Microsoft Defender AV で検疫済みのファイルを復元するRestore quarantined files in Microsoft Defender AV

適用対象:Applies to:

Microsoft defender ウイルス対策を使用して、デバイス上の脅威を検出して修復するように構成されている場合、Microsoft Defender ウイルス対策 quarantines 疑わしいファイルが含まれます。If Microsoft Defender Antivirus is configured to detect and remediate threats on your device, Microsoft Defender Antivirus quarantines suspicious files. 検疫されたファイルが脅威ではないことがわかっている場合は、復元することができます。If you are certain a quarantined file is not a threat, you can restore it.

  1. [Windows セキュリティ] を開きます。Open Windows Security.
  2. [ウイルス & threat protection ] を選択し、[保護履歴] をクリックします。Select Virus & threat protection and then click Protection history.
  3. [最近使った項目] の一覧で、検疫済みの項目に対してフィルター処理します。In the list of all recent items, filter on Quarantined Items.
  4. 保存したままにするアイテムを選び、復元などの操作を実行します。Select an item you want to keep, and take an action, such as restore.

ヒント

検疫からのファイルの復元は、コマンドプロンプトを使用して実行することもできます。Restoring a file from quarantine can also be done using Command Prompt. 検疫からファイルを復元する」を参照してください。See Restore a file from quarantine.

関連記事Related articles