チュートリアル: Windows ターミナルで Powerline をセットアップするTutorial: Set up Powerline in Windows Terminal

Powerline は、Git 状態の色分けとプロンプトを提供する、カスタマイズされたコマンド プロンプト エクスペリエンスを提供します。Powerline provides a customized command prompt experience providing Git status color-coding and prompts.

Windows ターミナル Powerline PowerShell

このチュートリアルでは、次の方法について説明します。In this tutorial, you learn how to:

  • PowerShell での Powerline の設定Set up Powerline in PowerShell
  • Ubuntu または WSL での Powerline の設定Set up Powerline in Ubuntu/WSL
  • 不足している Powerline グリフの追加Add missing Powerline glyphs

前提条件Prerequisites

Powerline フォントをインストールするInstall a Powerline font

Powerline では、プロンプトのスタイルを設定するためにグリフを使用します。Powerline uses glyphs in order to style the prompt. お使いのフォントに Powerline グリフが含まれていない場合は、プロンプト全体に Unicode の置換文字 '▯' がいくつか表示されることがあります。If your font does not include Powerline glyphs, you may see several Unicode replacement characters '▯' throughout your prompt. Cascadia Mono には Powerline グリフが含まれていませんが、Powerline のグリフが含まれている Cascadia Code PL または Cascadia Mono PL をインストールできます。Though Cascadia Mono does not include Powerline glyphs, you can install Cascadia Code PL or Cascadia Mono PL, which have the Powerline glyphs included. これらのフォントは、Cascadia Code GitHub リリース ページからインストールできます。These fonts can be installed from the Cascadia Code GitHub releases page.

PowerShell での Powerline の設定Set up Powerline in PowerShell

PowerShell の前提条件PowerShell prerequisites

まだインストールしていない場合は、Git for Windows をインストールします。If you don't already have it, install Git for Windows.

PowerShell を使用して、Posh-Git と Oh-My-Posh をインストールします。Using PowerShell, install Posh-Git and Oh-My-Posh:

Install-Module posh-git -Scope CurrentUser
Install-Module oh-my-posh -Scope CurrentUser

ヒント

まだ NuGet をインストールしていない場合は、インストールする必要があります。You may need to install NuGet if you don't already have it. この場合、PowerShell コマンド ラインで NuGet をインストールするかどうかが尋ねられます。Your PowerShell command line will ask if you want to install NuGet if this is the case. [Y] (はい) を選択します。Select [Y] Yes. また、'信頼されていないリポジトリ' PSGallery からモジュールをインストールすることを承認する必要があります。You may also need to approve that you are installing modules from PSGallery, an 'untrusted repository'. [Y] (はい) を選択します。Select [Y] Yes.

Posh-Git は、Git の状態情報をプロンプトに追加すると共に、Git コマンド、パラメーター、リモート、およびブランチ名のタブ補完を追加します。Posh-Git adds Git status information to your prompt as well as tab-completion for Git commands, parameters, remotes, and branch names. Oh-My-Posh には、PowerShell プロンプト用のテーマ機能が用意されています。Oh-My-Posh provides theme capabilities for your PowerShell prompt.

PowerShell Core を使用している場合は、PSReadline をインストールします。If you are using PowerShell Core, install PSReadline:

Install-Module -Name PSReadLine -Scope CurrentUser -Force -SkipPublisherCheck

PSReadline を使用すると、PowerShell でコマンド ライン編集環境をカスタマイズできます。PSReadline lets you customize the command line editing environment in PowerShell.

PowerShell プロンプトのカスタマイズCustomize your PowerShell prompt

notepad $PROFILE または任意のテキスト エディターを使用して、PowerShell プロファイルを開きます。Open your PowerShell profile with notepad $PROFILE or the text editor of your choice. これは、Windows ターミナル プロファイルではありません。This is not your Windows Terminal profile. PowerShell プロファイルは、PowerShell が起動するたびに実行されるスクリプトです。Your PowerShell profile is a script that runs every time PowerShell starts. PowerShell プロファイルの詳細を参照してください。Learn more about PowerShell profiles.

PowerShell プロファイルで、ファイルの末尾に次の内容を追加します。In your PowerShell profile, add the following to the end of the file:

Import-Module posh-git
Import-Module oh-my-posh
Set-Theme Paradox

これで、Posh-Git と Oh-My-Posh をインポートし、Oh-My-Posh から Paradox のテーマを設定することで、新しい各インスタンスが開始されます。Now, each new instance starts by importing Posh-Git and Oh-My-Posh, then setting the Paradox theme from Oh-My-Posh. Oh-My-Posh には組み込みのテーマがいくつか付属しています。Oh-My-Posh comes with several built-in themes.

設定で Cascadia Code PL を fontFace として設定するSet Cascadia Code PL as fontFace in settings

PowerLine で使用するために Cascadia Code PL フォントを (システムでダウンロード、解凍、インストールした後に) 設定するには、Windows ターミナル ドロップダウン メニューから [設定] (Ctrl+,) を選択し、settings.json ファイルでプロファイル設定を開く必要があります。To set the Cascadia Code PL font for use with PowerLine (after downloading, unzipping, and installing on your system), you will need to open your profile settings in your settings.json file by selecting Settings (Ctrl+,) from your Windows Terminal drop-down menu.

settings.json ファイルが開いたら、Windows PowerShell プロファイルを見つけ、"fontFace": "Cascadia Code PL" を追加して Cascadia Code PL をフォントとして指定します。Once your settings.json file opens, find the Windows PowerShell profile and add: "fontFace": "Cascadia Code PL" to designate Cascadia Code PL as the font. これにより、これらの精錬された Cascadia Code Powerline グリフが使用されます。This will provide those nice Cascadia Code Powerline glyphs. エディターで [保存] を選択するとすぐに、ターミナルに変更が適用されます。You should notice the change in your terminal as soon as you select Save in your editor.

Windows PowerShell プロファイルの settings.json ファイルは次のようになります。Your Windows PowerShell profile settings.json file should now look like this:

{
    // Make changes here to the powershell.exe profile.
    "guid": "{61c54bbd-c2c6-5271-96e7-009a87ff44bf}",
    "name": "Windows PowerShell",
    "commandline": "powershell.exe",
    "fontFace": "Cascadia Code PL",
    "hidden": false
},

WSL Ubuntu で Powerline を設定するSet up Powerline in WSL Ubuntu

WSL Ubuntu の前提条件WSL Ubuntu prerequisites

Ubuntu には、Powerline からインストールするためのオプションがいくつか用意されています。Ubuntu has several Powerline options to install from. このチュートリアルでは、Go と Powerline-Go を使用します。This tutorial will be using Go and Powerline-Go:

sudo apt install golang-go
go get -u github.com/justjanne/powerline-go

Ubuntu プロンプトをカスタマイズするCustomize your Ubuntu prompt

nano ~/.bashrc または任意のテキスト エディターを使用して、~/.bashrc ファイルを開きます。Open your ~/.bashrc file with nano ~/.bashrc or the text editor of your choice. これは、bash が起動するたびに実行される bash スクリプトです。This is a bash script that runs every time bash starts. 次を追加します。ただし、GOPATH は既に存在している可能性があることに注意してください。Add the following, though beware that GOPATH may already exist:

GOPATH=$HOME/go
function _update_ps1() {
    PS1="$($GOPATH/bin/powerline-go -error $?)"
}
if [ "$TERM" != "linux" ] && [ -f "$GOPATH/bin/powerline-go" ]; then
    PROMPT_COMMAND="_update_ps1; $PROMPT_COMMAND"
fi

その他の資料Additional resources