Windows 情報保護 (WIP) で実行されているアプリのエンタープライズ コンテキストの確認

適用対象

  • Windows 10 バージョン 1607 以降

各 Windows エディションでサポートされている機能について詳しくは、「Windows 10 エディションの比較」をご覧ください。

タスク マネージャーでは、Windows 情報保護 (WIP) で実行しているアプリのコンテキストを表示して、組織のポリシーが正しく適用され、運用されていることを確認できます。

タスク マネージャーに [エンタープライズ コンテキスト] 列を表示する

タスク マネージャーの [詳細] タブに [エンタープライズ コンテキスト] 列を追加する必要があります。

  1. 組織内でアクティブな Windows Information Protection ポリシーが展開され、有効になっていることを確認します。

  2. タスク マネージャー (taskmgr.exe) を開き、[詳細] タブをクリックします。列見出しの領域を右クリックし、[列の選択] をクリックします。

    [列の選択] ボックスが表示されます。

    [タスク マネージャー] の [エンタープライズ コンテキスト] オプションが選択された列ボックスを選択します。

  3. 下方向にスクロールして [エンタープライズ コンテキスト] オプションをオンにし、[OK] をクリックしてボックスを閉じます。

    [エンタープライズ コンテキスト] 列がタスク マネージャーで利用できるようになります。

    [タスク マネージャー]、[エンタープライズ コンテキスト] 列が強調表示されています。

エンタープライズ コンテキストを確認する

[エンタープライズ コンテキスト] 列には、各アプリがエンタープライズ データで実行できる作業が示されます。

  • **ドメイン名: ** 従業員の作業ドメイン名 (corp.contoso.com など) が表示されます。 このアプリは業務関連のアプリとして扱われ、業務用のデータやリソースに自由にアクセスして開くことができます。

  • **[Personal] (個人用): ** "Personal" (個人用) というテキストが表示されます。 このアプリは業務に関連のないアプリとして扱われ、業務用のデータやリソースに一切アクセスできません。

  • **[Exempt] (適用除外): ** "Exempt" (適用除外) というテキストが表示されます。 Windows Information Protection ポリシーは、これらのアプリ (システム コンポーネントなど) には適用されません。

    重要

    エンタープライズ対応アプリは、その時点でアクセスしているデータに応じて、業務用と個人用が切り替わります。 たとえば、Microsoft Word 2016 は、従業員が個人的な手紙を読むときは [Personal] (個人用) と表示されますが、同じ従業員が会社の財務資料を開くときは業務用に変わります。