベンダー定義の IDHWID - A hardware vendor-defined ID to match a device to a driver INF file
  • ドライバーの状態、問題コード、チェックサムDriver state, problem code, and checksum
  • ドライバーがカーネル モードかどうか、署名されているかどうか、イメージ サイズWhether driver is kernel mode, signed, and image size

デバイス ネットワーク情報サブタイプ: デバイスのネットワーク構成に関する情報Device network info sub-type: Information about the device network configuration

  • ネットワーク システムの機能Network system capabilities
  • ローカル接続またはインターネット接続の状態Local or Internet connectivity status
  • プロキシ、ゲートウェイ、DHCP、DNS の詳細、アドレスProxy, gateway, DHCP, DNS details, and addresses
  • 有料ネットワークであるか、無料ネットワークであるかWhether it's a paid or free network
  • ワイヤレス ドライバーがエミュレートされているかどうかWhether the wireless driver is emulated
  • アクセス ポイント モードに対応しているかどうかWhether it's access point mode-capable
  • アクセス ポイントの製造元、モデル、MAC アドレスAccess point manufacturer, model, and MAC address
  • WDI バージョンWDI Version
  • ネットワーク ドライバー サービスの名前Name of networking driver service
  • Wi-Fi Direct の詳細Wi-Fi Direct details
  • Wi-Fi デバイスのハードウェア ID と製造元Wi-Fi device hardware ID and manufacturer
  • Wi-Fi スキャンの試行回数と項目数Wi-Fi scan attempt and item counts
  • MAC ランダム化がサポートされているかどうか、有効になっているかどうかWhether MAC randomization is supported and enabled
  • サポートされている空間ストリームの数とチャネル周波数Number of supported spatial streams and channel frequencies
  • 手動接続または自動接続が有効かどうかWhether Manual or Auto-connect is enabled
  • 各接続試行の時刻と結果Time and result of each connection attempt
  • 機内モードの状態と試行回数Airplane mode status and attempts
  • 製造元から提供されたインターフェイスの説明Interface description provided by the manufacturer
  • データ転送速度Data transfer rates
  • 暗号アルゴリズムCipher algorithm
  • Mobile Equipment ID (IMEI) と Mobile Country Code (MCCO)Mobile Equipment ID (IMEI) and Mobile Country Code (MCCO)
  • 通信事業者とサービス プロバイダー名Mobile operator and service provider name
  • 利用可能な SSID と BSSIDAvailable SSIDs and BSSIDs
  • IP アドレスの種類 - IPv4 または IPv6IP Address type -- IPv4 or IPv6
  • 信号の品質の割合と変化Signal Quality percentage and changes
  • ホットスポットの存在の検出と成功率Hotspot presence detection and success rate
  • TCP 接続のパフォーマンスTCP connection performance
  • Miracast デバイス名Miracast device names
  • ハッシュ IP アドレスHashed IP address

製品とサービスの使用状況データProduct and Service Usage data

この種類のデータには、デバイス、オペレーティング システム、アプリケーション、サービスの使用状況に関する詳細が含まれます。This type of data includes details about the usage of the device, operating system, applications and services. 製品とサービスの使用状況データは、「ISO/IEC 19944:2017, 8.2.3.2.4 Observed Usage of the Service Capability」に相当します。Product and Service Usage data is equivalent to ISO/IEC 19944:2017, 8.2.3.2.4 Observed Usage of the Service Capability.

製品とサービスの使用状況データの用途Data Use for Product and Service Usage data

診断の場合:For Diagnostics:
Windows 10 からの仮名化された製品とサービスの使用状況データは、Microsoft によって、Windows 10 や関連する Microsoft 製品やサービスを提供および機能強化するために使用されます。Pseudonymized Product and Service Usage data from Windows 10 is used by Microsoft to provide and improve Windows 10 and related Microsoft product and services. 以下に例を示します。For example:

  • エラーが発生したときに使用中である特定のアプリに関するデータは、Windows の機能や Microsoft のアプリに関する問題のトラブルシューティングや修復に使用されます。Data about the specific apps that are in-use when an error occurs is used to troubleshoot and repair issues with Windows features and Microsoft apps.
  • ユーザーによって最も使用されている特定のアプリに関するデータは、最も多くの Windows 10 ユーザーに最も良い影響を及ぼす Windows 10 の機能強化の優先順位を設定するために使用されます。Data about the specific apps that are most-used by customers, is used to prioritize Windows 10 improvements to determine the greatest positive impact to the most Windows 10 users.
  • デバイスで [設定] の [電話] 画面から [おすすめ] をオフにしているかどうかに関するデータは、[おすすめ] の機能を強化するために使用されます。Data about whether devices have Suggestions turned off from the Settings Phone screen is to improve the Suggestions feature.
  • ユーザーがブラウザーで認証プロセスをキャンセルしたかどうかに関するデータは、認証プロセスの問題のトラブルシューティングを実行し、認証プロセスを改善するために使用されます。Data about whether a user canceled the authentication process in their browser is used to help troubleshoot issues with and improve the authentication process.
  • いつ、どの機能が Cortana を起動したかに関するデータは、Cortana の機能強化と技術革新の作業を優先順位を付けるために使用されます。Data about when and what feature invoked Cortana is used to prioritize efforts for improvement and innovation in Cortana.
  • フォト アプリでコンテキスト メニューがいつ閉じられたかに関するデータは、フォト アプリのトラブルシューティングを実行し、フォト アプリを機能強化するために使用されます。Data about when a context menu in the photo app is closed is used to troubleshoot and improve the photo app.

エクスペリエンスのカスタマイズ (オプション) の場合:With (optional) Tailored experiences:
ユーザーがデバイスでエクスペリエンスのカスタマイズを有効にしている場合、Windows 10 からの仮名化された製品とサービスの使用状況データは、Microsoft によって、Windows 10 ユーザーに対して Microsoft 製品およびサービスをパーソナル設定推奨提案するために使用されます。If a user has enabled Tailored experiences on the device, pseudonymized Product and Service Usage data from Windows 10 is used by Microsoft to personalize, recommend, and offer Microsoft products and services to Windows 10 users. また、ユーザーがデバイスでエクスペリエンスのカスタマイズを有効にしている場合、Windows 10 からの仮名化された製品とサービスの使用状況データは、Microsoft によって、Windows 10 ユーザーに対してサード パーティの Windows アプリ、サービス、ハードウェア、周辺機器を販売促進するために使用されます。Also, if a user has enabled Tailored experiences on the device, pseudonymized Product and Service Usage data from Windows 10 is used by Microsoft to promote third-party Windows apps, services, hardware, and peripherals to Windows 10 users. 以下に例を示します。For example:

  • ユーザーが Windows の特定の機能を使用していないことをデータが示している場合、その機能を試すことユーザーにお勧めすることがあります。If data shows that a user has not used a particular feature of Windows, we may recommend that the user try that feature.
  • デバイスで最も使用されているアプリに関するデータは、類似のまたは補完的な (Microsoft またはサード パーティ製) アプリを提供するために使用されます。Data about which apps are most-used on a device is used to provide recommendations for similar or complementary (Microsoft or third-party) apps. これは無料アプリの場合も、有料アプリの場合もあります。These may be free or paid apps.

製品とサービスの使用状況データの説明Data Description for Product and Service Usage data type

アプリの使用状況サブタイプ: Windows とアプリケーションの使用状況に関する情報App usage sub-type: Information about Windows and application usage

  • オペレーティング システム コンポーネントとアプリ機能の使用状況Operating system component and app feature usage
  • アプリおよび Windows 機能でのユーザーのナビゲーションと操作。User navigation and interaction with app and Windows features. これには、新しいアラーム設定の名前、ユーザーによるメニューの選択、ユーザーのお気に入りなどのユーザー入力が含まれる可能性がありますThis could potentially include user input, such as name of a new alarm set, user menu choices, or user favorites
  • アプリとコンポーネントの起動時刻と回数、使用時間、セッション GUID、プロセス IDTime of and count of app and component launches, duration of use, session GUID, and process ID
  • さまざまな状態でのアプリの動作時間 - フォアグラウンドまたはバックグラウンドでの実行、スリープ、アクティブなユーザー操作の受け取りApp time in various states –- running in the foreground or background, sleeping, or receiving active user interaction
  • ユーザー操作の方法と継続時間 - ユーザーがキーボード、マウス、ペン、タッチ、音声認識、ゲーム コントローラーを使ったかどうかと、その使用時間User interaction method and duration –- whether the user used a keyboard, mouse, pen, touch, speech, or game controller, and for how long
  • Cortana の起動エントリ ポイントと理由Cortana launch entry point and reason
  • 通知配信の要求と状態Notification delivery requests and status
  • 画像とビデオの編集に使うアプリApps used to edit images and videos
  • プライマリまたはセカンダリ回線での SMS、MMS、VCard、ブロードキャスト メッセージの使用状況の統計SMS, MMS, VCard, and broadcast message usage statistics on primary or secondary lines
  • プライマリまたはセカンダリ回線での着信、発信、ボイスメールの使用状況の統計Incoming and outgoing calls and voicemail usage statistics on primary or secondary lines
  • 緊急警報の受信状況または表示状況の統計Emergency alerts are received or displayed statistics
  • アプリ内のコンテンツ検索Content searches within an app
  • 閲覧アクティビティ - ブックマーク、印刷、レイアウトの変更Reading activity -- bookmarked, printed, or had the layout changed

アプリまたは製品の状態サブタイプ: Windows とアプリケーションの状態に関する情報App or product state sub-type: Information about Windows and application state

  • スタート メニューとタスク バーのピン留めStart Menu and Taskbar pins
  • オンラインとオフラインの状態Online and offline status
  • アプリの起動状態 - ディープ リンク (再生するオーディオ トラックを指定して Groove を起動した場合や画像を共有するために MMS を起動した場合など)App launch state –- with deep-links, such as Groove launching with an audio track to play or MMS launching to share a picture
  • 配信された個人用設定のインプレッションPersonalization impressions delivered
  • ユーザーが UI コントロールやホットスポットをクリックまたはポイントしたかどうかWhether the user clicked on, or hovered over, UI controls or hotspots
  • ユーザーが提供したフィードバック (いいね!、興味なし、評価など)User provided feedback, such as Like, Dislike or a rating
  • ドキュメントまたはメディア ファイル内でのキャレットの位置 - 1 回のセッションで書籍がどのくらい読み進められたか、または曲がどのくらい再生されたかCaret location or position within documents and media files -- how much has been read in a book in a single session, or how much of a song has been listened to.

購買サブタイプ: デバイスでの購入に関する情報Purchasing sub-type: Information about purchases made on the device

  • 製品 ID、エディション ID、製品の URIProduct ID, edition ID and product URI
  • 販売の詳細 - 価格Offer details -- price
  • 注文が行われた日付と時刻Date and time an order was requested
  • Microsoft Store クライアントの種類 - Web またはネイティブ クライアントMicrosoft Store client type -- web or native client
  • 購入した数量と価格Purchase quantity and price
  • 支払いの種類 - クレジット カードの種類と PayPalPayment type -- credit card type and PayPal

ログインのプロパティ サブタイプ: デバイスでのログインに関する情報Login properties sub-type: Information about logins on the device

  • ログインの成功または失敗Login success or failure
  • ログイン セッションと状態Login sessions and state

製品とサービスのパフォーマンス データProduct and Service Performance data

この種類のデータには、デバイス、オペレーティング システム、アプリ、ドライバーの正常性に関する詳細が含まれます。This type of data includes details about the health of the device, operating system, apps, and drivers. 製品とサービスのパフォーマンス データは、「ISO/IEC 19944:2017 8.2.3.2.2 EUII Telemetry data」に相当します。Product and Service Performance data is equivalent to ISO/IEC 19944:2017 8.2.3.2.2 EUII Telemetry data.

製品とサービスのパフォーマンスデータの用途Data Use for Product and Service Performance data

診断の場合:For Diagnostics:
Windows 10 からの仮名化された製品とサービスのパフォーマンス データは、Microsoft によって、Windows 10 や関連する Microsoft 製品やサービスを提供および機能強化するために使用されます。Pseudonymized Product and Service Performance data from Windows 10 is used by Microsoft to provide and improve Windows 10 and related Microsoft product and services. 以下に例を示します。For example:

  • Windows スポットライト (回転するロック画面の画像) に表示されるコンテンツの信頼性に関するデータは、Windows スポットライトの信頼性の調査に使用されます。Data about the reliability of content that appears in the Windows Spotlight (rotating lock screen images) is used for Windows Spotlight reliability investigations.
  • Cortana が音声コマンドに応答するまでの時間に関するタイミング データは、Cortana の聞き取りのパフォーマンスを向上させるために使用されます。Timing data about how quickly Cortana responds to voice commands is used to improve Cortana listening performance.
  • 顔認識機能の起動および完了の時間に関するタイミング データは、顔認識のパフォーマンスを向上させるために使用されます。Timing data about how quickly the facial recognition feature starts up and finishes is used to improve facial recognition performance.
  • アプリケーション ウィンドウを表示できなかった状況に関するデータは、アプリケーション ウィンドウの信頼性とパフォーマンスの問題を調査するために使用されます。Data about when an Application Window fails to appear is used to investigate issues with Application Window reliability and performance.

エクスペリエンスのカスタマイズ (オプション) の場合:With (optional) Tailored experiences:
ユーザーがデバイスでエクスペリエンスのカスタマイズを有効にしている場合、Windows 10 からの仮名化された製品とサービスのパフォーマンス データは、Microsoft によって、Windows 10 ユーザーに対して Microsoft 製品およびサービスをパーソナル設定推奨提案するために使用されます。If a user has enabled Tailored experiences on the device, pseudonymized Product and Service Performance data from Windows 10 is used by Microsoft to personalize, recommend, and offer Microsoft products and services to Windows 10 users. また、ユーザーがデバイスでエクスペリエンスのカスタマイズを有効にしている場合、Windows 10 からの仮名化された製品とサービスのパフォーマンス データは、Microsoft によって、Windows 10 ユーザーに対してサード パーティの Windows アプリ、サービス、ハードウェア、周辺機器を販売促進するために使用されます。Also, if a user has enabled Tailored experiences on the device, pseudonymized Product and Service Performance data from Windows 10 is used by Microsoft to promote third-party Windows apps, services, hardware, and peripherals to Windows 10 users.

  • デバイスでのバッテリーのパフォーマンスに関するデータは、バッテリーのパフォーマンスが向上する設定の変更を推奨するために使用される場合があります。Data about battery performance on a device may be used to recommend settings changes that can improve battery performance.
  • デバイスのファイル記憶領域が不足していることをデータが示している場合、空き領域を増やすために Windows と互換性のあるクラウド ストレージ ソリューションをお勧めすることがあります。If data shows a device is running low on file storage, we may recommend Windows-compatible cloud storage solutions to free up space.
  • パフォーマンスの問題が発生していることをデータが示している場合、これらの問題の診断や解決に役立つ Windows アプリの推奨事項を提供することがあります。If data shows the device is experiencing performance issues, we may provide recommendations for Windows apps that can help diagnose or resolve these issues. これは無料アプリの場合も、有料アプリの場合もあります。These may be free or paid apps.

Microsoft では、クラッシュやハングのダンプ データを使用して、製品やサービスのパーソナル設定推奨提案、または販売促進を行うことはありません。Microsoft doesn't use crash and hang dump data to personalize, recommend, offer, or promote any product or service.

製品とサービスのパフォーマンス データの説明Data Description for Product and Service Performance data type

デバイス正常性とクラッシュ データ サブタイプ: デバイスとソフトウェアの正常性に関する情報Device health and crash data sub-type: Information about the device and software health

  • エラー コードとエラー メッセージ、アプリの名前と ID、エラーを報告したプロセスError codes and error messages, name and ID of the app, and process reporting the error
  • エラーの発生元と考えられる DLL ライブラリ - xyz.dll などDLL library predicted to be the source of the error -- for example, xyz.dll
  • システム生成ファイル - クラッシュやハングの診断に役立つ、アプリまたは製品のログとトレース ファイルSystem generated files -- app or product logs and trace files to help diagnose a crash or hang
  • レジストリ キーなどのシステム設定System settings, such as registry keys
  • ユーザーが生成したファイル - クラッシュまたはハングの原因となった可能性のあるファイルUser generated files -- files that are indicated as a potential cause for a crash or hang. たとえば、.doc、.ppt、.csv ファイルFor example, .doc, .ppt, .csv files
  • 異常なシャットダウン、ハング、クラッシュの詳細と回数Details and counts of abnormal shutdowns, hangs, and crashes
  • クラッシュ エラー データ - オペレーティング システム、オペレーティング システム コンポーネント、ドライバー、デバイス、ファーストおよびサード パーティのアプリ データCrash failure data -- operating system, operating system component, driver, device, and 1st and 3rd-party app data
  • クラッシュ ダンプとハング ダンプ。次のようなものがあります。Crash and hang dumps, including:
    • クラッシュ時点で記録されていた作業メモリの状態。The recorded state of the working memory at the point of the crash
    • クラッシュ時点でカーネルによって使われていたメモリ。Memory in-use by the kernel at the point of the crash.
    • クラッシュ時点でアプリケーションによって使われていたメモリ。Memory in-use by the application at the point of the crash
    • クラッシュの時点で Windows によって使われていたすべての物理メモリ。All the physical memory used by Windows at the point of the crash
    • エラーが発生したモジュール内のクラスと関数名。Class and function name within the module that failed.

デバイスのパフォーマンスと信頼性データ サブタイプ: デバイスとソフトウェアのパフォーマンスに関する情報Device performance and reliability data sub-type: Information about the device and software performance

  • ユーザー インターフェイスの操作時間 - スタート メニューの表示時間、ブラウザー タブの切り替え時間、アプリの起動および切り替え時間、Cortana と検索のパフォーマンスおよび信頼性User interface interaction durations -- Start menu display times, browser tab switch times, app launch and switch times, and Cortana and Search performance and reliability
  • デバイスのオンとオフのパフォーマンス - デバイスの起動、シャットダウン、電源のオンとオフ、ロックとロック解除の時刻、ユーザー認証の時刻 (指紋と顔認識の持続時間)Device on and off performance -- Device boot, shutdown, power on and off, lock and unlock times, and user authentication times (fingerprint and face recognition durations)
  • アプリ内の応答性 - アラームの設定にかかった時間、アプリ内のナビゲーション メニューが完全にレンダリングされるまでの時間、リーディング リストが同期されるまでの時間、GPS ナビゲーションが開始されるまでの時間、MMS で画像の添付にかかった時間、Microsoft Store のトランザクションが完了するまでの時間In-app responsiveness -- time to set alarm, time to fully render in-app navigation menus, time to sync reading list, time to start GPS navigation, time to attach picture MMS, and time to complete a Microsoft Store transaction
  • ユーザー入力の応答性 - さまざまな言語のスクリーン キーボードの起動時間、オートコンプリートの候補が表示されるまでの時間、ペンまたはタッチの遅延時間、手書き認識で単語に変換されるまでの待ち時間、ナレーター スクリーン リーダーの応答性、CPU スコアUser input responsiveness -- onscreen keyboard invocation times for different languages, time to show auto-complete words, pen or touch latencies, latency for handwriting recognition to words, Narrator screen reader responsiveness, and CPU score
  • UI とメディアのパフォーマンスおよび不具合/滑らかさ - ビデオ再生のフレーム レート、オーディオの不具合、アニメーションの不具合 (スタートを表示するときに途切れる)、グラフィックス スコア、最初のフレームまでの時間、再生/一時停止/停止/シークの応答性、PDF のレンダリングにかかった時間、OneDrive からのビデオの動的ストリーミングのパフォーマンスUI and media performance and glitches versus smoothness -- video playback frame rate, audio glitches, animation glitches (stutter when bringing up Start), graphics score, time to first frame, play/pause/stop/seek responsiveness, time to render PDF, dynamic streaming of video from OneDrive performance
  • ディスクのフットプリント - ディスクの空き領域、メモリ不足状態、ディスク スコアDisk footprint -- Free disk space, out of memory conditions, and disk score
  • リソースの過剰使用 - 異なる画面状態や電源状態を通じて CPU 使用率が高く、パフォーマンスまたはバッテリー残量に影響を与えているコンポーネントExcessive resource utilization -- components impacting performance or battery life through high CPU usage during different screen and power states
  • バックグラウンド タスクのパフォーマンス - ダウンロード時間、Windows Update のスキャン時間、Microsoft Defender ウイルス対策のスキャン時間、ディスク デフラグにかかった時間、メールのフェッチ時間、サービスのスタートアップと状態遷移にかかった時間、検索結果用にデバイス上のファイルのインデックスが作成されるまでの時間Background task performance -- download times, Windows Update scan duration, Microsoft Defender Antivirus scan times, disk defrag times, mail fetch times, service startup and state transition times, and time to index on-device files for search results
  • 周辺機器とデバイス - USB デバイスの接続時間、ワイヤレス ディスプレイの接続にかかった時間、印刷時間、ネットワークの可用性と接続時間 (Wi-Fi への接続にかかった時間、DHCP から IP アドレスが取得されるまでの時間など)、スマート カード認証にかかった時間、明るさの自動調整で環境に対応するまでの時間Peripheral and devices -- USB device connection times, time to connect to a wireless display, printing times, network availability and connection times (time to connect to Wi-Fi, time to get an IP address from DHCP etc.), smart card authentication times, automatic brightness, and environmental response times
  • デバイスのセットアップ - 初回セットアップ エクスペリエンスの時刻 (更新プログラムのインストール、アプリのインストール、ネットワークへの接続などの時刻)、接続されたデバイス (プリンターやモニター) の認識時刻、Microsoft アカウントのセットアップ時刻Device setup -- first setup experience times (time to install updates, install apps, connect to network, and so on), time to recognize connected devices (printer and monitor), and time to set up a Microsoft Account
  • 電源とバッテリー残量 - コンポーネントごとの電力消費量 (プロセス/CPU/GPU/ディスプレイ)、画面オフの時間数、スリープ状態への移行の詳細、温度と温度調整、各電源状態でのバッテリーの消耗 (画面オフまたは画面オン)、画面オフの間に電力消費を要求したプロセスとコンポーネント、明るさの自動調整の詳細、デバイスが AC 電源またはバッテリーに接続されていた時間、バッテリー状態の遷移Power and Battery life -- power draw by component (Process/CPU/GPU/Display), hours of time the screen is off, sleep state transition details, temperature and thermal throttling, battery drain in a power state (screen off or screen on), processes and components requesting power use while the screen is off, auto-brightness details, time device is plugged into AC versus battery, and battery state transitions
  • サービスの応答性 - サービス URI、操作、待ち時間、サービスの成功/エラー コード、プロトコルService responsiveness -- Service URI, operation, latency, service success and error codes, and protocol
  • 診断ハートビート - 診断システムの正常性を検証するために使用される定期的な信号Diagnostic heartbeat -- regular signal used to validate the health of the diagnostics system

映画サブタイプ: デバイスでの映画鑑賞の機能に関する情報Movies sub-type: Information about movie consumption functionality on the device

注意

これは、ユーザーの視聴や習慣をキャプチャするものではありません。This isn't intended to capture user viewing, listening, or habits.

  • ビデオの幅、高さ、カラー パレット、エンコード (圧縮) の種類、暗号化の種類Video Width, height, color palette, encoding (compression) type, and encryption type
  • ユーザーに対してコンテンツをストリーミングする方法に関する指示 - 画面解像度と帯域幅に基づき、コンテンツをストリーミングするときにまとめて取り扱う必要のあるコンテンツ ファイルのチャンクを表す Smooth Streaming マニフェストInstructions about how to stream content for the user -- the smooth streaming manifest of content file chunks that must be pieced together to stream the content based on screen resolution and bandwidth
  • エラーが発生した場合、コンテンツの特定の 2 秒のチャンクの URLURL for a specific two-second chunk of content if there is an error
  • 全画面表示モードの詳細Full-screen viewing mode details

音楽とテレビ サブタイプ: デバイスでの音楽鑑賞とテレビ視聴に関する情報Music & TV sub-type: Information about music and TV consumption on the device

注意

これは、ユーザーの視聴や習慣をキャプチャするものではありません。This isn't intended to capture user viewing, listening, or habits.

  • 音楽サービスからダウンロードしている曲のサービス URL - エラーの発生時にサービスを復元しやすくするために収集されますService URL for song being downloaded from the music service -- collected when an error occurs to facilitate restoration of service
  • コンテンツの種類 (ビデオ、オーディオ、サラウンド オーディオ)Content type (video, audio, or surround audio)
  • ローカル メディア ライブラリ コレクションの統計 - 購入したトラックの数、再生リストの数Local media library collection statistics -- number of purchased tracks and number of playlists
  • 地域の不一致 - ユーザーのオペレーティング システムの地域、Xbox Live の地域Region mismatch -- User's operating system region and Xbox Live region

読書サブタイプ: デバイスでの読書の機能に関する情報Reading sub-type: Information about reading consumption functionality on the device

注意

これは、ユーザーの視聴や習慣をキャプチャするものではありません。This isn't intended to capture user viewing, listening, or habits.

  • コンテンツにアクセスしたアプリ、状態、Microsoft Store の書籍を開くために使われたオプションApp accessing content and status and options used to open a Microsoft Store book
  • 書籍の言語Language of the book
  • コンテンツを読むのにかかった時間Time spent reading content
  • コンテンツの種類とサイズの詳細Content type and size details

フォト アプリ サブタイプ: デバイスでのフォトの使用状況に関する情報。次のようなものがあります。Photos app sub-type: Information about photos usage on the device

注意

これは、ユーザーの視聴や習慣をキャプチャするものではありません。This isn't intended to capture user viewing, listening, or habits.

  • ファイル ソースのデータ - ローカル、SD カード、ネットワーク デバイス、OneDriveFile source data -- local, SD card, network device, and OneDrive
  • 画像やビデオの解像度、ビデオの長さ、ファイル サイズ、エンコードImage and video resolution, video length, file sizes types, and encoding
  • コレクション ビューまたは全画面表示のビューアーの使用状況と表示時間Collection view or full screen viewer use and duration of view

デバイス上のファイルの照会サブタイプ: デバイスでのローカル検索アクティビティに関する情報On-device file query sub-type: Information about local search activity on the device

  • 発行されたクエリの種類とインデックスの種類 (ConstraintIndex や SystemIndex)Kind of query issued and index type (ConstraintIndex or SystemIndex)
  • 要求および取得された項目の数Number of items requested and retrieved
  • 検索結果からユーザーが操作したファイルの拡張子File extension of search result with which the user interacted
  • 起動された項目の種類、ファイル拡張子、元のインデックス、ファイルを開いたアプリのアプリ IDLaunched item type, file extension, index of origin, and the App ID of the opening app
  • インデクサーを呼び出したプロセスの名前、クエリの処理にかかった時間Name of process calling the indexer and the amount of time to service the query
  • 検索範囲のハッシュ (ファイル、Outlook、OneNote、IE の履歴)A hash of the search scope (file, Outlook, OneNote, or IE history). インデックスの状態 (完全に最適化、部分的に最適化、構築中)The state of the indices (fully optimized, partially optimized, or being built)

権利サブタイプ: デバイス上の権利に関する情報Entitlements sub-type: Information about entitlements on the device

  • サービスのサブスクリプション状態とエラーService subscription status and errors
  • DRM とライセンス権利の詳細 - Groove サブスクリプションまたはオペレーティング システムのボリューム ライセンスDRM and license rights details -- Groove subscription or operating system volume license
  • インストール パッケージの権利 ID、リース ID、パッケージ IDEntitlement ID, lease ID, and package ID of the install package
  • 権利の失効Entitlement revocation
  • ライセンスの種類 (試用版、オフラインとオンライン) と期間License type (trial, offline versus online) and duration
  • ライセンス使用セッションLicense usage session

ソフトウェアのセットアップとインベントリに関するデータSoftware Setup and Inventory data

この種類のデータには、デバイス上のソフトウェアのインストールと更新に関する情報が含まれます。This type of data includes software installation and update information on the device. ソフトウェアのセットアップとインベントリに関するデータは、「ISO/IEC 19944:2017 8.2.3.2.4 Observed Usage of the Service Capability」のサブタイプです。Software Setup and Inventory Data is a sub-type of ISO/IEC 19944:2017 8.2.3.2.4 Observed Usage of the Service Capability.

ソフトウェアのセットアップとインベントリに関するデータの用途Data Use for Software Setup and Inventory data

診断の場合:For Diagnostics:
Windows 10 からの仮名化されたソフトウェアのセットアップとインベントリに関するデータは、Microsoft によって、Windows 10 や関連する Microsoft 製品やサービスを提供および機能強化するために使用されます。Pseudonymized Software Setup and Inventory data from Windows 10 is used by Microsoft to provide and improve Windows 10 and related Microsoft product and services. 以下に例を示します。For example:

  • デバイスにインストールされている特定のドライバーに関するデータは、Windows の更新プログラムをブロックまたは延期するハードウェアまたはドライバーの互換性問題があるかどうかを把握するために使用されます。Data about the specific drivers that are installed on a device is used to understand whether there are any hardware or driver compatibility issues which should block or delay a Windows update.
  • デバイスでのダウンロードの開始時刻と終了時刻に関するデータは、ダウンロードの問題を把握し、解決するために使用されます。Data about when a download starts and finishes on a device is used to understand and address download problems.
  • デバイスにインストールされている特定の Microsoft Store アプリに関するデータは、デバイスに対して提供するアプリの更新プログラムを決定するために使用されます。Data about the specific Microsoft Store apps that are installed on a device is used to determine which app updates to provide to the device.
  • デバイスにインストールされているマルウェア対策に関するデータは、マルウェアの感染を媒介する要因を把握するために使用されます。Data about the antimalware installed on a device is used to understand malware transmissions vectors.

エクスペリエンスのカスタマイズ (オプション) の場合:With (optional) Tailored experiences:
ユーザーがデバイスでエクスペリエンスのカスタマイズを有効にしている場合、Windows 10 からの仮名化されたソフトウェアのセットアップとインベントリに関するデータは、Microsoft によって、Windows 10 ユーザーに対して Microsoft 製品およびサービスをパーソナル設定推奨提案するために使用されます。If a user has enabled Tailored experiences on the device, pseudonymized Software Setup and Inventory data from Windows 10 is used by Microsoft to personalize, recommend, and offer Microsoft products and services to Windows 10 users. また、ユーザーがデバイスでエクスペリエンスのカスタマイズを有効にしている場合、Windows 10 からの仮名化されたソフトウェアのセットアップとインベントリに関するデータは、Microsoft によって、Windows 10 ユーザーに対してサード パーティの Windows アプリ、サービス、ハードウェア、周辺機器を販売促進するために使用されます。Also, if a user has enabled Tailored experiences on the device, pseudonymized Software Setup and Inventory data from Windows 10 is used by Microsoft to promote third-party Windows apps, services, hardware, and peripherals to Windows 10 users. 以下に例を示します。For example:

  • デバイスにインストールされている特定のアプリに関するデータは、Microsoft Store の類似のまたは補完的なアプリをお勧めするために使用されます。Data about the specific apps that are installed on a device is used to provide recommendations for similar or complementary apps in the Microsoft Store.

ソフトウェアのセットアップとインベントリに関するデータの説明Data Description for Software Setup and Inventory data type

インストールされているアプリケーションとインストール履歴サブタイプ: デバイスにインストールされているアプリ、ドライバー、更新プログラム パッケージ、オペレーティング システム コンポーネントに関する情報Installed applications and install history sub-type: Information about apps, drivers, update packages, or operating system components installed on the device

  • アプリ、ドライバー、更新パッケージ、またはコンポーネントの名前、ID、またはパッケージ ファミリ名App, driver, update package, or component’s Name, ID, or Package Family Name
  • 製品、SKU、使用可能状況、カタログ、コンテンツ、バンドル IDProduct, SKU, availability, catalog, content, and Bundle IDs
  • オペレーティング システム コンポーネント、アプリまたはドライバーの発行元、言語、バージョン、種類 (Win32 または UWP)Operating system component, app or driver publisher, language, version and type (Win32 or UWP)
  • インストール日、方法、インストール ディレクトリ、インストールの試行回数Install date, method, install directory, and count of install attempts
  • MSI パッケージと製品コードMSI package and product code
  • インストール時の元のオペレーティング システム バージョンOriginal operating system version at install time
  • ユーザー、管理者、または必須のインストール/更新User, administrator, or mandatory installation or update
  • インストールの種類 - クリーン インストール、修復、復元、OEM、市販、アップグレード、更新Installation type -- clean install, repair, restore, OEM, retail, upgrade, or update

デバイスの更新情報: デバイスにインストールされているアプリ、ドライバー、更新プログラム パッケージ、オペレーティング システム コンポーネントに関する情報Device update information sub-type: Information about apps, drivers, update packages, or operating system components installed on the device

  • デバイス ハードウェア、オペレーティング システム コンポーネント、アプリ、ドライバーの更新準備の分析 (進行状況、状態、結果)Update Readiness analysis of device hardware, operating system components, apps, and drivers (progress, status, and results)
  • 適用できる更新プログラムの数、重要度、種類Number of applicable updates, importance, and type
  • 更新プログラムのダウンロード サイズとソース - CDN または LAN ピアUpdate download size and source -- CDN or LAN peers
  • アップグレードの保留の状態と構成Delay upgrade status and configuration
  • オペレーティング システムのアンインストールとロールバックの状態およびカウントOperating system uninstall and rollback status and count
  • Windows Update サーバーとサービスの URLWindows Update server and service URL
  • Windows Update のコンピューター IDWindows Update machine ID
  • Windows Insider ビルドの詳細Windows Insider build details

閲覧の履歴データBrowsing History data

この種類データには、Microsoft ブラウザーでの Web 閲覧の詳細が含まれています。This type of data includes details about web browsing in the Microsoft browsers. 閲覧の履歴データは、「ISO/IEC 19944:2017 8.2.3.2.8 Client side browsing history」に相当します。Browsing History data is equivalent to ISO/IEC 19944:2017 8.2.3.2.8 Client side browsing history.

閲覧の履歴データの用途Data Use for Browsing History data

診断の場合:For Diagnostics:
Windows 10 からの仮名化された閲覧の履歴データは、Microsoft によって、Windows 10 や関連する Microsoft 製品やサービスを提供および機能強化するために使用されます。Pseudonymized Browsing History data from Windows 10 is used by Microsoft to provide and improve Windows 10 and related Microsoft product and services. 以下に例を示します。For example:

  • [コンテンツのブロック] ダイアログ ボックスが表示されたタイミングに関するデータは、ブロックされたコンテンツの調査のために使用されます。Data about when the Block Content dialog box has been shown is used for investigations of blocked content.
  • 潜在的に不正なまたは悪意のあるドメインに関するデータは、ユーザーにそのドメインについて警告するように、Microsoft Edge や Windows Defender SmartScreen を更新するために使用されます。Data about potentially abusive or malicious domains is used to make updates to Microsoft Edge and Windows Defender SmartScreen to warn users about the domain.
  • ナビゲーションの目的でアドレス バーが使用されたタイミングに関するデータは、おすすめサイト機能を強化したり、ナビゲーションから生じる問題を把握して解決するために使用されます。Data about when the Address bar is used for navigation purposes is used to improve the Suggested Sites feature and to understand and address problems arising from navigation.
  • Web ノート セッションの開始時刻に関するデータは、Web ノート機能で人気のあるドメインや URL を測定するために使用されます。Data about when a Web Notes session starts is used to measure popular domains and URLs for the Web Notes feature.
  • 既定のホーム ページがユーザーによって変更されたタイミングに関するデータは、最も人気のある既定のホーム ページや、ユーザーが既定のホーム ページを変更する頻度を測定するために使用されます。Data about when a default Home page is changed by a user is used to measure which default Home pages are the most popular and how often users change the default Home page.

エクスペリエンスのカスタマイズ (オプション) の場合:With (optional) Tailored experiences:
ユーザーがデバイスでエクスペリエンスのカスタマイズを有効にしている場合、Windows 10 からの仮名化された閲覧の履歴データは、Microsoft によって、Windows 10 ユーザーに対して Microsoft 製品およびサービスをパーソナル設定推奨提案するために使用されます。If a user has enabled Tailored experiences on the device, pseudonymized Browsing History data from Windows 10 is used by Microsoft to personalize, recommend, and offer Microsoft products and services to Windows 10 users. また、ユーザーがデバイスでエクスペリエンスのカスタマイズを有効にしている場合、Windows 10 からの仮名化された閲覧の履歴データは、Microsoft によって、Windows 10 ユーザーに対してサード パーティの Windows アプリ、サービス、ハードウェア、周辺機器を販売促進するために使用されます。Also, if a user has enabled Tailored experiences on the device, pseudonymized Browsing History data from Windows 10 is used by Microsoft to promote third-party Windows apps, services, hardware, and peripherals to Windows 10 users. 以下に例を示します。For example:

  • ユーザーが関連する Web サイトを閲覧していた場合、Microsoft Store から互換性のあるアプリをダウンロードすることをユーザーにお勧めすることがあります。We may recommend that a user download a compatible app from the Microsoft Store if they have browsed to the related website. たとえば、ユーザーが Facebook Web サイトを使用している場合、Facebook アプリをお勧めする可能性があります。For example, if a user uses the Facebook website, we may recommend the Facebook app.

閲覧の履歴データの説明Data Description for Browsing History data type

Microsoft ブラウザーのデータ サブタイプ: デバイスでのアドレス バーと検索ボックスのパフォーマンスに関する情報Microsoft browser data sub-type: Information about Address bar and Search box performance on the device

  • アドレス バーや検索ボックスに入力されたテキストText typed in Address bar and Search box
  • Cortana に質問での検索用に選択されたテキストText selected for an Ask Cortana search
  • サービスの応答時間Service response time
  • オートコンプリートが行われた場合はオートコンプリート後のテキストAuto-completed text, if there was an auto-complete
  • ローカルの履歴とお気に入りに基づいて提示されたナビゲーション候補Navigation suggestions provided based on local history and favorites
  • ブラウザー IDBrowser ID
  • URL (検索語句が含まれる可能性があります)URLs (may include search terms)
  • ページ タイトルPage title

手描き入力、タイピング、音声認識に関するデータInking Typing and Speech Utterance data

この種類のデータには、音声、手描き、タイピングによる入力機能に関する詳細が収集されます。This type of data gathers details about the voice, inking, and typing input features on the device. 手描き入力、タイピング、音声認識に関するデータは、「ISO/IEC 19944:2017 8.2.3.2.1 End User Identifiable information」のサブタイプです。Inking, Typing and Speech Utterance data is a sub-type of ISO/IEC 19944:2017 8.2.3.2.1 End User Identifiable information.

手描き入力、タイピング、音声認識に関するデータの用途Data Use for Inking, Typing, and Speech Utterance data

診断の場合:For Diagnostics:
Windows 10 からの匿名化された手描き入力、タイピング、音声認識に関するデータは、Microsoft によって、Microsoft 製品やサービスの自然言語機能を機能強化するために使用されます。Anonymized Inking, Typing, and Speech Utterance data from Windows 10 is used by Microsoft to improve natural language capabilities in Microsoft products and services. 以下に例を示します。For example:

  • スペル ミスとしてマークされ、コンテキスト メニューから別の単語の置き換えられた単語に関するデータは、スペル チェック機能を向上させるために使用されます。Data about words marked as spelling mistakes and replaced with another word from the context menu is used to improve the spelling feature.
  • 右クリックした後、表示される代替候補の単語やユーザーが選択した単語に関するデータは、単語の推奨機能を向上させるために使用されます。Data about alternate words shown and selected by the user after right-clicking is used to improve the word recommendation feature.
  • 自動修正された後、ユーザーが元の単語に戻した単語に関するデータは、自動修正機能を向上させるために使用されます。Data about auto-corrected words that were restored back to the original word by the user is used to improve the auto-correct feature.
  • ナレーターがタッチ ジェスチャを検出および認識したかどうかに関するデータは、タッチ ジェスチャ認識を向上させるために使用されます。Data about whether Narrator detected and recognized a touch gesture is used to improve touch gesture recognition.
  • 手書きパネルから送信された手書きサンプルに関するデータは、Microsoft の手書き認識の改善のために使用されます。Data about handwriting samples sent from the Handwriting Panel is used to help Microsoft improve handwriting recognition.

エクスペリエンスのカスタマイズ (オプション) の場合:With (optional) Tailored experiences:

Microsoft は、Windows の手描き入力、タイピング、音声認識に関するデータをエクスペリエンスのカスタマイズのために使用しません。Microsoft doesn't use Windows Inking, Typing, and Speech Utterance data for Tailored experiences.

手描き入力、タイピング、音声認識に関するデータの説明Data Description for Inking, Typing, and Speech Utterance data type

音声、手描き入力、タイピング サブタイプ: 音声、手描き入力、タイピング機能に関する情報Voice, inking, and typing sub-type: Information about voice, inking and typing features

  • 使われたペンの種類 (蛍光ペン、ボールペン、鉛筆)、ペンの色、ストロークの高さと幅、使用時間Type of pen used (highlighter, ball point, or pencil), pen color, stroke height and width, and how long it is used
  • ペン ジェスチャ (クリック、ダブルクリック、パン、ズーム、回転)Pen gestures (click, double click, pan, zoom, or rotate)
  • 手のひらでのタッチの x、y 座標Palm Touch x,y coordinates
  • 入力の遅延時間、取りこぼされたペン信号、フレーム数、ストローク、最初のフレームのコミット時間、サンプル レートInput latency, missed pen signals, number of frames, strokes, first frame commit time, and sample rate
  • 描画されたインク ストローク、インク挿入ポイントの前後のテキスト、認識されて入力されたテキスト、入力言語 - 元のコンテンツの再構築や入力とユーザーの関連付けに使われる可能性のある ID、シーケンス情報、その他のデータ (メール アドレス、数値など) は削除済みInk strokes written, text before and after the ink insertion point, recognized text entered, input language -- processed to remove identifiers, sequencing information, and other data (such as email addresses and - numeric values), which could be used to reconstruct the original content or associate the input to the user
  • Windows 10 Mobile のスクリーン キーボードからのテキスト入力 (パスワード フィールドとプライベート セッションを除く) - 元のコンテンツの再構築や入力とユーザーの関連付けに使われる可能性のある ID、シーケンス情報、その他のデータ (メール アドレス、数値など) は削除済みText input from Windows 10 Mobile on-screen keyboards, except from password fields and private sessions -- processed to remove identifiers, sequencing information, and other data (such as email addresses and numeric values), which could be used to reconstruct the original content or associate the input to the user
  • 音声認識結果のテキスト - 結果コードと認識されたテキストText of speech recognition results -- result codes and recognized text
  • 認識エンジンの言語とモデル、システムの音声認識の言語Language and model of the recognizer and the System Speech language
  • 音声認識機能を使っているアプリの IDApp ID using speech features
  • ユーザーがお子様として登録されているかどうかWhether user is known to be a child
  • 音声認識の信頼度と成功/失敗Confidence and success or failure of speech recognition

ISO/IEC 19944:2017 固有の用語ISO/IEC 19944:2017-specific terminology

このセクションでは、ISO/IEC 19944:2017 固有の用途の定義と、この記事で使用されている匿名化の修飾語句を示します。This section provides the ISO/IEC 19944:2017-specific definitions for use and de-identification qualifiers used in this article.

提供Provide

ISO/IEC 19944:2017 リファレンス: 9.3.2 ProvideISO/IEC 19944:2017 Reference: 9.3.2 Provide

Microsoft 製品またはサービスで、(i) 製品やサービスのトラブルシューティングや問題の修正、または (ii) 製品またはサービスの更新プログラムの提供など、説明されているサービスを保護および提供するために、指定されたデータ カテゴリを使用すること。Use of a specified data category by a Microsoft product or service to protect and provide the described service, including, (i) troubleshoot and fix issues with the product or service or (ii) provide product or service updates.

機能強化Improve

ISO/IEC 19944:2017 リファレンス: 9.3.3 ImproveISO/IEC 19944:2017 Reference: 9.3.3 Improve

Microsoft 製品またはサービスの機能強化や品質向上のために、指定されたデータ カテゴリを使用すること。Use of a specified data category to improve or increase the quality of a Microsoft product or service. これらの機能強化は、エンド ユーザーが利用できる場合もあります。Those improvements may be available to end users.

パーソナル設定Personalize

ISO/IEC 19944:2017 リファレンス: 9.3.4 PersonalizeISO/IEC 19944:2017 Reference: 9.3.4 Personalize

Microsoft 製品またはサービスでエンド ユーザーのカスタマイズされたエクスペリエンスを作成するために、指定されたデータ カテゴリを使用すること。Use of the specified data categories to create a customized experience for the end user in any Microsoft product or service.

推奨Recommend

ISO/IEC 19944:2017 リファレンス: 9.3.4 PersonalizeISO/IEC 19944:2017 Reference: 9.3.4 Personalize

"推奨" は、購入や支払いを行わずにアクセスできる Microsoft 製品およびサービスを推奨することによって、エンド ユーザーのエクスペリエンスをパーソナル設定 (9.3.4) するために、指定されたデータ カテゴリを使用することを意味します。“Recommend” means use of the specified data categories to Personalize (9.3.4) the end user’s experience by recommending Microsoft products or services that can be accessed without the need to make a purchase or pay money.

指定されたデータ カテゴリを使用することで、エンド ユーザーが対応できる Microsoft 製品またはサービスに関する推奨事項を示します。この推奨事項は、(i) それが示されている製品やサービスのコンテキストに関連しており、(ii) 購入や支払いを行うことなくアクセスできるものであり、(iii) Microsoft は紹介に対する報酬を受け取りません。Use of the specified data categories give recommendations about Microsoft products or services the end user may act on where the recommendation is (i) contextually relevant to the product or service in which it appears, (ii) that can be accessed without the need to make a purchase or pay money, and (iii) Microsoft receives no compensation for the placement.

提案Offer

ISO/IEC 19944:2017 リファレンス: 9.3.5 Offer upgrades or upsellISO/IEC 19944:2017 Reference: 9.3.5 Offer upgrades or upsell

データのソースが Microsoft 製品およびサービスであり、提案されるアップグレードが現在の機能のコンテキストに関連する Microsoft 製品およびサービスに由来するものであることを意味します。Implies the source of the data is Microsoft products and services, and the upgrades offered come from Microsoft products and services that are relevant to the context of the current capability. この提案の対象ユーザーは、Microsoft のお客様です。The target audience for the offer is Microsoft customers.

具体的には、指定したデータ カテゴリを使用して、Microsoft 製品またはサービスの新機能の提案やアップセルを行います。この新機能は、(i) それが示されている製品やサービスのコンテキストに関連しており、(ii) Microsoft にとって将来的にエンド ユーザーからの収益になる可能性があり、(iii) Microsoft は紹介に対する報酬を受け取りません。Specifically, use of the specified data categories to make an offer or upsell new capability or capacity of a Microsoft product or service which is (i) contextually relevant to the product or service in which it appears; (ii) likely to result in additional future revenue for Microsoft from end user; and (iii) Microsoft receives no consideration for placement.

販売促進Promote

ISO/IEC 19944:2017 リファレンス: 9.3.6 Market/advertise/promoteISO/IEC 19944:2017 Reference: 9.3.6 Market/advertise/promote

指定されたデータ カテゴリを使用して、ファースト パーティの Microsoft 製品またはサービスで、あるいは Microsoft 製品またはサービスに対する、製品またはサービスの販売を促進します。Use of the specified data categories to promote a product or service in or on a first-party Microsoft product or service.

データ識別の修飾語句Data identification qualifiers

ここでは、データ識別の修飾語句と ISO/IEC 19944:2017 リファレンスの一覧を示します。Here are the list of data identification qualifiers and the ISO/IEC 19944:2017 reference:

  • 仮名化データ 8.3.3 Pseudonymized data。Pseudonymized Data 8.3.3 Pseudonymized data. Microsoft での使用上の注意は定義どおりです。Microsoft usage notes are as defined.
  • 匿名化データ 8.3.5 Anonymized data。Anonymized Data 8.3.5 Anonymized data. Microsoft での使用上の注意は定義どおりです。Microsoft usage notes are as defined.
  • 集計データ 8.3.6 Aggregated data。Aggregated Data 8.3.6 Aggregated data. Microsoft での使用上の注意は定義どおりです。Microsoft usage notes are as defined.