mpcmdrun.exe コマンドラインツールを使用して Microsoft Defender ウイルス対策を構成および管理するConfigure and manage Microsoft Defender Antivirus with the mpcmdrun.exe command-line tool

適用対象:Applies to:

専用のコマンドラインツールmpcmdrun.exeを使用して、Microsoft Defender ウイルス対策のさまざまな機能を実行できます。You can perform various Microsoft Defender Antivirus functions with the dedicated command-line tool mpcmdrun.exe. このユーティリティは、Microsoft Defender のウイルス対策の使用を自動化する場合に便利です。This utility is useful when you want to automate Microsoft Defender Antivirus use. このユーティリティは、で確認でき %ProgramFiles%\Windows Defender\MpCmdRun.exe ます。You can find the utility in %ProgramFiles%\Windows Defender\MpCmdRun.exe. コマンドプロンプトから実行する必要があります。You must run it from a command prompt.

注意

場合によっては、管理者レベルのコマンドプロンプトを開く必要があります。You might need to open an administrator-level version of the command prompt. [スタート] メニューの項目を右クリックし、[管理者として実行] をクリックして、アクセス許可プロンプトで [はい] をクリックします。Right-click the item in the Start menu, click Run as administrator and click Yes at the permissions prompt.

更新された Microsoft Defender プラットフォームバージョンを実行している場合は、 MpCmdRun 次の場所から実行して C:\ProgramData\Microsoft\Windows Defender\Platform\<version> ください。If you're running an updated Microsoft Defender Platform version, please run MpCmdRun from the following location: C:\ProgramData\Microsoft\Windows Defender\Platform\<version>.

このユーティリティで使用できるコマンド:The utility has the following commands:

MpCmdRun.exe [command] [-options]

以下に例を示します。Here's an example:

MpCmdRun.exe -Scan -ScanType 2
コマンドCommand 説明Description
-? またはor -h このツールで使用できるすべてのオプションを表示しますDisplays all available options for this tool
-Scan [-ScanType [0\|1\|2\|3]] [-File <path> [-DisableRemediation] [-BootSectorScan] [-CpuThrottling]] [-Timeout <days>] [-Cancel] 悪意のあるソフトウェアをスキャンします。Scans for malicious software. Scantypeの値は、構成に応じて0の既定値になります。- 1クイックスキャン、フルスキャン、- 3ファイル、ディレクトリカスタムスキャン。Values for ScanType are: 0 Default, according to your configuration, -1 Quick scan, -2 Full scan, -3 File and directory custom scan. CPU の調整はポリシーから構成された CPU 調整を優先しますCpuThrottling will honor the configured CPU throttling from policy
-Trace [-Grouping #] [-Level #] 診断トレースを開始するStarts diagnostic tracing
-GetFiles [-SupportLogLocation <path>] サポート情報を収集します。Collects support information. 診断データを収集する」をご覧ください。See 'collecting diagnostic data'
-GetFilesDiagTrack と同じ -GetFiles ですが、一時 DiagTrack フォルダーに出力します。Same as -GetFiles, but outputs to temporary DiagTrack folder
-RemoveDefinitions [-All] インストールされているセキュリティインテリジェンスを、以前のバックアップコピーまたは元の既定のセットに復元しますRestores the installed Security intelligence to a previous backup copy or to the original default set
-RemoveDefinitions [-DynamicSignatures] 動的にダウンロードされたセキュリティインテリジェンスのみを削除しますRemoves only the dynamically downloaded Security intelligence
-RemoveDefinitions [-Engine] 以前にインストールされたエンジンを復元しますRestores the previous installed engine
-SignatureUpdate [-UNC \| -MMPC] 新しいセキュリティインテリジェンスの更新を確認しますChecks for new Security intelligence updates
-Restore [-ListAll \| [[-Name <name>] [-All] \| [-FilePath <filePath>]] [-Path <path>]] 検疫されたアイテムを復元またはリストしますRestores or lists quarantined item(s)
-AddDynamicSignature [-Path] 動的セキュリティインテリジェンスを読み込むLoads dynamic Security intelligence
-ListAllDynamicSignatures 読み込まれた動的セキュリティインテリジェンスの一覧を示します。Lists the loaded dynamic Security intelligence
-RemoveDynamicSignature [-SignatureSetID] 動的セキュリティインテリジェンスを削除しますRemoves dynamic Security intelligence
-CheckExclusion -path <path> パスが除外されているかどうかを確認しますChecks whether a path is excluded

関連トピックRelated topics