Windows ターミナルでの配色

独自の配色を作成する

配色は、settings.json ファイルの schemes 配列で定義できます。 記述形式は次のとおりです。

{
    "name" : "Campbell",

    "cursorColor": "#FFFFFF",
    "selectionBackground": "#FFFFFF",

    "background" : "#0C0C0C",
    "foreground" : "#CCCCCC",

    "black" : "#0C0C0C",
    "blue" : "#0037DA",
    "cyan" : "#3A96DD",
    "green" : "#13A10E",
    "purple" : "#881798",
    "red" : "#C50F1F",
    "white" : "#CCCCCC",
    "yellow" : "#C19C00",
    "brightBlack" : "#767676",
    "brightBlue" : "#3B78FF",
    "brightCyan" : "#61D6D6",
    "brightGreen" : "#16C60C",
    "brightPurple" : "#B4009E",
    "brightRed" : "#E74856",
    "brightWhite" : "#F2F2F2",
    "brightYellow" : "#F9F1A5"
},

name 以外のすべての設定では、"#rgb" または "#rrggbb" の 16 進形式の文字列として色を指定できます。 cursorColorselectionBackground の設定は省略可能です。



含まれる配色

Windows ターミナルの defaults.json ファイルには、以下の配色が含まれています。このファイルには、Alt キーを押しながら設定ボタンを選択することでアクセスできます。 いずれかのコマンドライン プロファイルで配色を設定する場合は、配色の name を値として colorScheme プロパティを追加します。

"colorScheme": "COLOR SCHEME NAME"

Campbell

Windows ターミナルの Campbell 配色

Campbell Powershell

Windows ターミナルの Campbell Powershell 配色

Vintage

Windows ターミナルの Vintage 配色

One Half Dark

Windows ターミナルの One Half Dark 配色

One Half Light

Windows ターミナルの One Half Light 配色

Solarized Dark

Windows ターミナルの Solarized Dark 配色

Solarized Light

Windows ターミナルの Solarized Light 配色

Tango Dark

Windows ターミナルの Tango Dark 配色

Tango Light

Windows ターミナルの Tango Light 配色