Windows 10 バージョン 20H2 および Windows Server バージョン 20H2

Windows 10 バージョン 20H2 および Windows Server バージョン 20H2 の既知の問題とロールアウトの状態に関する情報を検索します。 特定の問題をお探しの場合 Ctrl + F (Mac を使用している場合は Command + F) を押し、検索用語を入力します。 最新の Windows のリリース正常性更新プログラムが必要ですか? Twitter で @WindowsUpdate をフォローしてください。

2021 年 5 月 18 日現在の状態
Windows 10 バージョン 20H2 は、広範な展開用に指定されています。 推奨されるサービスの状態は、[半期チャネル] です。
Windows 10バージョン 21H1 が利用可能です Windows 10 バージョン 21H1 が利用可能です
更新プログラムの入手方法をご覧ください >
バージョン 21H1 Windows 10 IT ツール バージョン 21H1 Windows 10 IT ツール
ロールアウトをサポートする最新のツールとリソースを>

既知の問題

この表は、現在アクティブな問題と過去 30 日間に解決された問題の概要を示しています。

要約発生元の更新プログラム状態最終更新日時
アプリが印刷を試みるたびに管理者の資格情報が必要になる
一部の環境では、ポイント アンド プリントを使用している特定のプリンターで、印刷時に毎回資格情報の入力を求められる場合があります。
OS ビルド 19042.1165
KB5005033
2021-08-10
解決済みの外部の問題
2021-09-16
18:23 PT
ふりがなの自動入力が期待どおりに機能しない場合があります
特定の状況では、自動ふりがな入力/変換機能がアプリで期待どおりに機能しない場合があります。
該当なし

解決済み
KB5005101
2021-09-01
14:00 PT

問題の詳細

2021 年 9 月

アプリが印刷を試みるたびに管理者の資格情報が必要になる

状態発生元の更新プログラム履歴
解決済みの外部の問題OS ビルド 19042.1165
KB5005033
2021-08-10
最終更新日: 2021-09-16, 18:23 PT
オープン: 2021-09-16, 18:11 PT
KB5005033 以降の更新プログラムをインストールすると、ポイント アンド プリントを使用する一部の環境の特定のプリンターでは、アプリがプリント サーバーにプリントをしようとしたり、プリント クライアントがプリント サーバーに接続しようとしたりするたびに、"このプリンターを信頼しますか" というプロンプトが表示され、管理者の資格情報をインストールするように求められる場合があります。 これは、同じファイル名を使用するプリント クライアントとプリント サーバーのプリント ドライバーが原因で発生しますが、サーバーには新しいバージョンのファイルがあります。 プリント クライアントがプリント サーバーに接続すると、新しいドライバー ファイルが検出され、印刷クライアントのドライバーを更新するように求められますが、インストール用に提供されるパッケージ内のファイルには、新しいバージョンのファイルは含まれていません。

対応策:すべての印刷デバイスで最新のドライバーを使用していることを確認し、可能な場合は、プリント クライアントとプリント サーバーで同じバージョンの印刷ドライバーを使用します。

影響を受けるプラットフォーム:
  • クライアント: Windows 10 バージョン 21H1; Windows 10 バージョン 20H2; Windows 10 バージョン 2004; Windows 10 バージョン 1909; Windows 10 Version 1809; Windows 10 Enterprise LTSC 2019; Windows 10 Enterprise LTSC 2016; Windows 10 バージョン 1607; Windows 10 Enterprise 2015 LTSB; Windows 8.1; Windows 7 SP1
  • サーバー: Windows Server 2022; Windows Server, バージョン 20H2; Windows Server, バージョン 2004; WiWindows Server, バージョン 1909; Windows Server, バージョン 1809; Windows Server 2019; Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2; Windows Server 2012; Windows Server 2008 R2 SP1; WindowsServer 2008 SP2
解決策:この問題は、環境内の印刷ドライバーを調整することで外部的に解決されます。 環境内のドライバーを更新しても問題が解決しない場合は、プリンターの製造元 (OEM) のサポートにお問い合わせください。 詳細については、KB5005652 の "よく寄せられる質問" の Q1/A1 を参照してください。

2020 年 12 月

ふりがなの自動入力が期待どおりに機能しない場合があります

状態発生元の更新プログラム履歴
解決済み KB5005101N/A

解決済み: 2021-09-01、14:00 PT
オープン: 2020-12-03、12:29 PT
Microsoft日本語入力方式エディター (IME) を使用して、ふりがな文字の入力を自動的に許可するアプリに漢字を入力すると、正しいふりがな文字が得られず、手動で入力する必要がある場合があります。 開発者への注意: 影響を受けるアプリは ImmGetCompositionString 関数を使用しています。

回避策: この問題を軽減するには、「以前のバージョンの IME (入力方式エディター) に戻す」の手順に従ってください。

影響を受けるプラットフォーム:
  • クライアント: Windows 10, バージョン 21H1; Windows 10, バージョン 20H2; Windows 10, バージョン 2004
  • サーバー: Windows Server バージョン 20H2; Windows Server バージョン 2004
解決策:  この問題は KB5005101 で解決されました。 上記の軽減策を使用している場合は、IME を Microsoft 日本語 IME の最新バージョンに戻す必要があります。