Windows ターミナルでの動的プロファイル

Windows ターミナルでは、Linux 用 Windows サブシステム (WSL) と PowerShell のシェルがマシンにインストールされている場合、これらに対するプロファイルが自動的に作成されます。 これにより、実行可能ファイルを探す必要なしに、すべてのシェルをターミナルに簡単に含めることができるようになります。 これらのプロファイルは、source プロパティを使用して生成されます。このプロパティでは、適切な実行可能ファイルを見つける場所がターミナルに通知されます。

ターミナルをインストールすると、PowerShell が既定のプロファイルとして設定されます。 既定のプロファイルを変更する方法については、グローバル設定に関するページを参照してください。

Windows ターミナル動的プロファイル 構成: ライト テーマ

Windows ターミナルをインストールした後で新しいシェルをインストールする

新しいシェルがインストールされるのがターミナルのインストールの前か後かに関係なく、ターミナルでは新しくインストールされたシェルに対する新しいプロファイルが作成されます。

プロファイルを非表示にする

ターミナルのドロップダウン メニューにプロファイルが表示されないようにするには、settings.json ファイルのプロファイル オブジェクトに hidden プロパティを追加して、true に設定します。

"hidden": true

動的に作成されたプロファイルを削除すると、ターミナルによって自動的にプロファイルが再生成され、settings.json ファイルで置き換えられます。

プロファイルが生成されないようにする

動的プロファイルが生成されないようにするには、プロファイル ジェネレーターをグローバル設定の disabledProfileSources 配列に追加します。 この設定の詳細については、グローバル設定に関するページを参照してください。

"disabledProfileSources": ["Windows.Terminal.Wsl", "Windows.Terminal.Azure", "Windows.Terminal.PowershellCore"]