Windows ターミナルとは

Windows ターミナルは、コマンド プロンプト、PowerShell、Linux 用 Windows サブシステム (WSL) などのコマンドライン ツールとシェルのユーザー向けの最新のターミナル アプリケーションです。 主な機能には、複数のタブ、ペイン、Unicode および UTF-8 文字のサポート、GPU で高速化されたテキスト レンダリング エンジン、独自のテーマを作成したり、テキスト、色、背景、およびショートカットをカスタマイズしたりする機能があります。


Note

全般的な情報については、Scott Hanselman の記事、「コンソール、ターミナル、シェルの違いとは」または Rich Turner の動画、「コマンドライン シェルとは」を参照してください。

さまざまなコマンド ライン アプリケーションをサポートする複数のプロファイル

コマンド ライン インターフェイスを持つ任意のアプリケーションを Windows ターミナル内で実行できます。 これには、PowerShell およびコマンド プロンプトから Azure Cloud Shell、Ubuntu や Oh-My-Zsh などの任意の WSL ディストリビューションまで、あらゆるものが含まれます。

カスタマイズされたスキームと構成

Windows ターミナルにさまざまな配色や設定を構成できます。 独自の配色を作成する方法については、配色に関するページを参照してください。 カスタム ターミナル ギャラリーでカスタム ターミナル構成を見つけることもできます。

カスタム アクション

Windows ターミナルでは、より自然に使用できるようにするためにさまざまなカスタム コマンドが用意されています。 特定のショートカット キーが気に入らない場合は、お好きなものに変更できます。

たとえば、コマンド ラインからテキストをコピーするための既定のショートカットは、ctrl+shift+c です。 これを、ctrl+1 やお好きなものに変更できます。 新しいタブを開くための既定のショートカットは ctrl+shift+t ですが、これを ctrl+2 に変更することもできます。 開いているタブの間を切り替える既定のショートカットは ctrl+tab ですが、これを ctrl+- に変更し、代わりに新しいタブを作成するために使用できます。

ショートカットをカスタマイズする方法については、「操作」ページを参照してください。

Unicode および UTF-8 文字のサポート

Windows ターミナルでは、絵文字やさまざまな言語の文字などの Unicode および UTF-8 文字を表示できます。

GPU で高速化されたテキスト レンダリング

Windows ターミナルではテキストのレンダリングに GPU を使用しているため、既定の Windows コマンド ライン エクスペリエンスよりもパフォーマンスが向上します。

背景画像のサポート

Windows ターミナル ウィンドウ内に背景画像と gif を含めることができます。 プロファイルに背景画像を追加する方法については、プロファイルの外観に関するページを参照してください。

コマンド ライン引数

コマンド ライン引数を使用して、特定の構成で起動するように Windows ターミナルを設定できます。 新しいタブで開くプロファイルや選択されるフォルダー ディレクトリを指定したり、分割したウィンドウ ペインでターミナルを開いたり、フォーカスするタブを選択したりすることができます。

たとえば、左側のペインでコマンド プロンプト プロファイルを実行し、右側のペインを PowerShell と WSL を実行する既定のプロファイルとの間で分割した、3 つのペインがある PowerShell から Windows ターミナルを開くには、次のように入力します。

wt -p "Command Prompt" `; split-pane -p "Windows PowerShell" `; split-pane -H wsl.exe

コマンド ライン引数を設定する方法については、コマンド ライン引数に関するページを参照してください。