エンドポイント用のデータの保存場所を確認し、Microsoft Defender のデータ保持設定を更新するVerify data storage location and update data retention settings for Microsoft Defender for Endpoint

重要

エンドポイントの Microsoft defenderへようこそ。 Microsoft Defender Advanced Threat Protectionの新しい名前。Welcome to Microsoft Defender for Endpoint, the new name for Microsoft Defender Advanced Threat Protection. 詳細について は、こちらを参照してください。Read more about this and other updates here. 製品と近い将来のドキュメントで名前を更新する予定です。We'll be updating names in products and in the docs in the near future.

適用対象:Applies to:

エンドポイントの Defender を使用する場合Want to experience Defender for Endpoint? 無料試用版にサインアップしてください。Sign up for a free trial.

オンボードプロセスでは、エンドポイント用の Defender のデータストレージと保持の設定が表示されます。During the onboarding process, a wizard takes you through the data storage and retention settings of Defender for Endpoint.

オンボードを完了したら、[データ保持期間の設定] ページで選択した内容を確認できます。After completing the onboarding, you can verify your selection in the data retention settings page.

データの保存場所を確認するVerify data storage location

設定フェーズでは、データを保存する場所を選択します。During the Set up phase, you would have selected the location to store your data.

データの場所を確認するには、[設定データの保持] に移動し > Data retentionます。You can verify the data location by navigating to Settings > Data retention.

データ保持の設定を更新するUpdate data retention settings

  1. ナビゲーションウィンドウで、[設定 > データの保持] を選びます。In the navigation pane, select Settings > Data retention.

  2. ドロップダウンリストからデータ保持期間を選びます。Select the data retention duration from the drop-down list.

    注意

    その他の設定は、編集できません。Other settings are not editable.

  3. [ユーザー設定の保存] をクリックします。Click Save preferences.

関連トピックRelated topics