ビジネスで Windows Defender ウイルス対策を管理する

適用対象:

Windows Defender ウイルス対策は、次のツールを使用して管理および構成できます。

  • Microsoft Intune
  • System Center Configuration Manager
  • グループ ポリシー
  • PowerShell コマンドレット
  • Windows Management Instrumentation (WMI)
  • mpcmdrun.exe ユーティリティ

このセクションのトピックでは、これらのツールを使用して Windows Defender ウイルス対策を管理および構成するための情報、リンク、およびリソースについて説明します。

このセクションの内容

トピック 説明
Windows Defender ウイルス対策と Microsoft Intune および System Center Configuration Manager を使用して管理する Intune および System Center Configuration Manager を使用して Windows Defender ウイルス対策を展開、管理、レポート、構成する方法についての情報
グループポリシー設定を使用して Windows Defender ウイルス対策を管理する ADMX テンプレートにあるすべてのグループポリシー設定の一覧
PowerShell コマンドレットを使用して Windows Defender ウイルス対策を管理する PowerShell コマンドレットを使用して Windows Defender ウイルス対策を管理する方法と、すべてのコマンドレットと許可されたパラメーターのドキュメントへのリンクを使用する手順
Windows Management Instrumentation (WMI) を使用して Windows Defender ウイルス対策を管理する WMI を使用して Windows Defender ウイルス対策を管理する手順と、WMIv2 Api のドキュメント (すべてのクラス、メソッド、プロパティを含む) へのリンクを参照する方法について説明します。
Mpcmdrun コマンドラインツールを使用して、Windows Defender ウイルス対策を管理します。 専用のコマンドラインツールを使用して Windows Defender ウイルス対策を管理および使用する方法について説明します。