Windows ターミナルをインストールしてセットアップを開始する

インストール

最新のプレビュー機能を試す場合は、Windows ターミナル プレビューをインストールしてください。

Note

Microsoft Store にアクセスできない場合は、GitHub のリリース ページでビルドが公開されています。 GitHub からインストールした Windows ターミナルの場合、新しいバージョンが公開されても自動的には更新されません。 パッケージ マネージャー (winget、chocolatey、scoop) を使用したその他のインストール オプションについては、Windows ターミナル製品リポジトリを参照してください。

既定のターミナル アプリケーションを設定する (プレビュー)

Windows ターミナルで任意のコマンド ライン アプリケーションを開くには、既定のターミナル アプリケーションとして設定します。

  1. Windows ターミナルを開き、[設定] UI ウィンドウにアクセスします。
  2. [Startup]\(起動\) を選択し、[Default terminal application]\(既定のターミナル アプリケーション\) 設定として [Windows ターミナル] を選択します。

Windows ターミナルの設定 UI での起動の既定値

重要

この機能は、Windows ターミナル プレビューでのみ使用できます。

既定のターミナル プロファイルを設定する

インストール後に Windows ターミナルを開くと、開いたタブの既定プロファイルとして PowerShell コマンド ラインを使用して開始されます。

既定のプロファイルを変更するには:

  1. Windows ターミナルを開き、[設定] UI ウィンドウにアクセスします。
  2. [Startup]\(起動\) を選択し、任意の [Default profile]\(既定のプロファイル\) を選びます。

また、必要に応じて、Windows ターミナルに関連付けられた Settings.json ファイルで既定のプロファイルを設定することもできます。

Windows ターミナルでの設定の既定のプロファイル

新しいプロファイルを追加する

WSL ディストリビューションまたは複数のバージョンの PowerShell がインストールされている場合、Windows ターミナルによって自動的にプロファイルが作成されます。

コマンド ラインのプロファイルは、プロファイルの [+ Add new]\(新規追加\) オプションに加えて、設定 UI に表示されます。

動的プロファイルの詳細については、動的プロファイルに関するページを参照してください。

Windows ターミナルの設定のプロファイルのリスト

新しいタブを開く

CtrlShiftT キーを押すか、[+] (プラス) ボタンを選択することで、既定のプロファイルの新しいタブを開くことができます。 別のプロファイルを開くには、[+] ボタンの横にある [˅] (矢印) を選択して、ドロップダウン メニューを開きます。 そこから、開くプロファイルを選択できます。

コマンド パレットを起動する

コマンド パレットを使用すると、Windows ターミナルのほとんどの機能を呼び出すことができます。 これを呼び出す既定のキーの組み合わせは、CtrlShiftP です。 また、Windows ターミナル プレビューのドロップダウン メニューの [Command palette]\(コマンド パレット\) ボタンを使用して開くこともできます。

使用中のコマンド パレットの例

新しいペインを開く

ペインを使用すると、複数のシェルを並行して実行できます。 ペインを開くには、垂直ペインの場合は AltShift+ を使用し、水平の場合は ++++- を使用します。 また、AltShiftD を使用して、フォーカスが設定されているプロファイルの複製ペインを開くこともできます。 ペインの詳細については、ペインに関するページを参照してください。

構成

Windows ターミナルの設定をカスタマイズするには、ドロップダウン メニューの [設定] を選択します。 設定の UI が開き、設定を構成できます。 キーボード ショートカットを使用して設定 UI を開く方法について、アクションに関するページを参照してください。

設定の JSON ファイル

グラフィック ユーザー インターフェイスではなく、コードを使用して Windows ターミナル設定を構成する場合は、settings.json ファイルを編集します。

Shift キーを押しながら Windows ターミナルのドロップダウン メニューの [設定] を選択し、既定のテキスト エディターで ファイルを開きます。 (既定のテキスト エディターは、Windows 設定で定義されています)。

Windows ターミナルの settings.json ファイルのパスは、次のいずれかのディレクトリにあります。

  • ターミナル (安定/一般リリース): %LOCALAPPDATA%\Packages\Microsoft.WindowsTerminal_8wekyb3d8bbwe\LocalState\settings.json
  • ターミナル (プレビュー リリース): %LOCALAPPDATA%\Packages\Microsoft.WindowsTerminalPreview_8wekyb3d8bbwe\LocalState\settings.json
  • ターミナル (非パッケージ: Scoop、Chocolately など): %LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows Terminal\settings.json

ヒント

  1. Alt キーを押しながらドロップダウン メニューの [設定] を選択し、既定のテキスト エディターで ファイルを開くと、Windows ターミナルの既定の設定にアクセスできます。 このファイルは自動的に生成され、それに対する変更はすべて無視されます。
  2. プロファイル データと配色を別のファイルに格納するために、JSON フラグメント拡張機能を作成することができます。これは、構成ファイルが大きくなり過ぎるのを防ぐのに役立ちます。

コマンド ライン引数

コマンド ライン引数を使用すると、特定の構成でターミナルを起動できます。 これらの引数を使用すると、カスタム プロファイル設定が適用された特定のタブとペインでターミナルを開くことができます。 コマンド ライン引数の詳細については、コマンド ライン引数に関するページを参照してください。

トラブルシューティング

ターミナルの使用に関して問題が発生した場合は、トラブルシューティングのページを参照してください。 バグが見つかった場合、または要求したい機能がある場合は、ターミナルの [バージョン情報] メニューでフィードバック リンクを選択して GitHub のページに移動し、そこで新しいイシューを報告することができます。