クラウド ブロックのタイムアウト期間の構成Configure the cloud block timeout period

重要

エンドポイントの Microsoft defenderへようこそ。 Microsoft Defender Advanced Threat Protectionの新しい名前。Welcome to Microsoft Defender for Endpoint, the new name for Microsoft Defender Advanced Threat Protection. 詳細について は、こちらを参照してください。Read more about this and other updates here. 製品と近い将来のドキュメントで名前を更新する予定です。We'll be updating names in products and in the docs in the near future.

適用対象Applies to:

  • Microsoft Defender ウイルス対策Microsoft Defender Antivirus

Microsoft Defender ウイルス対策によって疑わしいファイルが検出された場合、 Microsoft Defender ウイルス対策クラウドサービスの照会中にファイルが実行されるのを防ぐことができます。When Microsoft Defender Antivirus finds a suspicious file, it can prevent the file from running while it queries the Microsoft Defender Antivirus cloud service.

ファイルが ブロック される既定の期間は10秒です。The default period that the file will be blocked is 10 seconds. 別途指定することで、ファイルの実行が許可されるまでの待機時間を延長できます。You can specify an additional period of time to wait before the file is allowed to run. これにより、Microsoft Defender ウイルス対策クラウドサービスから適切な判断を受けるための十分な時間が確保されます。This can help ensure there is enough time to receive a proper determination from the Microsoft Defender Antivirus cloud service.

クラウド ブロックのタイムアウト時間を延長するための前提条件Prerequisites to use the extended cloud block timeout

最初の視界でブロック し、延長時間を指定するには、その前提条件を有効にする必要があります。Block at first sight and its prerequisites must be enabled before you can specify an extended timeout period.

タイムアウト期間を延長するSpecify the extended timeout period

グループ ポリシーを使用して、クラウド チェックのタイムアウト期間を延長することができます。You can use Group Policy to specify an extended timeout for cloud checks.

  1. グループ ポリシー管理コンピューターで、グループ ポリシー管理コンソールを開き、構成するグループ ポリシー オブジェクトを右クリックして、[編集] をクリックします。On your Group Policy management computer, open the Group Policy Management Console, right-click the Group Policy Object you want to configure and click Edit.

  2. [グループ ポリシー管理エディター] で、[コンピューターの構成] に移動し、[管理用テンプレート] の順に移動します。In the Group Policy Management Editor go to Computer configuration and click Administrative templates.

  3. Microsoft Defender ウイルス対策 > MpEngine > のツリーを [Windows コンポーネント] に展開するExpand the tree to Windows components > Microsoft Defender Antivirus > MpEngine

  4. [ 拡張クラウドの構成] チェック をダブルクリックして、オプションが有効になっていることを確認します。Double-click Configure extended cloud check and ensure the option is enabled. ファイルを実行せずにクラウドの判断を待つ追加の時間を指定します。Specify the additional amount of time to prevent the file from running while waiting for a cloud determination. 追加の時間は、1 ~ 50 秒まで 1 秒単位で指定できます。You can specify the additional time, in seconds, from 1 second to 50 seconds. 指定した時間は、既定の 10 秒間に追加されます。This time will be added to the default 10 seconds.

  5. [OK] をクリックします。Click OK.

関連トピックRelated topics