Windows Defender AV で検疫されたファイルを復元する

適用対象

Windows Defender ウイルス対策がデバイス上の脅威を検出して修復するように構成されている場合、Windows Defender ウイルス対策は疑わしいファイルを検疫します。 これらのファイルが脅威にならないことが確かな場合は、それらのファイルを復元できます。

  1. [Windows セキュリティ] を開きます。
  2. [ウイルスと脅威の防止] をクリックし、[脅威履歴] をクリックします。
  3. [検疫済みの脅威] で、[すべての履歴を表示する] をクリックします。
  4. 保存する項目をクリックし、[復元] をクリックします (項目を削除する場合は、[削除] をクリックできます)。

注意

専用のコマンドライン ツール mpcmdrun.exe を使って Windows Defender AV で検疫されたファイルを復元することもできます。

関連記事